So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ブリューゲル展 [美術]

東京都美術館
tirasi.jpg
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜
http://www.ntv.co.jp/brueghel/

去年からヒエロニムス・ボスの展覧会とか、バベルの塔展とか、なんとなくブリューゲルを見る機会が多い。今回はブリューゲル一族展として、16世紀フランドルに生まれたピーテル1世からひ孫までの一族の絵を一堂に集めたもの。

祖とも言えるピーテル1世は1525(30)~1569.改めて年紀を見ると意外に若死に。あの「バベルの塔」など晩年とはいえ40代の作と思うとその完成度に驚く。

1a.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世と工房
キリストの復活 1563年頃

父、ピーテル1世がなくなったとき、息子のピーテル2世も、ヤン1世もまだ幼かった。二人は父の工房で父の画法を学び、父の絵のコピーも多く描いてそのおかげで父の絵が広まった。

2a.jpg
ピーテル・ブリューゲル2世
野外での婚礼の踊り 1610年頃
父ピーテル1世も書いた農民の風俗を息子の2世も繰り返し描いた。あけすけで、美化されてもいない農民達の様子が楽しげに描かれる。それまでの例えばイタリア・ルネッサンス絵画にはなかったジャンル。

3a.jpg
ヤン・ブリューゲル1世
ヤン・ブリューゲル2世
机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇 1615-1620年頃
弟のヤン1世も、兄同様父の作品に倣ったが、とりわけ花の絵を得意として「花のブリューゲル」とも呼ばれた。この絵はその息子ヤン2世との共作。

4a.jpg
アブラハム・ブリューゲル
果物の静物がある風景 1670年
アブラハムはヤン2世の息子。

5a.jpg
ヤン・ファン・ケッセル1世
蝶、カブトムシ、コウモリの習作
蝶、カブトムシ、コウモリ、カマキリの習作 1659年
ヤン・ファン・ケッセル1世はヤン2世の甥。
アブラハムとヤン・ファン・ケッセル1世は従兄弟同士で、ピーテル1世からはひ孫に当たる。
大理石に描かれているのが珍しい。観察眼が素晴らしいのが血筋だろうか。

ひ孫の代まで一族がずっと画家というのは、西洋では珍しいのでは。日本では、狩野派みたいに養子取っても家業として画家ってあるけど。

ひ孫に至るまでそれぞれが非凡な描写力を持って、父祖から引き継いだ工房を守ってブリューゲル派とも言うべき画風を確立した、西洋画史上まれに見る一族ではないかしら。孫世代まではともかく、ひ孫となるとあまり見る機会もないので、貴重な展覧会。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

熊谷守一展 [美術]

東京国立近代美術館
http://kumagai2017.exhn.jp/

ちらし.jpg

熊谷守一(1880‐1977)の没後40年記念の回顧展。
熊谷守一と言えば、晩年の切り絵か版画のような単純化された猫や花の絵しか知らなかったので、若い頃のゴッホのような、初期の暗い色調の厚塗りの作品に驚き。さらに、先述のような熊谷と言えばのスタイルは70代以降と知ってさらにびっくり。変遷が面白いがやはり猫の絵が可愛い。

展示は年代順。
第一章「闇の守一」1900年代~10年代
闇の中でのものの見え方に興味があったというこの時期の絵は、闇と光というより闇と闇といった感じで本当に色が暗い。
1.jpg
《 蠟燭 》1909年
目をこらさないと何が描かれてるか見えない。この闇の中に熊谷は何を見ていたのだろう。

第二章「守一を探す守一」1920年代~50年代
この時代になるとまるでフォービズムのような人物画から、やや単純化されたフォルムの風景画に遷ってくる。逆光に浮かぶ人物の輪郭に見える赤い線が、山の稜線などを彩る線に結びついたのだという。
2.jpg
《人物》1927年頃 

3.jpg
《風景》1940~50年頃


第三章 「守一になった守一」1950年代~70年代
晩年とも言える70歳代になってついに、熊谷と言えば誰もが思う作風に到達する。第二章から第三章への変化は素人目には唐突にも思えて不思議なんだけど。

5.jpg
《ハルシャ菊》1954年

4.jpg
《猫》1965年
晩年は病のせいもあって、家からあまり出ずに庭で虫や花をじっと観察して絵を描いたという。そういう生き物への視線が優しい。

若い頃は貧困にも苦しみ一時は故郷に帰って材木業に従事したり、また子供に先立たれたり、苦難の中で描き続けて老年になってこういう明るい色彩と穏やかで単純にも見える描写に至った心中は想像できない。見る方はただ「あら可愛い」とか思うだけだけど。
正直、晩年の絵だけでも十分楽しめた。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

1月その他 [舞台]

もう過ぎちゃったけど、1月に見たものあれこれ。

坂東玉三郎 初春特別舞踊公演 松竹座
正月から目の保養。
1801松竹座.jpg

初春文楽公演
訳あって、夜の部のみ。織太夫襲名披露は2月に持ち越し。
1801文楽.jpg

新春浅草歌舞伎
松也の綱豊興が予想外に良かった。でも種ちゃんの三番叟のキュートさに持って行かれた。
1801浅草.jpg

神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展
Bunkamuraザ・ミュージアム
去年のアルチンボルト展でも名前が出てきた、アルチンボルトを始めとして宮廷に芸術文化の花を咲かせた皇帝の収集品。ブリューゲルなども。
ルドルフ2世展.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

色絵展 [美術]

出光美術館
tirasi.jpg
器の種類はいろいろあるけど、見て楽しいのはダントツで色絵だと思う。
色絵にももちろん鍋島、九谷、伊万里、京焼などなど種類があって、それぞれに特徴があるのだけど、そういう違いとかはおいといてとにかく柄や形が楽しめる。

数ある色絵の中で、個人的に好きなのはやっぱり鍋島。藩窯として幕府献上品に作られただけに一定の規格があり、柄も品があって綺麗。
鍋島.jpg
色絵花筏文皿 鍋島藩窯

一方、九谷は大胆な大柄が目をひく。意外と使われる色は限定されている感じなのに、黄色と青や緑、紫、と言った取り合わせがインパクト大。
九谷.jpg
色絵蓮葉に菱文大皿 古九谷
前はそういう九谷がちょっと苦手だった。でもこの頃はそのデザインが斬新で面白いなと思う。もっとももし手元に置けるなら鍋島を選ぶけど。

鍋島と同じく九州の伊万里は、鍋島ではほとんど使われない金襴手が豪華。海外に輸出されたのもうなずける。また古伊万里がヨーロッパの磁器に影響を与えたと言うのも。
伊万里.jpg
色絵菊花文輪花皿 古伊万里

そして色絵と言って忘れてはいけないのが仁清。柄もだけど、形も凝ってる。
仁清.jpg
色絵梅花文四方香炉 野々村仁清
上に兎、横に象。柄は梅。なんてファンタスティック!何年か前別の展覧会で見たときも「きゃ~可愛い~!」って惚れ込んだ品。再会できて嬉しい。

他にも乾山や仁阿弥道八などの京焼や柿右衛門、海外のマイセンやウースター、近現代の板谷波山や富本憲吉らまで、様々な色絵の器を見ることができて、本当に楽しい。焼き物にあまり興味がなくても楽しめると思う。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

壽 初春大歌舞伎 夜の部 [舞台]

歌舞伎座
1801歌舞伎座勧進帳.jpg
一、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
角力場
濡髪長五郎  芝翫
藤屋吾妻   七之助
仲居おたけ  宗之助
茶亭金平   錦吾
山崎屋与五郎/放駒長吉  愛之助

芝翫の濡髪はそこそこ貫目もあり押し出しも立派な大関。でもなんか暗い。少年の放駒に対する大人の余裕という対比まで行かないからかもしれないが。ちょっと八百長のフィクサーみたいで、ううん?と思ってしまった。
愛之助は与五郎はじゃらじゃらして情けないけどお育ちの良いぼんぼんの雰囲気がよく出た。
長吉の方も世間知らずな若者の一本気な真っ直ぐさがあってなかなか。
七之助がこの吾妻に出るのはもったいないくらいだが、綺麗で引っ張りだこの人気ある遊女の様子がぴったり。

二・口上
襲名の三人を含め22人が並ぶ。仕切りは藤十郎。もはや口上芸と言っても良い、独自の厳かさ。いつものように左團次が笑いを取った以外は、人数が多くて一人が短めなせいかわりと真面目。

三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
武蔵坊弁慶 染五郎改め幸四郎
源義経   金太郎改め染五郎
亀井六郎  鴈治郎
片岡八郎  芝翫
駿河次郎  愛之助
常陸坊海尊  歌六
富樫左衛門  吉右衛門
     
今月いちばんの見もの。
主役はもちろん新幸四郎の弁慶なのだが、その前に立ちはだかる叔父吉右衛門の富樫がすさまじい。最初の名乗りからして朗々と謡う台詞に酔う。巌の如くそびえ立つ関守。力で押し通すのは不可能と思わせる。
義経一行と対峙しても、頑として通さない、一分の隙も見せない鉄壁の守り。
山伏問答の口跡のキレの良さ見事さは比類ない。畳みかけるように弁慶を詰問する突っ込みの鋭さ、何も見逃すまいとする視線の厳しさ。そしてさらに強力を不審と見て引き留める台詞のの裂帛の気迫。その上で、全てのみ込んで見逃す情の篤さ。
弁慶が義経を打擲する時、富樫が刹那顔を背ける。見るに堪えないというように。この瞬間富樫の心が動いたのか。岩のように堅かった富樫の心に穴が空いた瞬間を見たようで、こちらも目を逸らしたくなる。義経より弁慶より、心痛めたのは富樫なのだと。「もはや折檻したもうな」でぼろぼろ泣いてしまった。こんなの初めて。

幸四郎を継いだ甥に、彼の祖父、自分の実父初代白鸚の富樫を全力で見せる。ただの叔父甥の絆だけではなく、歌舞伎の将来を託そうとする吉右衛門の強い思いがひしひしと溢れていた。「どうだ、俺を超えていけ」と言わんばかりの。その愛に涙。

そんな最高の富樫に胸を借りる新幸四郎の弁慶は、二度目。月初はなんだか力が入りすぎて逆に雑に感じられるところがあったりして、初演の時の方が好きだなあ、なんて思ったが、叔父の感化を受けてか日増しに良くなった。とにかく叔父に必死で食らいついていこうという姿勢が良い。山伏問答も富樫の口跡の良さにどれほど引っ張り上げてもらったか。全身全霊で義経を守ろうとする強い意志が見えた。もちろんまだ完成形ではない。これから何度もやって自分の弁慶を作っていくだろう、その礎となる弁慶が見えた気がする。

新染五郎の義経は、変声期で発声はやや不安定なのが惜しいが、とにかく美しく、品がある。父と大叔父の大舞台でとにかく行儀良く真っ直ぐに務めていて、先が楽しみ。

 上 相生獅子(あいおいじし)
四、下 三人形(みつにんぎょう)
〈相生獅子〉
姫  扇雀
姫  孝太郎

〈三人形〉
傾城  雀右衛門
若衆  鴈治郎
奴   又五郎

勧進帳で放心してしまって、なんだかぼやーっと見てしまった踊り二題。出演者の方には申し訳ない気持ち。
相生獅子の方は、なんだか久しぶりに綺麗な扇雀見たな~、と言う気がしたがどうだっけ。ツンとして気位の高そうな姫。
一方の孝太郎の方はおっとりと優しそう。でも扇の扱いが下手。もうちょっと稽古して。

三人形は、え、がんじろはんが若衆なのか、と失礼にも驚いてしまったのはともかく、傾城の雀右衛門がたおやかで美しい。ほんとにこの人は襲名以降どんどん綺麗になってきたなあ。
奴の又五郎が切れの良い踊り。足拍子も面白い。
鴈治郞もニンではなさそうだがきちんと行儀良く。
相生獅子の二人も、三人形の三人も行儀良くきちんと踊っていてそれなりに良かったのだけど、あの勧進帳の後では観客の集中力も切れていて、なんだか気の毒だった。どうせだったら「勢獅子」みたいなわあっと派手な踊りで若手も出して盛り上げた方が、打ち出しには良かったのでは?と思った。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

墨と金 狩野派の絵画展 [美術]

根津美術館
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
ink_and_gold.jpg
この頃、狩野派の展覧会が多いような気がするが偶然か。室町から江戸時代まで権力者の庇護を受けて威勢を振るった狩野派。永徳こそないものの、元信、探幽、山楽ら有力者の作品を「墨(山水画)」「金(金箔を用いた障壁画)」と言う視点で見せる。

ink_and_gold_01.jpg
養蚕機織図屏風 伝狩野元信筆
狩野派二代目の元信については、去年サントリー美術館で展覧会があって初めてちゃんと見た。絵画の技法を整理して弟子にもわかりやすく体系化し、狩野派が工房として大量生産できる基礎を築いた。

ink_and_gold_02.jpg
両帝図屏風 狩野探幽筆
狩野派で金を使い出したのは三代永徳ではないかと思うが、江戸時代に入って幕府に仕えた探幽も豪華で、題材もいかにも為政者が好みそうな作品が多い。

ink_and_gold_03.jpg
梟鶏図 狩野山雪筆
一方、京に残った京狩野派は、また独自の画風を発展させる。元信の弟子筋となる山楽山雪らがその代表。この山雪のは遊び心たっぷりの一枚。特にフクロウの表情がなんとも言えず可愛い。

超有名作があるわけではないが、狩野派の実力を堪能できる。

また、2階展示室では新春恒例の「百椿図」が展示され、「墨と金」とは打って変わって美しい色彩の様々な椿の絵を楽しめる。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「国宝雪松図と花鳥」展 [美術]

三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/
毎年この時期に展示される応挙の雪松図屏風と合わせての展覧会、今年は花鳥図。

まずは茶道具。牡丹の浮き彫りの青磁の花入れ、仁清の鶏の形の香合、銘が鵺という赤楽茶碗、などが並ぶ。

ninsei.jpg
仁清
色絵鶏香合
仁清らしい、色鮮やかで可愛い香合。

絵画では伝牧谿作の蓮燕図が当館の花鳥図ではいちばん古いとか。今回の目玉としては渡辺始興の鳥類真写図巻約17メートルを全図展示。まさに図鑑の写実的な描写の細かさに舌を巻く。

個人的に目を奪われたのは沈南蘋の花鳥図。鳥や花の清冽な描写が実に美しい。
5cf0e_368_f9d2a4d5caf374ef2a4bcd03ec3c6bb7.jpg
「松樹双鶴図」(花鳥動物図の内)

工芸品ではこういうのも。
25d3f_368_16891dbd1b554a8af75c6ac0665b41cf.jpg
柴田是真作
「稲菊蒔絵鶴卵盃」1対 
鶴の卵の殻のうち側には金を、外側に蒔絵を施したもの。鶴はおめでたい鳥だし、なんとも品がよくて美しい。
この作品の他にも鳥の卵を加工したものはあって、鶴の他に孔雀の卵などもあった。大名家の庭で飼われていた鳥の卵、と言う由来のものも。

mituoki.jpg
土佐光起
鶉図
小品ながら品の良い一枚。鶉は何故か絵や器の柄に昔からよく描かれる。そんなに色が美しい鳥でもないと思うが。。。

応挙では雪松図屏風の他にこれも。
oukyo.jpg
蓬莱山・竹鶴図 
さすがの精緻な描写。

さらに面白かったのは、三井家のご当主らの作品もあって、どれも玄人はだし。中には専門家さながら鳥を飼って鳥博士みたいだった人もいたらしい。さすが商人でも名家となると文化水準も高いのね、という感じ。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

世界花小栗判官 [舞台]

国立劇場大劇場
1801国立a.jpg

1801kokuritu.jpg

国立劇場正月公演は恒例の音羽屋。いつも復活狂言だが、今回のは復活と言っても澤瀉屋も取り上げた演目で馴染みはある。

今回は菊五郎は敵役に回って、神出鬼没の大盗賊。スモークと共に登場し、スモークの中スッポンに消えていく。かと思えば、フラッシュばしばしの中花道を引っ込むとか、派手。出番自体はそう多くないがスケールが大きく圧倒的な存在感はさすが。

実質的な主人公、小栗判官は菊之助。序幕では颯爽と荒馬を乗りこなす。貴公子ぶりが映える。後半は、貴種流離譚の典型、苦難の末、病も癒えて元の華やかな姿に戻る。お駒に惚れられるあれこれも、あくまで重宝詮議のためと言うクールさも菊ちゃんならでは。

判官の相手役照手姫には右近が抜擢。艶やかで美しい。

松緑は二幕目だけの出演で、判官の旧臣。照手姫を守るために命を捨てる。忠義心に篤く先月の蘭平ほどではないが大がかりな立ち回りもあって見せる。
この場では梅枝は松緑の女房役。しっとりとした夫思いの女房。
二人の亀蔵がちょっと抜けた悪党コンビで、パンダメークの橘太郎と共に笑いを呼ぶのもこの正月公演ならでは。

三幕目では浪人姿の判官に惚れ込んだ娘お駒と、偶然その家に売られていた照手姫とが恋のさや当て。梅枝が先ほどとは打って変わって情熱的な娘。母が照手姫の乳母だったことがわかり、諦めるよう説得するも受け入れない。母は時蔵。娘への愛情ももちろんありながら、恩と忠義から結果的に娘を手に掛ける悲しさ。この幕が芝居としてはいちばんできている。しかし二役とも殺される梅枝君って可哀想。

終幕では、お駒の祟りで足萎えになり顔も崩れた判官を照手姫が車に乗せて熊野権現にやってきて、風間一味と遭遇、権現の霊験で判官は治り、宝も取り戻し、執権・細川政元らもやってきて風間を包囲して大団円、と言ういつもの終わり方。もちろん手ぬぐい捲きも。治った判官がいきなり衣装も替わってるとか、突っ込みどころも満載だけど、まあ良いか。

序幕から、春夏秋冬と季節を巡る舞台も綺麗。

團蔵や彦・亀兄弟、萬太郎などが出番が少ないのは残念だが、まあ、本格的な義太夫狂言のようなどっしり感はないものの、菊五郎劇団の人材豊富さを改めて感じる芝居。みんな適材適所の活躍で、立ち回りもあり、台詞のお遊びもあり、娯楽性十分でしかも新作のような奇抜さはなく、古典として楽しめる希有な舞台。正月の国立はこれでなきゃ、と言うもはやブランド。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

壽 初春大歌舞伎 昼の部 [舞台]

歌舞伎座

高麗屋三代襲名披露公演の最初の月。
いよいよこの時が来たか、と言う気持ち。特に高麗屋の贔屓ではないけれど、三代揃ってと言うこともあって毎年のようにある襲名でも特別感がある。

一、箱根霊験誓仇討(はこねれいげんちかいのあだうち) 箱根山中施行の場
同   白滝の場
飯沼勝五郎    勘九郎
滝口上野/奴筆助  愛之助
女房初花    七之助
刎川久馬    吉之丞
母早蕨    秀太郎

最初の演目は襲名とは全く関係なし。正月の朝一から幽霊が出てくる仇討ちものって、何だかなあ。しかも仇を討ってめでたしめでたしで終わるならまだしも、これから仇討ちに行くぞー!て幕ってのも欲求不満。
足の悪い夫を車に乗せて妻が引きながら敵を探す。だが敵と出会っても夫が腰が立たないため勝負にならず、それどころか夫と母を守るため妻は連れ去られてしまう。妻は死んで霊魂となって夫らの元へ戻り、その霊験で夫は足が治る。
夫勝五郎の勘九郎が主役と思いきや足が治って立つシーンくらいしか見せ場がない。そこも「立った、立った」ではクララじゃあるまいしと客席で笑いが漏れる。
見せ場が多いのは七之助の妻初花の方で、夫に尽くす優しさと夫と母の命を質に取られての苦悩が見え、幽霊となって(でも夫らは生きてると思ってる)滝壺へ身を投げるまでの所作も見せる。
愛之助が敵と忠僕の二役。敵ではふてぶてしい様子を見せるが、ニンとしては奴の方が合っている。誠実で朴訥とした様子が出てなかなか。
秀太郎が中村屋兄弟と共演とは珍しいが、それほどの見せ場なく、無駄遣い感が。

昔はそれなりに上演された作品らしいが、正直言って、他の演目なかったのかな~。

二、七福神(しちふくじん)
恵比寿  又五郎
弁財天  扇雀
寿老人  彌十郎
福禄寿  門之助
布袋   高麗蔵
毘沙門  芝翫
大黒天  鴈治郎

七人(神)が順番に踊るだけの演目だが、なんとはなしにめでたく楽しい。こっちの方が幕開きによかったのでは。それぞれ拵えがよく似合ってほのぼのだが、なんと言っても大黒天の鴈治郞。福々しいとはこのことかと言うヴィジュアルはもちろん、他の人が踊っているとき後ろで手酌でひたすら飲んでいる様子が、ほんとにお酒入ってるんじゃない?と言う疑惑がもたげるほど。あのフィギュアあったら絶対売れると思う。
     
三、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
車引
1801歌舞伎座kurumabiki_1225.jpg
松王丸  染五郎改め幸四郎
梅王丸  勘九郎
桜丸   七之助
杉王丸   廣太郎
金棒引藤内  亀鶴
藤原時平  彌十郎

昼の新幸四郎披露狂言。
車引きは三つ子の若さが出た舞台。悪く言えば勢いでやっている。その分、義太夫狂言の面白さは薄め。とはいえ勘梅王のほとばしる熱量、端正さに悲しみをにじませる七桜、二人をなんとかとどめようとする幸四郎松王のぶつかり合いはワクワクする。彌十郎時平には今ひとつ古怪さがほしい。
幸四郎には悪いが、この場の見ものは勘九郎の梅王丸。久々に見た古典の荒事。力強い六法、三本刀を差してぐっと腰を落とした姿の美しさ。これだこれだ、勘九郎で見たかったのはこれだ、と思って胸が熱くなる。
幸四郎の松王丸も、ここではヒールでふてぶてしさと大きさを見せる。ずっと線が細いと言われ続け、三つ子なら桜丸だってできそうなこの人が、しっかりと松王丸として立っていることに感無量。

寺子屋
1801歌舞伎座terakoya_1225.jpg
松王丸   幸四郎改め白鸚
武部源蔵  梅玉
千代   魁春
戸浪   雀右衛門
涎くり与太郎   猿之助
百姓  良作   由次郎
同 田右衛門   桂三
同   鍬助   寿猿
同   米八   橘三郎
同   麦六   松之助
同  仙兵衛   寿治郎
同  八百吉   吉之丞
百姓  吾作   東蔵
春藤玄蕃     左團次
園生の前     藤十郎 

花形世代の車引に対し、新白鸚を中心とした寺子屋はまさに大御所が顔を揃えた。
白鸚松王丸は通常運転。この人らしい台詞回しとリアルさ。もうこれはこれでこの人のスタイルとして確立されているのだろう。
魁春の千代が良い。特に戻ってきての源蔵と二人の場面に、まだ吐露できない我が子への思いが滲んで絶品。今時代物の女房をやらせたらこの人がいちばんと改めて思う。
松王と千代の絆が感じられ、「笑うたとよ」「その叔父御に小太郎が」などのやりとりに泣かされた。

梅玉源蔵はやや淡泊な感じもあるが、苦悩と誠実さが見える丁寧な出来。とはいえもう少し心の変化が見えてほしい気も。
雀右衛門戸浪も控えめながら夫を支える。
二人とも新白鸚を立てようとしてるのか、あまり前に出てこない。でも若手じゃあるまいし、ぶつかってこそ大きくなる舞台もあるだろう。

10月の骨折から復帰した猿之助が涎くり与太郎に出て笑いを誘う。
藤十郎が御台所に出るごちそうが襲名ならでは。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

その他12月 [美術]

もう時間がないので、見た物列挙。

鏨の華―光村コレクションの刀装具― 
根津美術館
鏨の華.jpg

没後150年記念 菊川英山
太田記念美術館
太田英山.jpg

川合玉堂
山種美術館
CCFgyokudo.jpg

ゴッホ展
東京都美術館
ゴッホ.jpg

秋口以降展覧会いっぱいあったのに時間が取れず行けなかったものもあり。

観劇では文楽と、歌舞伎座の第三部も見た。感想は割愛。

と言うことで、今年の記事はこれで最後です。最後が尻すぼみですいません。今年も一年お付き合い下さった皆様ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。
nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
メッセージを送る