So-net無料ブログ作成
検索選択

「森と芸術」展 [美術]

6月6日(月) 東京都庭園美術館

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/mori/index.html

ちらし.JPG
梅雨の晴れ間の暑い日でしたが、友達と庭園美術館へ。
今回の展覧会、テーマは「森」。森を描いた風景画はもちろん、森と人間とのかかわり、あるいは森にひそむ生き物もしくは物の怪……。と言ったさまざまな切り口で、森にまつわる作品を展示する面白い試み。

西洋で人間と森と言って最初に取り上げられるテーマはアダムとイヴの楽園。デューラーの版画などで見ることができる。

その次はクロード・ロランなどが描いた理想的な楽園としての森。
このあたりまでは、森は主役ではなく、あくまで物語の背景。

そして19世紀になると風景画として森そのものが描かれるようになる。コローなどのバルビゾン派や、クールベなど。
2a.JPG
カミーユ・コロー《サン-ニコラ-レ-ザラスの川辺》

さらに時代が下ると、アンリ・ルソーやゴーギャンが描いた幻想の森。
1a.JPG
アンリ・ルソー《エデンの園のエヴァ》

そして20世紀には、エルンストやマグリットらの描く不思議な森へ。
4a.JPG
ルネ・マグリット 《再開》

これらの他に、ガレの器や、ドレ、ラッカムらの絵本の挿絵(赤ずきんちゃんとか、ピーター・パンとか)、一口に森と言っても本当にさまざま。とても楽しい展覧会。
3a.JPG
ギュスターヴ・ドレ  《赤ずきんちゃん(『ペローのおとぎばなし』より)》

日本では、森=山になってしまうが、ヨーロッパではもっと生活に身近な場として森が常に存在していた。それがよくわかる。
惜しむらくは、グッズ類が少ししかなかった。絵葉書もちょっとしかないし。この美術館、いつもそうなんだなあ。

展覧会の後は、近くのレストラン「テオドーラ」でランチ。
http://hwsa6.gyao.ne.jp/theodora/top.html
前菜のアンチョビのサラダだけでもボリュームたっぷり、メインは豚のソテー。とっても美味しかったです。


タグ:庭園美術館
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 7

コメント 6

そらへい

面白い切口ですね。
スタジオジブリも入れてあげて欲しいです。
>日本では、森=山になってしまうが
ほんとそうです。
平坦な森少なくて西洋の森はイメージしにくいですね。

by そらへい (2011-06-10 21:15) 

mami

そらへいさん、
>スタジオジブリも入れてあげて欲しいです。
ほんとですね。でも今回は、日本の作品はほとんどなかったんですよ(^^)。
日本では身近なところでは森と言うより、雑木林、と言うイメージが先に立ちますね。
by mami (2011-06-10 23:46) 

リュカ

うわーーー
これまた見たい!!!
アンリ・ルソーが来ているのですねっ
ちょっと遠いけど・・・行ってこようかな。
15日休みとってるし・・・
by リュカ (2011-06-12 19:44) 

mami

リュカさん、
楽しい展覧会でしたよ~。コンセプトがしっかりした展覧会は、面白いですね。
有名な作品はないですけど、作家は充実してますし。お庭も綺麗でお薦めです。
by mami (2011-06-12 21:09) 

とにお

庭園美術館、私も行きまして、興奮覚めやらず……
良かったですよね〜!
なんといっても図録『森と芸術』が買い!でした。
ジブリのもののけ姫の背景画もいくつも掲載されてたし、展示作品の絵柄もきれ、解説たっぷりあったので!大満足でした。
by とにお (2011-06-13 13:58) 

mami

とにおさん、
あんまり話題になってませんが、充実した展覧会でしたね。
図録も買われたんですね~。私はぱらぱら見ただけで買わなかったんですが、ジブリも載ってましたか!見逃しちゃった。
by mami (2011-06-14 00:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る