So-net無料ブログ作成
検索選択

初期浮世絵展 −版の力・筆の力− [美術]

千葉市美術館
tirasi.JPG
もうだいぶ前に終わってしまったのだけど、記事にするのを忘れていたので今さらながら。
江戸時代初期の浮世絵の誕生から、鈴木春信による錦絵の誕生まであたりを俯瞰する展覧会で、肉筆画の優美さ、木版画がだんだん多色刷りになっていく様子などがわかる。

4a.JPG
初代鳥居清倍 「金太郎と熊」
かわいい!まだ色数は少ない。でも線の力強さ、人や熊の表情の面白さ、筋肉のもりもりした様子などが魅力的。

1a.JPG
杉村治兵衞 「遊歩美人図」
こちらは墨摺に彩色をしたもの。着物の柄など細かくて綺麗。
私の場合、浮世絵を観る楽しみのかなりの部分が着物の柄を見ることなので、素敵な着物を見るとうっとり。

2a.JPG
懐月堂安度 「立美人図」
肉筆。懐月堂安度の絵は、線が太めではっきりしていて、安定感があり、肉筆ならではの色使いが美しい。今回安度やその周辺の画家の肉筆画がかなり見られて楽しかった。

3a.JPG
石川豊信 「佐野川市松と瀬川菊之丞の相合傘」
紅摺絵。まだ多色刷りの錦絵まではいかない、あと一歩。でもこれでも十分綺麗。

歌麿や写楽、北斎などに比べるとまだ素朴な感じもするけど、初期の浮世絵も十分楽しい。浮世絵の発達の様子も知ることができて良い展覧会だった。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る