So-net無料ブログ作成
検索選択

ボストン美術館浮世絵名品展 [美術]

2月27日(日) 山種美術館
http://ukiyoe.exhn.jp/

なんだか、浮世絵展というと外国からの里帰り展ばっかりなのはちょっと寂しいけれど、今回もボストン美術館からのもの。ボストンって、どんだけ浮世絵持ってるのかと思うくらい、毎年のようにこういう展覧会があるような気がする。
今回はその膨大なコレクションの中から、天明・寛政期(18世紀末頃)という「錦絵の黄金時代」に焦点を当て、その頃活躍した清長、歌麿、写楽の3人を中心とした作品を展示。ほとんどが美人画や役者絵などの人物画で、北斎や広重のような風景画はほとんどない。
選りすぐりというだけあって、どれも保存状態は素晴らしく良く、ほとんど退色もしていないのは見事。

清長1.JPG
清長 雛形若菜の初模様 丁子屋内 丁山 しをり つまき
吉原の遊女を描いたもの。「雛形」は当時の衣装カタログのような見本帳。「若菜の初模様」は新春に披露される新作模様のこと。とは言えこの絵は、雛形になぞらえて一人前になった遊女のお披露目というニュアンスのものらしい。着物の柄が綺麗。二人の禿の髪飾りが豪華だな~。重そうだけど。

part1_img03.jpg
同じく清長 子宝五節遊 重陽
子供の節句の遊びの様子を描いたシリーズものの一枚。重陽の節句は9月9日、菊の節句。他に雛祭りや端午、七夕など。裕福な家の子供なのかな、丸々して可愛い。

part2_img04.jpg
歌麿 青楼遊君合鏡 丁子屋 雛鶴 雛松
淸長の絵がほとんど全身像だったのに対し、歌麿は大首絵という顔のアップの絵で一世を風靡した。
これもその1枚だが、高い技術で描かれた団扇の透け感が美しい。

part3_img03.jpg
写楽 四代目岩井半四郎の乳人重の井
写楽の絵は、昨秋の「蔦重」展でも多く見た。歌麿が確立した大首絵を、さらに対象を極端にデフォルメしてまでモデルの内面に迫った独特の世界が面白い。でも描かれた役者の方は、これ嬉しかったかな~?

part3_img04.jpg
写楽 天王子屋里虹 二代目山下金作の仲居おかね実は貞任妻岩手御前
これも同じく役者絵だが、どう見ても現代の翫雀さんにそっくり!会場で見た途端笑いそうになっちゃった。翫雀さん、江戸時代でも通用する立派な役者顔!

風景画がないのと、肉筆画も数点しかないのはちょっと残念だが、錦絵の美しさを堪能できる展覧会。
なお、イヤフォンガイドのナレーターは、自身浮世絵コレクターの市川亀治郎さん。私は音声ガイド苦手なので借りなかったけど。
nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 9

コメント 6

そらへい

写楽の役者絵、デフォルメが効いていて
漫画みたいで面白いですね。
他の浮世絵に比べて、現実に存在しそうな顔に見えます。
by そらへい (2011-03-03 20:27) 

mami

そらへいさん、
写楽の描く顔は独特ですね~。
見る方としては面白いんですが、プロマイドとして描かれた役者の方は気に入ってくれたのかなあ、とちょっと気になります。
by mami (2011-03-03 23:47) 

リュカ

お、行ってきましたね^^
私もこの展覧会は、すでに前売りゲットしてます♪
本当に保存状態がよさそうで楽しみです^^
by リュカ (2011-03-05 17:20) 

mami

リュカさん、
今回はどれも状態がよいものばかりで綺麗ですよ~。
結構混んでましたから、お早めに見に行って下さいね。
by mami (2011-03-06 01:05) 

TaekoLovesParis

2008年に、名古屋ボストン美術館を皮切りにした「ボストン美術館浮世絵名品展」
が、巡回して、東京は、江戸東京博物館でした。そのときの図録を今、見てみたら、
作品は重なってませんね。膨大な数の所蔵品なんですね。本家ボストン美術館に
行ったとき、やはり、「浮世絵展」をやっていたことがありました。外国で浮世絵展を
見るのも、なんか変な気がしたのですが、作品がどれもすばらしいし、保存状態が
よく、色もきれいなので、感激して、ゆっくりと眺めました。

写楽の人物は、いつも表情が豊かですね。
確かに、翫雀さんに似てますね。天王子屋は、富十郎でしたね。
江戸時代の団十郎の浮世絵を見たら、やはりぎょろ目だったので、家の顔がある
んだな、って、思いました。
清永のは、着物も美しいし、当時の生活がわかって、おもしろいですね。
by TaekoLovesParis (2011-03-06 22:05) 

mami

TaekoLovesParisさん、
ボストン美術館は、ほんとに凄いお宝をいっぱい持ってるんですねえ。
外国の美術館に日本以上に浮世絵のコレクションがあるというのも情けない感じですが、おかげで保存状態の良いものを見られるとなるとありがたいと思わないといけないのかも。

役者さんって、必ずしも血がつながってなくても、なんだか雰囲気が似てくるんでしょうか。面白いですねえ。
by mami (2011-03-06 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る