So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

暁斎展 [美術]

Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_kyosai/

「ゴールドマン・コレクション これぞ暁斎!」

イギリス人のゴールドマン氏の世界でも有数の暁斎コレクションの展覧会。
河鍋暁斎(1831~1889)は江戸末期から明治にかけて活躍した。浮世絵を国芳に、また狩野派にも師事したという経歴からか、ジャンルにこだわらない多岐にわたる絵を描いた。
ゴールドマン氏の最初の暁斎との出会いは動物の絵だったそう。そのせいか、コレクションにも動物の絵が多い。

1.jpg
「象とたぬき」明治3年
ゴールドマン・コレクションのはじめの一枚。早い筆致で描かれたにもかかわらず象とたぬきの特徴が捉えられて、なんともユーモラス。

明治14年の第2回内国勧業博覧会に出品した鴉の絵が賞を受け、一躍名をあげた暁斎に、似た作品の注文が大量に来たそう。。

2.jpg
「枯れ木に夜鴉」
これもその一枚で、賞を受けた作品に構図がよく似ているそう。

暁斎の魅力は、本格な絵からパロディのような漫画みたいな絵まで、本当に様々な絵を描いていることだと思う。

3.jpg
「動物の曲芸」
鳥獣戯画の明治版かというような、猫やネズミやコウモリまでが様々な曲芸を披露する。ほんとに楽しい。

4.jpg
「地獄太夫と一休」
こちらはガラッと変わって、本格的な肉筆浮世絵画。太夫の衣装も丹念に描き込まれ、踊る骸骨も精緻な描写。

5.jpg
「龍頭観音」
これも狩野派で学んだ技量を発揮した、端正な絵。もしこういう絵だけを描き続けて極めていたら、また違う名声もあったかも、と考えてしまうが、この振れ幅の広さこそが暁斎の面白さなのだとも思う。

もちろん、暁斎と言えば、な妖怪変化の絵もあり、春画もあり、幽霊画もあり、と盛りだくさん。これが外国人のコレクションというのがうれしいような悔しいような。

画鬼暁斎とも言われた人生は、北斎にも似通った感じもある。残念ながら北斎ほど長生きはしなかったが。幕末から明治という、変化の激しい時代の波にもまれながらも新しいことを貪欲に取り込んで絵を描き続けた暁斎。必見の展覧会。
まあとにかく楽しいです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

足跡姫 [舞台]

3月8日(水) 東京芸術劇場プレイハウス

NODA・MAP 足跡姫~時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)~
作・演出/野田秀樹

出演
宮沢りえ 妻夫木聡 古田新太 佐藤隆太 鈴木杏 池谷のぶえ 中村扇雀 野田秀樹 他


美術/堀尾幸男  照明/服部基 衣裳/ひびのこづえ
作調/田中傳左衛門 サウンドデザイン/原摩利彦 音響/zAk
振付/井手茂太 映像/奥秀太郎 美粧/柘植伊佐夫 舞台監督/瀬﨑将孝

野田秀樹が、十八代目勘三郎へのオマージュとして書いた芝居。
普段ストレートプレイを見ない私には、この作品について語る力はない。
観る前はもっと難解なのかと思ったけど、ギャグもあり、楽しかった。
主人公は宮沢りえの”三、四代目阿国”と、妻夫木聡のその弟で戯作者”サルワカ”。
将軍の前で演じることを望む阿国と創作の苦しみにもがくサルワカに、一座の者達や得体の知れない人々が絡み合い、さらに取り締まろうとする役人達との悶着が騒動をもたらす。
演じること、芝居を作ることに取り憑かれた者の業とでも言うのか。乗り移った足跡姫を葬るために自ら死を選ぶ阿国を抱いて「穴」に飛び込んだサルワカがたどり着くのが現代の歌舞伎座。
そう、阿国もサルワカも、現代につながっている。すべての演じることに執着する者に魂が受け継がれている。
阿国の遺体を抱いたサルワカの絶叫。「幕を閉めろ、そうすればまた生き返るんだ」という言葉に、もっともっと舞台の上で死んでは生き返りたかったであろうあの人達を思って涙があふれた。

宮沢りえちゃん、実は生の舞台を観たのは初めて。ほっそ~い!そしてテレビなど映像では聞けない発声が、へえこんな声が出せる人なんだ、とちょっとびっくり。や、舞台女優なんだね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

KAAT竹本駒之助公演 [舞台]

3月6日(月) KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ
駒之助1703.jpg

女義太夫の人間国宝、竹本駒之助さんの公演。
今回は一谷嫰軍記の「熊谷陣屋の段」を一段丸々語るという。近頃は文楽の太夫でも一段語る人はいない。それを80歳を過ぎた女性が語るというのだから恐れ入る。
相三味線は鶴澤津賀寿さん。

文楽と違って、女義は人形はつかず素浄瑠璃が基本。観客と正面から向かい合う真っ向勝負。
男の太夫を聞き慣れてる耳には、女義ってどうなんだろう、という不安はすぐに払拭される。もちろん、音量という意味では男性に劣るかもしれないが、気迫とか、力強さとかで引けを取る気は全くしない。それどころか、語り口の丁寧さ、登場人物の語り分けの的確さ細やかさが、物語をくっきりと浮かび上がらせる。女性なんだから相模や藤の方がいいだろうと予想していたが、むしろ義経や弥陀六が眼前に現れるようだった。
熊谷の眼目の台詞「十六年はひと昔」はさらりと聞かせ、その後の「ほろりと流す涙の露」にぐぐっと情がこもったのに胸が熱くなった。

最後まで調子が衰えないどころか、後半にかけてどんどんのってくるようで、圧倒された。
はあ、ええもん聞かせてもらいました。こちらの寿命が延びた気がする。どうぞいつまでもお元気でまた聞かせていただきたい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ジャン=ギアン・ケラス&アレクサンドル・メルニコフ演奏会 [音楽]

3月2日 王子ホール
flyer_20170302-03.jpg
ジャン=ギアン・ケラス(チェロ)
アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)

オール・ベートーヴェン・プログラムの第一夜。
モーツァルト『魔笛』の「娘か女か」の主題による12の変奏曲 ヘ長調 Op.66
チェロ・ソナタ 第1番 ヘ長調 Op.5-1
********** 休憩 **********
モーツァルト『魔笛』の「恋を知る男たちは」の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO46
チェロ・ソナタ 第2番 ト短調 Op.5-2

アンコール
ドビュッシー:チェロ・ソナタ ニ短調 より 第1楽章
ヴェーベルン:3つの小品 Op.11

なんだかんだ毎年のように聞いているケラス。今回はメルニコフとのベートーヴェン。すでにこのコンビでCDも出ていて、待望のリサイタル。
相変わらず、ケラスのチェロは端正で緻密でシャープ。重厚長大とは正反対。どこか自由な空気をまとっているようで、いつ聞いても新鮮。とはいえ、そういう彼の特性がベートーヴェンと相性が良いかというと、どうなんだろう。少なくとも私の好きなタイプのベートーヴェンではないかも。まあそれはCDを聞いたときから感じていたけど。趣味の問題だけど。
第一夜のプログラムは、ベートーヴェン初期の作品なので、ピアノの比重が大きい。わりとバリバリ鳴らすメルニコフのピアノがホールのせいかちょっとうるさく感じられるところもあったりしたけど、最後の第2番など終わりに向かってだんだん熱を帯びてきて圧巻。

でも、アンコールのドビュッシーとウェーベルンを聞いたら、ああやっぱりケラスは20世紀の音楽が向いてるなあ、と激しく感じてしまった。思えば、最初にケラスをすごいと思ったのはバルトークだったものね。

そろそろ、アルカント・カルテットの新作も聞きたい。ますますの活躍を期待。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

宝塚月組公演 [舞台]

2月28日(火) 東京宝塚劇場
cpl73a0000018pmg.jpg

「グランド・ホテル」
「カルーセル輪舞曲」

(まともな感想ではないです)

10何年ぶりの宝塚観劇。去年見たミュージカル「グランド・ホテル」を宝塚でも再演すると聞いて、なんとしても見たくなって、ヅカファンのお友達にお願いしてチケットを取ってもらった。
久しぶりすぎて、初めてと同じ気分。
当然、出てる人は知らない人ばかり。
わー、でもやっぱり皆さん素敵。

「グランド・ホテル」の方は、前回の宝塚初演ではオットーとフラムシェンをトップコンビが演じたのに対し、今回はトップお披露目の玉城りょうさんと愛希 れいかさんが男爵とエリザヴェータをやったので、多少印象が違ったかな。
玉城さん、少し陰のある男爵がお似合い。愛希さんが大人の女の可愛らしさ。
個人的に目が止まったのはオットーを演じた美弥 るりか さん。宝塚としては異色の性格俳優的な役をしっかりこなして、また歌声が初演の涼風さんに感じが似ていて。

この作品は宝塚向きとは思えなくて、だからもう再演はないのかと思っていたので、正直今回再演されたのも意外だった。でも本当に素晴らしい作品なので、劇団にとってチャレンジングであっても財産だと思うのでまたやると良いなあと思う。

ショー「カルーセル輪舞曲」の方は、これぞ宝塚!という華やかで楽しいショー。ドラマが重かったのでバランスがとれて良かったと思う。
何しろ、ドラマと違って誰が誰だかわからないので(苦笑)、デュエットダンス素敵!男役さん達の黒燕尾の群舞最高!と、ただただうっとりと眺めている間に、あっという間に大階段。羽背負って降りてくるのは全く変わってないのね~。

またはまる気はないけど、宝塚はやっぱり夢の世界ね。と改めて感激。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

日本画の教科書 東京編 [美術]

山種美術館
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2017/nihonga.html

先月の京都編に続いての東京編。こちらもそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

img170216-05.jpg
菱田春草《月四題》のうち「秋」1909~10年
朦朧態に取り組んでいた頃だろうか。ほとんど水墨画のよう。薄墨に浮かび上がる月が美しい。

img170216-01.jpg
下村観山《老松白藤》1921年
応挙の籐花図を彷彿とさせる琳派の流れをくんだような美しい絵。大正時代でもまだこういう江戸の香りがする絵が描かれていたんだなあ。

img170216-09.jpg
安田靫彦《出陣の舞》1970年
信長を描いたもの。歴史画を得意とした靫彦らしい端正な一枚。

この他、大観、玉堂、御舟、古径、土牛、魁夷、、、あげていったらきりがない。名画がずらずら。教科書というのも誇張ではない。ほんとに至福の展覧会。まあとにかく見てください。必見です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ティツィアーノとヴェネツィア派展 [美術]

東京都美術館
http://titian2017.jp/

なんか、去年も同じような趣旨の展覧会があったばかりだけど。。。
ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠ティツィアーノとその同時代、後継者達の作品を集めた展覧会。

ティツィアーノがメインのはずだけど、数はそれほど多くない。
第1章ではティツィアーノより少し上の世代の絵が並ぶ。聖母子像が特に多かったのだが、面白かったのは同時期にフィレンツェの画家の聖母子像よりリアルというかあまり美化されていない感じ。

1.jpg
ジョヴァンニ・ベッリーニ《聖母子(フリッツォーニの聖母)》1470年

2.jpg
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《フローラ》1515年頃
初期の作品。肌のきめの美しさ、輝く髪、写実的な衣装。隅々まで丁寧に描かれた優美な絵。

3.jpg
ヤコポ・ティントレット《レダと白鳥》1551年頃
ティツィアーノと並んでヴェネツィア派を代表するティントレット。もはやバロックに近い。

6.jpg
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《マグダラのマリア》1567年
上の「フローラ」より50年くらい後。明暗が強調され、マリアは美しいがリアリズムも増している感じ。

5.jpg
パオロ・ヴェロネーゼ《聖家族と聖バルバラ、幼い洗礼者聖ヨハネ》1562年
もう一人のヴェネツィア派の代表。ティツィアーノやティントレットに比べると色数が少ないように見えるが光沢の表現が素晴らしい。個人的にはヴェネツィア派ではヴェロネーゼが一番好き。

去年ヴェネツィア派展があったばかりだから、正直また?という感じはあるけれど、見応え十分。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

加山又造展 [美術]

日本橋高島屋
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/kayama.html

生誕90年記念展。初めてまとめて加山又造の絵を見たのは、8年ほど前の回顧展。日本画家に詳しくないので、その時初めて名前もちゃんと知ったのだと思うが、かなり強烈な印象が残った。
今回はそのときよりは規模は小さいが、初期から晩年まで、また絵画だけでなく工芸作品もあり、充実した展示内容。

初期は結構シュールレアリスムっぽい動物の絵が並ぶ。足が何本もあるシマウマとか。解説によれば一枚の絵の中で動きを表しているのだとか。ああなるほど。
また、猫がお好きだったらしく、もふもふした猫の絵も。

2.jpg
「猫」1980年
漫画チックな顔の表情、カマキリの描写も微笑ましい。

でもやはり加山といえば後期の琳派の流れを現代に生かした数々の作品。あの光琳の紅白梅図をよみがえらせたかのような「紅白梅」や、桜の絵、龍の絵に圧倒される。

1.jpg
「淡月」(部分)1996年
桜と月という伝統的な題材に真正面から取り組んだ作品。ため息の出る美しさ。

工芸品では、絵付けをした器や、染めの着物などが並ぶ。着物のうちの子供の祝い着はお孫さんのためのものだそうで、それは美しい着物で愛情がこもってるなあ、と。

小品では天井画の原画という「四季草花図」も素敵。梅や牡丹、菖蒲に薔薇。丹念に描かれた一枚一枚に心惹かれる。

巡回展あり。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マティスとルオー展 [美術]

パナソニック汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170114/index.html
00087660.jpg

マティスとルオーが、国立美術学校でモローの下で一緒に学んだ、なんて美術好きにはたまらない。全く画風の異なる二人だが、二人の友情は終生続き、多くの書簡が残されている。
この展覧会では、二人の絵と、交わされた手紙を並べて、二人の人生のエポックをたどっていく。

展示はほぼ年代順で、学校時代の珍しい作品もあり、興味深いが、若い頃からマティスはマティス、ルオーはルオーの個性がはっきりわかる。

また第一次世界大戦を機にマティスは南仏に拠点を移し、ルオーはパリに留まるも二人の交流は続く様子が手紙で読み取れる。あるときは励まし合い、あるときは作品の感想を述べ合う。率直な言葉が親しさを示している。

20170114-matisserouault.jpg
マティス『ラ・フランス』1939年
第二次世界大戦中に描かれた作品。女性の衣装の色はフランス国旗の色。祖国の誇りを女性像に託した作品。

20170114-matisserouault02.jpg
ルオー『聖ジャンヌ・ダルク「古い町外れ」』1951年
これは描かれたのは戦後だけど、ジャンヌ・ダルクもやはりフランスを擬人化したといえるのでは。ルオーらしい厚塗りの絵の具と黒い線が美しい色合いに映える。

この他、ルオーの版画集『気晴らし』全作品や、マティスの版画集「ジャズ」、戦時中に二人が取り組んだ雑誌『ヴェルヴ』の表紙絵なども必見。

マティス、ルオーともに単独の展覧会はよくあるが、こうして二人の交流を俯瞰できるのは貴重な機会。

19世紀末から、二つの大戦を超えて二人がたどった困難な時代も見える。その中でも変わらず続いた友情が展示された手紙から読み取れる。
なんとなく、画家というのは孤独な印象があって、特に同業者とはあまり仲良くしないような勝手な思い込みがあった。そんなこともないんだなあ、というのが今回の発見。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

オルセーのナビ派展 [美術]

三菱一号館美術館
http://mimt.jp/nabis/

ゴーギャンの影響を受けて自らを「ナビ(預言者)」と呼んだボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ヴァロットンら画家たちのグループの展覧会。日本では初のナビは展だそう。あら、そうなんだ。ちょっと意外。今回のは特にオルセー美術館所蔵のもので、以前のオルセー展などで観たことがある絵も多かった。
印象派よりもポスト印象派の方が好みな自分にはナビ派も好きなグループ。

010.jpg
ポール・セリュジェ《タリスマン(護符)、愛の森を流れるアヴェン川》 1888年
セリュジェがゴーギャンの示唆を受けて描いた、いわばナビ派の出発点として有名な絵。
単純化され、大胆に原色を施された絵はほとんど抽象画のようで、何が描いてあるのかもはや判然としない。

002.jpg
モーリス・ドニ《ミューズたち》 1893年
でも正直言うと、ゴーギャンの影響をはっきり感じるのは上のセリュジェくらいで、ほかの作品は雰囲気は全然違う。もっと様式化された感じ。このドニの絵も、「イラスト」のように単純化された女性たちや木々の表現、地面の落ち葉(?)のまるで文様のような描き方がとても面白い。ああ、単純化がゴーギャン的なのか。

015.jpg
エドゥアール・ヴュイヤール《公園》1894年
子供や一家の団らん風景を多くテーマにしたのもナビ派の特徴の一つ。このヴュイヤールも公園で遊ぶ子供たちを生き生きと描いている。
と同時に、これは屏風なのだがとても装飾的。そう、ナビ派のキーワードは装飾的。

013.jpg
ピエール・ボナール《ランプの下の昼食》1898年
装飾的で、どこか神秘的。あどけない子供や母子を描いても何か秘め事のようなはかなさを感じるのがナビ派かもしれない。同じ子供でもルノワールにはそういう視点はない。

とても綺麗で、一見わかりやすい絵が並ぶのに、なんとなくチクチクする刺激があるナビ派展。私はすごく好きでした。おすすめ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
メッセージを送る