So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

オットー・ネーベル展 [美術]

Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_nebel/#point
ドイツ生まれの画家オットー・ネーベル(1892-1973)。寡聞にして名前も聞いた覚えがなかった。
カンディンスキーやクレーとの交流を通じて影響を受けながら自分の画風を追求していったというネーベルの、日本初の展覧会。
正直なところチラシを見た限りでは、カンディンスキーやクレーの亜流のようにも見えてしまい、あまり期待せず、と言うかむしろ一緒に展示されてるカンディンスキー目当てに見に行ったのだが、意外にもと言っては失礼だがなかなか見応えがあった。

pic4.jpg
オットー・ネーベル《アスコーナ・ロンコ》1927年、水彩、グアッシュ
初期に憧れたのはシャガールだという。

pic1.jpg
オットー・ネーベル《避難民》1935年
一目でああクレーっぽい。と思う。矢印とか。でも一面の点描のようなモザイク画法は偏執的とも思えるほどで、あと色使いの繊細さは生涯にわたってネーベルの特長。
クレーとは、戦争中に共にスイスのベルンに移住して知り合い、クレーが亡くなるまで交流が続いたという。

pic9.jpg
オットー・ネーベル《地中海から(南国)》1935年
こちらは水彩。画家になる前、ネーベルは建築を学んでいた。そのせいか、都市の建築物の構造を抽象化した作品も多い。

pic13.jpg
オットー・ネーベル《叙情的な答え》1940年、テンペラ・紙
これはもうカンディンスキーの影響がくっきり。なんだけど、モティーフの一つ一つがなんだか可愛かったり、これもやっぱり色が素敵だったり、惹かれるものが。
カンディンスキーはグッゲンハイム財団にネーベルを推薦して、財団がネーベルの作品を買い上げて支援した。

確かにどれも誰かの絵に似ていて、影響を受けつつ独自に絵を確立することの難しさを感じる。でもその一方で、どの絵も亜流と切り捨てるには魅力があって、デザイン性と、特に色使いは私はとても好み。もっと知られても良い画家だと思う。

シャガール、クレー、カンディンスキーらの作品も展示されていて、楽しかった。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

アントニオ・メネセス・リサイタル [音楽]

11月21日(火) 東京文化会館小ホール
Screenshot-2017-12-6 Print - pdf171121 pdf.png

チェロ:アントニオ・メネセス
ピアノ:田村響

ベートーヴェン:ヘンデルの『ユダス・マカベウス』の「見よ、勇者は帰る」の主題による12の変奏曲 ト長調 WoO 45
ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 op.65
J.S.バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564より アダージョ
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番より アリア「カンティレーナ」
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第2番より トッカータ「カイピラの小さな汽車」
ヒナステラ:パンペアーナ第2番 op.21
ドビュッシー:チェロ・ソナタ ニ短調
【アンコール】
シューマン:民謡風の5つの小品 op.102 より 第4曲
ヴィラ=ロボス:「アマゾンの森」より “感傷的なメロディ”

メネセスを聴くのは2年前だったか、ピアノのピレスとのデュオ以来。あの演奏会がとても良かったので今回もとても楽しみに。

大学教授みたいな知的な紳士風な風貌のメネセス、演奏もかっちりとして真摯で誠実さが感じられる。弱音からしっかり響く豊潤な音色も美しい。ショパンのソナタの美しかったこと。
意外に面白かったのが後半のヴィラ=ロボスとヒナステラ、お国もの故かノリノリで諧謔味もあり新しい面を見た思い。

ピアノ伴奏は田村響さん。名前は知っていたけど演奏は初めて聞いたが、上手いね~。ショパンのチェロソナタは、さすがショパンなピアノ大活躍だけど、華麗なテクと美しい音色で聴かせる。ヒナステラはピアノも熱演。即席コンビだと思うけど、息もぴったり。今度ソロでも聴いてみたい。

蛇足だがメネセスさんも田村さんも黒燕尾に白いチョッキ、白の蝶ネクタイという正装でした。近頃ではクラシックの演奏会でも珍しい気がしてむしろ新鮮だった。


ウィグモア・リサイタル

ウィグモア・リサイタル

  • アーティスト: ブラームス,バッハ,シューベルト,メンデルスゾーン,ピリス(マリア・ジョアン),メネセス(アントニオ)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 [音楽]

11月20日(月) サントリーホール

指揮:ダニエレ・ガッティ
ヴァイオリン:フランク・ペーター・ツィンマーマン
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61
(アンコール J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番より「アレグロ」BWV1003 (ヴァイオリン・アンコール)
ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68

前半はツィマーマンとのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。先週のカヴァコスとは対照的なかっちりした音楽。楷書の技。音が豊かで美しい端正な演奏。このベートーヴェンは好み!

コンセルトヘボウ管はかつてのいぶし銀な響きではなく、音が若返ったみたい。それともガッティの躍動的な指揮に引っ張られてか、とても前向きで明るいブラ1。木管の音色が美しくため息ものの第二楽章は至福。ガッティは聞く人を元気にしてくれる。
でも個人的にはブラームスはもうちょっと渋い演奏が好き。ガッティはロッシーニとか凄く良いと思うけど。

ともかく、さすがは世界のトップ・オケの一つという貫禄の演奏。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

吉例顔見世大歌舞伎・夜の部 [舞台]

歌舞伎座

一、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
五段目  山崎街道鉄砲渡しの場
 同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場

早野勘平   仁左衛門
女房おかる  孝太郎
斧定九郎   染五郎
千崎弥五郎  彦三郎
判人源六   松之助
母おかや   吉弥
不破数右衛門  彌十郎
一文字屋お才  秀太郎

仁左衛門の勘平は一挙手一投足隅々まで磨き上げられた超絶技巧の細工の芸術品のよう。どの目線にも、どの動作にも意味があり、どの場面を切り取っても絵になって美しい。非の打ち所のないと言って良いくらい完璧。でもそこが、息苦しくもある。最初から最後まで「いちいち」決めてこられると、目を離すこともできず、他の役者をちゃんと見ることもできず(苦笑)、かえって芝居に入り込めずに終わってしまった。う~ん、何なんだろう。新聞等の批評も含めて世の中大絶賛なので、私だけですね。私にはにざ様の勘平はちょっとしんどい。もちろん、勘平の心の動き一つ一つが手に取るようにわかって、後悔、絶望、悔しさなどなどに苛まれる勘平の苦しさ辛さにこちらまで身を切られるよう。その生々しさも見ていて辛い一因かも。腹を切って、その後で疑いが晴れての苦しい息の中での儚い笑顔、連判状に名を連ねたうれしさと、仇討ちに加わることなく先立つ悔しさがない交ぜになった泣き笑い、あれは卑怯だ。反則だ。あんな笑顔見せて死んでいくなんて。

孝太郎のお軽がしっとりとして儚げな良い女房ぶり。
秀太郎のお才が花街の女将らしいさばけた中にも、しっかりとした一種の冷徹さも見せてさすがに上手い。
彦三郎の弥五郎が、熱血漢らしく、また勘平との日頃の友情を感じさせる。
染五郎の定九郎は残忍さが薄くニンではないが、造形が美しい。


恋飛脚大和往来
二、新口村(にのくちむら)
亀屋忠兵衛  藤十郎
傾城梅川   扇雀
孫右衛門   歌六

息子役の藤十郎の方が父親役の歌六よりずっと年上という逆転。まあ、歌舞伎では珍しくもないが。
藤十郎は足下は衰えが見えて弱々しいところもあるが、それを上回る二枚目の色気と情の濃さで見せる。台詞よりも、格子の向こうから梅川と孫右衛門のやりとりを見守る表情に父への愛情、自分の行状への悔いなどが表れる。
扇雀が、普段のこの人のきつさがあまりなく、細やかな情を見せて、しっとりと美しい。
歌六の老け役はすっかり堂に入ったもので、老父の切なさ哀れさがたっぷり。でもこの人は同じ老け役でも、「岡崎」の幸兵衛とか「すし屋」の弥兵衛のような気骨のある老人の方が本領のような気もする。

元禄忠臣蔵
三、大石最後の一日(おおいしさいごのいちにち)
大石内蔵助   幸四郎
磯貝十郎左衛門   染五郎
おみの  児太郎
細川内記   金太郎
堀内伝右衛門   彌十郎
荒木十左衛門   仁左衛門


高麗屋三代が顔を揃え、現名での最後の舞台を務めた。
幸四郎の内蔵助は理知的で懐深い様子。独特の台詞回しも新歌舞伎だとそう気にならない。部下の隅々に気を配り、最期まで見届ける大きさと強さ。花道を歩む晴れ晴れとした表情に「幸四郎」との別れが重なり、見ているこちらも感無量。
金太郎の内記が行儀良く、内蔵助との対面も堂々として爽やか。「名残が惜しいのう」などの台詞が、現名での祖父との最後の芝居という現実とオーバーラップする。
染五郎の十郎左衛門が二枚目で誠実な優男。
彌十郎の伝右衛門は篤実な武士の様子だが、やや情感過多な気もした。

だがこの芝居でいちばん良かったのは児太郎のおみの。幸四郎、染五郎相手のおみのなら今月だと雀右衛門あたりが出ても良いくらいの大役、抜擢と言っても良いだろう。
おみのって難しい役だと思う。一つ間違うと可愛げない娘に見えるし。おそらく今まで見た中で最年少の児太郎は、恐れや不安を押しのけても意志を貫こうとする強さと健気さが、大役に取り組む本人の必死さと重なって、期待以上に胸打たれた。武家の娘の気概と女心の葛藤が哀れで儚い。
まさかこんなに泣かされるとは思わなかった、と言うくらい泣けた。

仁左衛門が荒木十左衛門で付き合うごちそうで華を添える。(でも本当いうと、吉右衛門に付き合ってほしかったね。兄一家の襲名前最後の舞台なんだからさ。)

千穐楽の日には、なんとカーテンコール付き。染五郎と金太郎も呼び出され、客席も一緒に三本締め。
まあ、良いんだけどね。劇の幕切れで内蔵助が粛々と花道を歩むのを見送って「幸四郎さんさようなら」と別れを告げたしみじみとした気持ちをどうしてくれる、と言う思いも正直なところ半分以上ありましたわ。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

吉例顔見世大歌舞伎・昼の部 [舞台]

歌舞伎座

今年の歌舞伎座顔見世は、大御所が顔を揃え、当たり役を披露する、顔見世にふさわしい興行だった。さらに、来年1月の襲名を控えた高麗屋三代にとっては現名での最後の舞台となった。

湧昇水鯉滝
一、鯉つかみ(こいつかみ)
市川染五郎本水にて立廻り相勤め申し候
滝窓志賀之助実は鯉の精/滝窓志賀之助  染五郎
小桜姫   児太郎
奴浮平   廣太郎
堅田刑部  吉之丞
篠村妻呉竹  高麗蔵
篠村次郎公光   友右衛門

なんだかここ数年よくかかるようになった演目。中身があるわけでなく、早替わり、本水の中での立ち回り、宙乗りといった外連が売り。
染五郎は前髪の若衆姿は美しく、立ち回りは颯爽と。一粒で二度美味しい的な頑張り。染五郎最後の主演作にこれを持ってきたのは、幸四郎になっても傾いて見せます、の宣言か。
ヒロイン小桜姫の児太郎が赤姫の衣装が似合っておっとりと美しく、染五郎との踊りも綺麗。

二、奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)
環宮明御殿の場
安倍貞任   吉右衛門
袖萩    雀右衛門
安倍宗任   又五郎
八幡太郎義家  錦之助
平傔仗直方  歌六
浜夕   東蔵

昔国立劇場でやったときは吉右衛門が袖萩と貞任の早替わりを務めた。今回は袖萩は雀右衛門。
前半は雀右衛門の袖萩と歌六東蔵のやりとりが泣かせる。隔てを越えられない親の情、隔てがあっても変わらぬ親の愛。雀右衛門がひたすら耐える姿が哀れで切ない。子役も好演。雪が降る中抱き合う母と子。葵大夫の「親なればこそ子なればこそ」の絶唱に涙腺崩壊。

後半どころか3分の2くらい過ぎてやっと現れる吉右衛門。初めはすました顔の中納言。傔仗の懐から書状を抜き取る時にチラリと見せる本性。立ち去ろうとする時聞こえる陣鐘に不審顔で公家と貞任の顔が交錯するのが巧み。義家に見破られてからはぶっ返ってひたすら大きい。
豪傑が妻子との別れに見せる涙がほろ苦く、しかし娘を押しやって戦いへと向かう。赤旗をさああっと投げて肩に掛けて決まった姿の豪快さ立派さ。これぞ古典歌舞伎の英雄!ただただ格好いい~!

歌六の傔仗が謹厳で気難しくも、心の底では娘を思う老人の一徹さと悲しさを体現。
東蔵の浜夕は情がたっぷりだが夫に背くこともできない母の切なさ。
又五郎の宗任が荒々しさがあって立派。
錦之助の義家が颯爽とした貴公子ぶり。

しかしこの演目、歌舞伎だとこの段しかやらないが、せめて朱雀堤の段からやらないとわけわからないよなあ。この段でも始めの袖萩の妹で義家の妻となっている敷妙がやってくるところなどカットしてるし。


河竹黙阿弥 作
三、雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)
直侍
浄瑠璃「忍逢春雪解」
片岡直次郎   菊五郎
三千歳    時蔵
亭主仁八   家橘
女房おかよ  齊入
寮番喜兵衛   秀調
暗闇の丑松   團蔵
按摩丈賀   東蔵

直侍の菊五郎、体にしみこんだ江戸のいい男の魅力が溢れる。さらっとして嫌みがなく、粋でスマートで。もう型とか手順とか、そういう物から解き放たれたような自然さで、江戸の世界を眼前に描き出してくれる。ほんとにしびれる格好良さ。江戸の世話物の面白さはこの人で終わってしまうのではないかと言う恐怖心さえ抱かせる。

時蔵の三千歳はただただ直さんが好き、で生きている。苦界に生きるよすがとしての直さんの存在が自らの存在のすべてで、直さんがいなければ生きていけない。でもそれは決して弱々しいというのでもない。一途という言葉を現したらこうなる、と言う女。ただ儚く美しい。

蕎麦屋の夫婦が家橘と斉入。幹部がやるのは珍しいんじゃないか。記憶がないんだけど。二人ともわざとらしさがなく、淡々とした様子で、だが誠実な振る舞いが好ましい。
丈賀の東蔵も人の良い様子で、すっかり本役。
丑松の團蔵が、凄味があり、後ろ暗い風情が滲む。

いかにも劇団らしい、江戸の世話物の面白さが凝縮されたような舞台。堪能した。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

パリグラフィック展-ロートレックとアートになった版画・ポスター展 [美術]

三菱一号館美術館

19世紀末のパリで飛躍的に発展した版画、ポスターなどのグラフィック・アートに着目した展覧会。

版画自体はレンブラントやデューラーを出すまでもなく、昔から絵画芸術の一端にあった。だが思えばそれはモノクロで、こういった多色刷りの版画が大量に作られるようになったのはこの頃。(それを思うと、日本の錦絵って凄いと改めて思う)
大量生産できる版画の普及でアートはポスターとして町中のあらゆるところに張り出され、また一方では好事家のコレクターアイテムとしての限定作品が作られ、今までのいわば「一品物」の絵画とは一線を画す市場が誕生した。
そういった時代に中心的役割を果たしたのがロートレック。

010.jpg
ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ/ロートレック(1891)
ロートレックの出世作。猥雑な雰囲気に客のざわめき、酒や煙草の臭いまでしてきそうな。

008.jpg
ジャヌ・アヴリル(ジャルダン・ド・パリ)/ロートレック(1893)
アヴリルが有名になるきっかけとされる1枚。手前に大きくバスのネックを配した構図は浮世絵の影響とも。

ロートレックだけでなく、ポスト印象派のドニやボナールらも意欲的にグラフィックアートに取り組んだ。

004.jpg
『ラ・ルヴュ・ブランシュ』誌のためのポスター/ピエール・ボナール(1894)
ボナールやドニの絵は、油絵でもどこか版画的な色使いが感じられる。

ドニ.jpg
モーリス・ドニ 《『アムール(愛)』表紙》 1898年
なんとなくアール・ヌーボーの雰囲気も漂う。

ヴァロットン.jpg
フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテ Ⅴ)》1898年 木版
ヴァロットンもナビ派。
思えば、印象派には版画作品はあまりない。ナビ派を始めとするポスト印象派がグラフィックに関心が強かったのは、画風からなのか、技術がちょうど発達したからなのか。ヴァロットンなどは、前の展覧会で油絵作品も見たが、正直言って版画の方が特徴が出て面白く感じた。

ポスターなどとして張り出されるだけでなく、シリアルナンバーのついた限定作品としての版画は人気を呼んだそう。
肉筆油絵を購入できる層は限られていただろうが、版画なら買える中産階級の心を惹いたのかも。

ロートレックの作品などは、何度も見たことがあるので新鮮味はないかと思ったが、別刷りの色が違うものや、ステートの違うものなども展示されて興味深かった。

IMG_20171110_191448.jpg
会場の中には撮影可のコーナーも。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

国立劇場11月歌舞伎公演 [舞台]

国立劇場大劇場
1711国立.jpg
11月の国立劇場は新歌舞伎の二本立て。それもどちらも何十年ぶりとかの珍しい作品。

山本有三生誕百三十年
山本有三=作
二世尾上松緑=演出
坂崎出羽守(さかざきでわのかみ) 
坂崎出羽守成政:尾上 松 緑
金地院崇伝:市川 左團次
本多平八郎忠利:坂東 亀 蔵
家康の孫娘 千姫:中村 梅 枝
松川源次郎:中村 歌 昇
坂崎の小姓:市村 竹 松
坂崎の小姓:中村 玉太郎
松平の使者:市川 男 寅
三宅惣兵衛:市村 橘太郎
本多佐渡守正信:嵐 橘三郎
南部左門 :中村 松 江
本多上野介正純:河原崎 権十郎
刑部卿の局:市村 萬次郎
徳川家康:中村 梅 玉

焼け落ちる大阪城から千姫を救い出したら褒美に輿入れさせるという家康の言葉を受けて、顔にやけどを負いながら千姫を助け出した出羽守。しかし千姫は出羽守への輿入れを拒み、家康の命を受けた金地院から姫は落髪すると聞かされて出羽守は諦めるが、実は姫は本多平八郎に嫁ぐ。それを知った出羽守は輿入れ行列に切り込み、切腹する。
山本有三作の新歌舞伎。六代目菊五郎が初演、二代目松緑、初代辰之助に受け継がれて、当代の初演。

姫の歓心を買おうとしてもうまくいかず、どんどん負のスパイラルに落ちていく松緑君、無骨一辺倒な男の不器用さが可哀想で見ているのが辛いほど。
集中力がすさまじいのは最後の館の場面。ピリピリした空気に舞台上の家臣だけでなく客席まで飲み込まれていく。家臣の気遣いさえも出羽守には慰めどころか屈辱だったろう。こらえにこらえたものが最後に爆発して行列に切り込むのが、あらすじ読んでわかっていても「止めて、止めて」と思ってしまう。。

もし出羽守がやけどしなかったら?もしあの船に本多平八郎が乗らなかったら?千姫は黙って出羽守に輿入れしただろうか。なんて考えてしまう。様々な不運が出羽を襲う。家臣のことも思って耐えに耐えた気持ちが最後に切れる切なさに胸が塞ぐ。死を前に歌昇君源六への温かい言葉がかえって辛い。

松緑はそういう出羽守の昏い内にこもった情念を描き出してはまり役。見るのが辛い、でもまたやってほしい、と矛盾した感想を持ってしまう。新しい当たり役が加わったと思う。

出羽守可哀想だけど、千姫の気持ちもわかるわ~ってところがあって、結局家康があんなこと言うから悪いんじゃん、ってなる。でも尼になるから諦めろって言われたのに輿入れするとなったら、そりゃ切れるよな。

源六は出羽守の鏡だ。出羽が大名として武将として口に出せないことを源六は軽々しく口にする。それが出羽の心をえぐる。腹も立てる。でもきっとだれよりも愛していた家臣。。。その最期をもたらしたのは千姫か、自分か。源六がああいう行為に出なかったら出羽も輿入れ行列に切り込まなかったのでは。そんな純粋に出羽守を家臣として慕う源六を歌昇が熱演。熱血漢で一直線な若侍が似合い。

千姫の梅枝君がまたぴったりでね。ツンとして気位高く、とは言っても底意地が悪いわけじゃない。嫌なことは嫌という正直さとおじいさまに甘える塩梅が絶妙。現実に近くにいたら友達になりたくないけど。

橘太郎が思慮深く、忠義に篤い家老。お家のため、出羽守のため、必死に、しかし冷静に務める。源六とは違うがこれも忠義。

左團次の金地院が老獪さを見せ、梅玉が孫には甘い家康の狸親父ぶりを飄々と見せる。
亀蔵の平八郎が爽やかな二枚目ぶりで、出羽守との違いを際立たせる。いや~、平八郎が悪いわけじゃないんだけど。でもこの人がいなければ、とは思ってしまうよな。


長谷川伸=作
大和田文雄=演出
沓掛時次郎(くつかけときじろう) 三幕

沓掛時次郎:中村 梅 玉
三蔵女房おきぬ:中村 魁 春
大野木の百助:中村 松 江
苫屋の半太郎:坂東 亀 蔵
三蔵倅太郎吉:尾上 左 近
安宿の亭主安兵衛:市村 橘太郎
安兵衛女房おろく:中村 歌女之丞
六ッ田の三蔵:尾上 松 緑
八丁徳:坂東 楽 善

梅玉さんの股旅物って、どうよ?当代随一の殿様役者だよ?と思ったがこれが意外なほどよかった。
渡世人といっても根っからの悪人ではなく、どこか厭世的なムードを漂わせた時次郎が、渡世の義理から殺した三蔵に頼まれて残された妻子の世話をするうち、女房に淡い慕情を抱くも口には出せず。。。という時次郎の、冷めた心に宿るほのかな思い、熱さを前面に出さない感じがいかにも梅玉さん。心根が優しく清潔な時次郎に新しい梅玉さんの魅力発見。

魁春の薄幸で手を差し伸べたくなるおきぬもぴったり。
左近ちゃんが達者で、でもこまっしゃくれた感じはない嫌みのない子役ぶり。
橘太郎と歌女之丞の宿屋夫婦が人情のある様子でもり立てる。
最期に出てくる楽善がどっしりとした親分の落ち着きを見せる。
松江と亀蔵が弱っちいヤクザで、これはこれで梅玉を引き立てて良い味を出す。
そして序幕でさっさと殺されちゃうけど松緑もヤクザにしてはまっとうな人間で、良い父で夫であることを印象づける。ここ大事。

とても叙情的な作品で、決してハッピーエンドじゃないし悲しいけど、後味は爽やかでさえある。
ただ場面転換が多く間が空くのが煩わしい。もうちょっと工夫できないかとは思う。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち [美術]

汐留パナソニックミュージアム
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/171017/

カンディンスキーとルオーに交流があったとは知らなかった。生きた時代はほぼ重なるが、主にドイツで活躍したカンディンスキーとフランスのルオー。だが、パリのサロン・ドートンヌにカンディンスキーが出品し、カンディンスキーの率いるミュンヘン新芸術家協会の展覧会にルオーが出品するという時期がありそれぞれがフォーヴィスムとドイツ表現主義の拠点となった展覧会で、互いの運動への関心を深めていたこともうかがえる。
この展覧会は、この二人とクレーを加え、、また二人を取り巻く画家達の作品で、特に色彩表現の変遷を観て行く。

1.jpg
ヴァシリー・カンディンスキー
《商人たちの到着》
1905年 
カンディンスキーと言えば後年の抽象絵画が有名だけど、若いときはこういう具象画も描いていて、これが結構好み。これなんか、ロシアの民話の世界みたい。この、枠を黒い線ではっきり描いた感じがそういえばルオーのステンドグラス風の絵と似ているかも。

2.jpg
ガブリエーレ・ミュンター《抽象的コンポジション》1917年
ミュンターはカンディンスキーのパートナーでもあった女流画家。ただし、これが描かれた年は既に破局の後。でも影響は一目瞭然。

3.jpg
パウル・クレー《橋の傍らの三軒の家》
具象画から抽象画への過渡期を感じる。クレーも色使いが素敵な画家だ。

4.jpg
ヴァシリー・カンディンスキー
《活気ある安定》
1937年
上の絵から30数年でこの変化。
でもカンディンスキーの色彩感は好きだ。私の場合、具象でも抽象でも色使いが綺麗だとそれでいいと思っちゃうところがある。逆に言えば、具象画でも色が暗かったり汚かったりする絵は嫌い。

5.jpg
ジョルジュ・ルオー 《ヒンデンブルグ》
正直なところ、ルオーとカンディンスキーらがどの程度影響を与え合ったのかはよくわからなかった。ルオーとマティスのような親密な交流があったわけでもなさそうだし。でもそれぞれの若い頃からの変遷を色彩表現の変化に着目してみるというのも面白かった。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ゲヴァントハウス管弦楽団 [音楽]

11月12日(日) サントリーホール
ゲヴァントハウス.jpg
オーケストラ: ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
指揮: ヘルベルト・ブロムシュテット
ヴァイオリン: レオニダス・カヴァコス

プログラム
メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調(ノーヴァク版)

楽団設立275周年、マエストロ90歳、ソリスト50歳、と節目が重なった。そしてプログラムは、このオーケストラが初演した曲ばかり。歴史を感じさせる。

1曲目のカヴァコスのヴァイオリンは、瑞々しく弱音まで綺麗に鳴って美しかった。ロマンティックな演奏はメンコンによく似合う。と言って安っぽいメロドラマ調ではない。品があって流麗。メンコンってヘタするとベタな音楽だけとブロムシュテットもさすがに端正な音で支えて素晴らしい。

だがもっと凄かったのはブルックナー7番。深遠とでも言うしかない。深々とした森をブロムシュテットに導かれて進むような喜び。そして最後に行き着く恍惚感。頭の遙か上から光が差してきたような感覚はいったい何だったのか。ブルックナーは苦手な私だが、気がついたら涙が出ていた。

ゲバントハウス管は弦はしっかりと鳴り、木管は透明感ある音色でそれに乗り。さらに金管は圧巻の響き。ドイツ音楽ってこの音よね~!と思わせてくれる。柔らかみがあって、厚みもあるのに音色には透明感がある。ちょっと他ではこういう響きは聞けない。ほんとにほんとに素晴らしかった!

そしてこの日は観客も素晴らしかった。ブル7の最後の音が鳴って余韻がホールに吸い込まれていき、ブロムシュテットさんがゆっくりと手を下ろしきるまで、拍手もブラボーも起こらなかった。あの静寂が永遠に続けば良いのにとさえ思った。おそらく客席全員がその思いを共有していた。ありがとう。

それにしてもブロムシュテットさん、90才とは思えない。椅子も使わず1時間を超すブルックナーを指揮し、何度も舞台袖から現れて最後まで疲れた様子も見せずにこやかに拍手に応えて下さった。20年くらい前からいつ見納めになるかと心配しているが、またいらしてほしいものだ。


ベートーヴェン : 交響曲全集 (Beethoven : The Complete Symphonies / Blomstedt | Gewandhausorchester) [5CD] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

ベートーヴェン : 交響曲全集 (Beethoven : The Complete Symphonies / Blomstedt | Gewandhausorchester) [5CD] [Live Recording] [輸入盤] [日本語帯・解説付]

  • アーティスト: ヘルベルト・ブロムシュテット,ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団,ベートーヴェン
  • 出版社/メーカー: accentus music / King International
  • 発売日: 2017/10/10
  • メディア: CD


このコンビでの最新盤。演奏会の感動冷めやらず、思わず購入。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

北斎とジャポニスム展 [美術]

国立西洋美術館
http://hokusai-japonisme.jp/index.html

tirasi.jpg
北斎の絵が印象派など19世紀末の西洋の画家に与えた影響を、北斎の絵と並べて展示することでわかりやすく見せる。
構図、北斎漫画などに見られる人物のポーズなど、元の北斎の絵と西洋画が並ぶと、ほほ~なるほど、と思う物から、中にはちょっとこじつけじゃない?と思う物までその影響度(と言うのか)はいろいろ。でも、モネやドガ、セザンヌなどそうそうたる画家達が北斎の真似(と言うと言葉が悪いが)をしたと思うと、やっぱり楽しい。

im_2017hokusai01.jpg
葛飾北斎
《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》

im_2017hokusai02.jpg
クロード・モネ
《陽を浴びるポプラ並木》

モネの絵だけを見てたときはなんとも思わなかったけど、並べて見るとなるほどね~。こういう木の見せ方って西洋にはなかったかも。

4.jpg
北斎《北斎漫画》
3.jpg
メアリー・カサット《青い肘掛け椅子に座る少女》
北斎が知られる以前は女の子は行儀良い姿勢で描かれていた、っていうんだけど、まあ似たポーズと言えばそうだけど、どうなんですかねこれは(笑)

6.jpg
北斎《おしをくりはとうつうせんのづ》
5.jpg
ジョルジュ・スーラ《尖ったオック岬、グランカン》
これなんかは、おお、こう来たか。スーラ凄い。って思ったけど。

いちばん、北斎の絵を咀嚼して自分流に取り入れてるな、と思ったのはアンリ・リヴィエールの版画集《エッフェル塔三十六景》。
7.jpg
『エッフェル塔三十六景』より《XIX.アベス通りより》
富嶽三十六景のように、エッフェル塔を描きながら周りの風景が主だったりするのがとても北斎っぽかった。

絵だけでなく、陶器の図柄にも取り入れられたり、思った以上に北斎の絵が与えた影響は大きかったよう。北斎が知ったら喜んだだろうな。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
メッセージを送る