So-net無料ブログ作成
検索選択

五月花形歌舞伎昼の部 [舞台]

5月20日(日) 新橋演舞場

4月に続いて5月も花形。3月もいまいちだったし、演舞場の顔ぶれはどうしちゃったんだ。去年から襲名公演が飛び飛びに入って、その時だけは豪華だけど間がねえ。。。

一、西郷と豚姫(さいごうとぶたひめ)
仲居お玉  翫 雀                   
大久保市助  松 江                    
芸妓岸野  松 也                    
舞妓雛勇  児太郎                    
同心兵馬  吉之助                    
同心新蔵  薪 車                   
中村半次郎  亀 鶴                   
西郷吉之助  獅 童

池田大伍作の新歌舞伎。初見。
翫雀のお玉は、顔はよくないが気立てがよくて周りに慕われている様子がわかる。ほのぼのした中に人に言えない寂しさを漂わせる塩梅が上手い。笑いと涙が同居する、幕切れの寂しそうな笑顔が心に残る。

獅童は、西郷の人柄の大きさを出すのには苦労しているが、古典と違ってこういう新歌舞伎ではいつもの台詞の欠点も気にならない。今まで見た中でいちばん良い出来だったかも。

亀鶴の半次郎が一本気で血気に逸る若侍の雰囲気を上手く出した。
松也の岸野が芸者らしい色気のある様子を見せた。酔っ払いぶりはちょっと乱暴だが、綺麗どころらしい雰囲気。
児太郎は相変わらず台詞棒読み。

二、新歌舞伎十八番の内 紅葉狩(もみじがり)
更科姫実は戸隠山の鬼女  福 助                      
山神  愛之助                   
従者右源太  種之助                   
同 左源太  隼 人                    
侍女野菊  児太郎                    
腰元岩橋  吉之助                     
局田毎  高麗蔵                 
余吾将軍平維茂  獅 童

福助の更級姫は初見かなあ。前半の姫では艶やかで品の良い様子。踊りもしっとり上手い。後半の鬼女もやり過ぎ感もなくまずまず。ただ、姫でも鬼女でも声を作りすぎの感あり。
獅童の維茂も行儀良くなかなか。
種之助、隼人の若手コンビが従者できびきびした動きを見せた。
愛之助の山神も颯爽。

三、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
河内屋与兵衛  愛之助                      
お吉  福 助                 
豊嶋屋七左衛門  翫 雀                    
兄太兵衛  亀 鶴                    
芸妓小菊  松 也                    
妹おかち  米 吉                    
小栗八弥  児太郎                  
刷毛の弥五郎  薪 車                  
皆朱の善兵衛  宗之助                    
花車お杉  歌 江                  
山本森右衛門  錦 吾                  
河内屋徳兵衛  歌 六                    
母おさわ  秀太郎

叔父仁左衛門の当たり役に愛之助が真っ正面から挑んだ。二演目らしいが初見。観る前はあまり期待していなかったが、いや正直びっくりした。
仁左衛門のような隅々まで神経の行き届いた、様式美とさえ言って良いような完成度はないけれど、勢いがあり、わがままで子供っぽく自己中な所と残酷さと小心さが同居する様子がよく出た。若さゆえの向こう見ずと、ブレーキの効かない残虐さが見えて、殺しの場では戦慄を覚えるほど。凄味の中に色気もあって、この人いちばんの出来。この先当たり役になるだろう。

福助のお吉も商家のおかみさんらしい人当たりのよい様子と情のある雰囲気。子を思い死ぬ様子が哀れ。
殺しの場は普段より撒かれる油の量が多い気がした。なので二人ともずぶずぶ。福助お吉の死に顔なんて、油まみれで髪もぐちゃぐちゃで、女形なのに可哀想なくらい。

秀太郎の母おさわがさすがに上手い。夫の手前厳しくは言っても見捨てきれない息子への情を表し涙を誘う。
歌六の徳兵衛も義理堅く遠慮がちな様子がよく出て、勘当した与兵衛を門口で呆然と見送る姿に虚しさが表れた。
豊島屋で鉢合わせした二人が花道を肩を寄せ合い手を取って帰って行く姿に親のありがたさ、優しさ、哀れさが溢れていた。

勘雀が物堅い商人の様子。
亀鶴も真面目で出来の良い兄を好演。
米吉のおかちも可憐で健気で上々。
松也がここでも芸者の役というのは重なって気の毒だが、大人の色気のある様子を見せなかなか。先月の顔世以来好調。

観る前は、愛之助と福助で油地獄?う~ん、と思ったが、見終わってみれば大当たり。芝居は観てみないとわからない。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る