So-net無料ブログ作成
検索選択

シャガール展 [美術]

8月1日(日) 

ポンピドー・センター所蔵作品展
シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛~
http://www.fujitv.co.jp/events/chagall/index.html
東京藝術大学大学美術館

シャガールはピカソと並んで20世紀を代表する画家の一人。日本でもとても人気があって、何年かに一度は展覧会をやっているような気がする。
なので下手をすると、またシャガール展か~、ということにもなりかねない。
それで、かどうか知らないが、今回は、若い頃のシャガールとも接点のあるロシア・アヴァンギャルドの作品と並べてみるという趣向。

紹介されているのはゴンチャローワとラリオーノフの夫妻に、マレーヴィチ、カンディンスキーなど。
実のところ、カンディンスキー以外はあまりなじみがない。

img002.jpg
ゴンチャーロワ「収穫物を運ぶ女たち」
ゴンチャーロワの作品って、昔見た民話とか昔話の本の挿絵を思い出させる。ほら、「大きなかぶ」とか。ネオ・プリミティヴィスムと呼ばれるのだそうだが、そんな難しげな絵じゃなくて、素朴な感じ。

img004.jpg
シャガール「ロシアとロバとその他のものに」
こちらは同じ頃にシャガールが描いた、ロシアへの郷愁に満ちた絵とのこと。フォーヴィズムやキュビズムの影響を受けている。
シャガールの絵って、時々こういう「怖い絵」があるよね。首が180℃回ってたり、人間より大きな鶏がいたり。

img009.jpg
カンディンスキー「アフティルカ 赤い教会の風景」
まだ抽象画を描き始める前。黒い描線がはっきりしていて、ルオーの絵を思い起こさせる。色がとてもきれいでステンドグラスみたい。

img013.jpg
シャガール「彼女を巡って」
さてしかし、1920年代くらいから結局シャガールは他の画家たちとは離れて独自の道を歩み出す。
これは45年の作。41年にパリからアメリカに亡命し、そこで最初の夫人ベラを亡くして悲嘆に暮れていた頃の、ベラへのオマージュ。

img014.jpg
「日曜日」
52年頃、再婚して幸せを取り戻した頃の絵。色にも幸福感が戻ってる。

そして今展覧会の見物は、64年にアメリカのメトロポリタン歌劇場がこけら落とし公演「魔笛」の舞台装置と衣装をシャガールに委嘱した際の、それらの原画である。
パリ・オペラ座の天井画をシャガールが描いているのは知っていたが、メトロポリタンとも縁があったとは今回初めて知った。
モーツァルトの「魔笛」のお伽噺のような世界はシャガールの絵とマッチして、現実離れした不思議な情景を作り出していた。

夜の女王.JPG
「夜の女王」

怪物.JPG
「怪物」
怪物と呼ぶにはあまりにラヴリー(笑)。

しかしこういう原画から実際に衣装や装置を作り出すパタンナーや大道具の人は大変だっただろうなあ。
初演時の写真が白黒しか展示されていなかったのが残念。この時の出演者が、ニコライ・ゲッダにヘルマン・プライ、ルチア・ポップとそうそうたる顔ぶれ。このプロダクションの映像は残っていないのかしら。一度見てみたいな。

この「魔笛」関連以外のシャガールの油絵は約20点と決して多くはないが、「魔笛」だけでも見る価値はある。
ロシア・アヴァンギャルドの作品とともに、今まであまり知られていないシャガールが見られるなかなか面白い展覧会。
タグ:シャガール
nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

nice! 7

コメント 10

ユキタロウ

お~アートと音楽が一度で楽しめるナイスな記事です!

1964年のルチア・ポップと言えば25歳くらい?前年に「夜の女王」でデビューし、ウィーン国立オペラとも契約した新進気鋭の若手でした・・・さすがはMETです。

>ラブリー

ヘタウマというか・・・ヘタですね。(汗)

でも・・・確かにラブリ~~!(笑)
by ユキタロウ (2010-08-03 20:54) 

mami

ユキタロウさん、こんばんは。
ヘタウマ...って天下のシャガールなのに。でも確かに子供の絵みたいですね(笑)。まあ、下絵ですから。
他のモノスタトスとかパパゲーノなどもとてもラヴリーでしたよ。

ルチア・ポップはとてもチャーミングな歌手でしたね。早くに亡くなって残念でした。私の印象では夜の女王よりパミーナかと思っていたので、夜の女王はちょっと意外でした。
by mami (2010-08-03 23:15) 

TaekoLovesParis

シャガールが「魔笛」の舞台装置と衣装を担当したんですか。
知らなかったです。おもしろそうですね。行ってみたいです。
ロシア構成派のマレーヴィチの絵も好きなので。
ヘルマンプライの「冬の旅」のCDを昔はよく聴いてました。
昔のいいプロダクションのオペラは、映画化されることがあるので、
そうだったら、いいですね。
by TaekoLovesParis (2010-08-04 08:19) 

ぶんじん

「魔笛」の展示品は圧巻でしたね。舞台の壮麗さが伝わってくるようでした。
確かに、あの原画から衣装に起こす人たちは大変だったろうなぁ。
by ぶんじん (2010-08-04 21:08) 

ユキタロウ

追伸です。

本日の朝日新聞朝刊の28面に、来日したシャガールのお孫さん(ニューヨークでフラワーデザイナーとして活躍中のチャーミングな女性)へのインタビュー記事が載っていました。愛すべき祖父との思い出や、今回の取材中に判明した「新発見!」についてなど興味深い内容でしたので、一読をお薦めいたしますよ。

>「魔笛」の展示品は圧巻

ぶんじんさんの言葉に、居ても立ってもいられなくなりそうです・・・。(汗)
by ユキタロウ (2010-08-04 21:54) 

mami

TaekoLovesParisさん、「魔笛」関連の作品は日本初公開だそうです。他の油絵は見たことあるかも、というのが多いですが、これはとても面白かったです。

プライはリートよりオペラ歌手のイメージです。フィガロとか上手かったなあ。
このプロダクションの映像も残っていたらいいですね。
by mami (2010-08-04 23:36) 

mami

ぶんじんさん、
あの「魔笛」、実際の舞台ではどんな風に見えたか、見てみたいですね。
原画は本当にイマジネーションに富んでいて、素敵でした。
でも装置や衣装があんまり賑々しいと、出演者がかすんでしまわないかとちょっと心配だったりもします。

by mami (2010-08-04 23:41) 

mami

ユキタロウさん、情報ありがとうございます。早速ネットで読んできましたよ~。新発見のエピソード、素敵ですね。

ほらほら、ぶんじんさんもお薦めですよ。なんとしてでも観に行って下さいね!
(私の記事だけじゃ、まだ行く気になれないのね、とちょっとすねてみる)
by mami (2010-08-04 23:45) 

深野一朗

この度はnice!を有難うございます。初めて訪問させていただきましたが、興味深い記事が多く、膝乗り出しました。
歌舞伎がお好きなようですので、是非「深野座」の記事もご笑覧ください。
http://classico-italia.blog.so-net.ne.jp/2010-02-13
暑い日が続きますが、お体ご自愛下さい。今後とも宜しくお願い致します。
by 深野一朗 (2010-08-05 13:27) 

mami

深野一朗さん、はじめまして。こちらこそご訪問とnice!ありがとうございます。
「深野座」の記事、拝見しました。恥ずかしながら、深野座というのは存じませんでしたが、いろんな人やことがつながっていて面白いですね。綺堂の本も読んでみたいです。
遠縁とはいえ、歌舞伎の世界とご縁があるなんて、ちょっとうらやましいです。
こちらこそ、これからもお暇なときにお立ち寄り下さいませ。
by mami (2010-08-06 00:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る