So-net無料ブログ作成
検索選択

フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展 [美術]

3月28日(月) Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.vermeer2011.com/index.html

震災後、都内の美術館も多くのところが閉館している。施設に被害があったところもあるし、節電や来館者の足の便を心配してと言うところもあって、音楽や舞台だけでなく、美術シーンも冷え込み気味。Bunkamuraも開館はしているが、時間を短縮とのこと。
他にやってる美術館が少ないせいか、平日にしては混んでいて、美術好きの人たちがいささか飢えてきているのかも、なんて思ったりした。

IMG.jpg
フランクフルトのシュテーデル美術館所蔵の作品のうち、17世紀のフランドル絵画を一堂に展示する展覧会。
目玉はなんと言ってもフェルメール。現在全世界で30数点しかないフェルメール作品の一つで、東京では初公開という「地理学者」。男性がモデルの作品は2点しかないと言うから、まさにレアもの。

とは言っても、実は私はそれほどフェルメールファンじゃないの。フェルメールは、それこそ信者とでも言うべき大ファンがたくさんいるようだけど、私にはあまりその良さがよくわからない。私のような凡人にはフェルメールの絵はあまりに「普通の世界」過ぎるのかもしれない。
この作品も、いろいろ解説はされていたけど(HPをご参照下さい)、正直言って「ふ~ん」という感じで、それほど心惹かれることもなかった。いやもちろん巧いとは思うんだけど、そんなもてはやすような絵でもないだろう、って感じかなあ。

work_pic3.jpg
と言うわけで、私的にこの展覧会一押しはこちら。
レンブラント「サウル王の前で竪琴を弾くダヴィデ」
ダヴィデに槍を投げつけようとする直前のサウル王の心の葛藤を描いた作品。大きな絵ではないので、ダヴィデの方ははっきり見えず、王の顔も小さいのだが、緊迫した一瞬を見事にとらえた、レンブラントらしい一枚。やっぱりこういうドラマチックな絵の方が好きなんだわ。

work_pic5.jpg
一方こちらは市民生活を描いたボルヒ「ワイングラスを持つ婦人」
当時の風俗が垣間見られる、飾らない雰囲気が楽しい一枚。

work_pic2.jpg
フランドル絵画と言えばブリューゲルを忘れるわけにはいかない。ブリューゲルはヤン親子にペーターと何人かいてややこしいが、これは父ヤンの工房作品「ガラスの花瓶に生けた花」。”花の画家"として人気を博したヤンらしい、精緻な描写で色とりどりの花(実際には季節が違うもの)を描いた豪華な絵。中世にはこういう花だけを描いた絵というのもなかったわけで、 それだけ市民社会が豊かになってきた証拠とも言えるのだろう。

他にもやはりこの頃から盛んに描かれるようになった風景画も多数。町中や森の中だけでなく、海洋国家オランダらしい、海辺の風景画も多い。

フェルメールやレンブラント、ルーベンスにハルスなどの他は、あまり名の知られていない画家が多いが、出品されている絵の水準は高い。私同様、フェルメールはあんまり、と言う人でも一見の価値ありの展覧会です。


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(1) 

nice! 6

コメント 8

nori

ご無沙汰しています。フェルメールが今、展示されているのを知りませんでした。主催する新聞社の新聞を取っていないと、全く情報が入りませんね。フェルメールは数が限られているし、ホームページに書いてあるように何点制覇したかという興味を呼ぶのだろうと思います。日本百名山や西国三十三所と同じですね。といいつつ私はこういうのに弱いので、機会があれば訪れてみたいと思います。
by nori (2011-03-29 20:50) 

mami

noriさん、
地元以外の展覧会までは、なかなか気が回りませんよね。
これはまだ2ヶ月近くやってますので、もし上京されることがあったら足を運んでみて下さいね。
フェルメールも、珍しいとは言いながら、なんだか毎年のように1枚くらいは来日しているような気がします。この秋にも展覧会あるみたいですよ。
by mami (2011-03-29 23:31) 

しーちゃん

この展覧会、愛知県の豊田市美術館に6月11日から巡回してくるので、私は楽しみにしているんです。フェルメールの実物の絵、私はまだ見たことがないのですが、「恋するフェルメール」とか読んで、へーそんなにいいのかしらと。ま、あまり期待すると拍子抜けするかもしれませんけど。
by しーちゃん (2011-03-30 13:55) 

mami

しーちゃんさん、
そうそう、豊田にも行くんですよね。ぜひ実物をその目でご覧になって下さい。
フェルメールの絵、確かにとても静謐で素敵な絵ですよ。単に私の好みじゃないと言うだけでして。えへへ。
by mami (2011-03-30 22:21) 

palette

週末に行こうと思っているのですが、混み合っているかしら。
美術ファンの飢えって、わかる気がします。
久々の美術館が、すごく楽しみです。

by palette (2011-03-31 15:00) 

mami

paletteさん、
週末だとやはり混むかもしれませんね。特に今は他があまりやってないので。
でもそれでも頑張って見に行く価値はあると思います。じっくり味わってきて下さいね。
by mami (2011-03-31 23:47) 

ぶんじん

私も先週の土曜日に行ったんですが、混んでました。でも、一点ずつじっくりと楽しんできました。農民たちを描いた風俗画は細部まで見たくなりますよね。愛すべき酔っぱらいには親近感が沸きます。
by ぶんじん (2011-04-04 09:27) 

mami

ぶんじんさん、
風俗画は、見ていて楽しいですね~。あの頃の生活をいろいろ想像しちゃいます。酔っ払いとか、喧嘩してるのとか、時代が変わっても人間のやることは一緒ですね。
by mami (2011-04-04 22:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る