So-net無料ブログ作成

翔之會 [舞台]

8月8日(月) 
国立能楽堂

今年で三回目。富十郎さんの長男鷹之資と長女の愛子の勉強会。

一、仕舞 杜若     中村鷹之資

一、長唄 汐汲  立方 渡邊愛 子

一、長唄 助六  立方 中村鷹之資

昨年は女形舞踊の「藤娘」に挑戦したが、今回は全て拵えなしの素踊り。
仕舞の「杜若」についてプログラムで鷹之資君は「お仕舞いで初めて女を勤めます(中略)今回の経験が、いずれ「船弁慶」の静をする時にとても重要になると信じて勤めます」。船弁慶と言えば、お父様の当たり役の一つ。いずれは勤めなくてはいけない演目。そういうことをちゃんと意識してやっているのが頼もしい。

お仕舞いでは謡も披露、昨年も感心したが朗々と良く声が出ていた。仕舞についてはよくわからないが、行儀良く丁寧に踊っていた。

愛子ちゃんもすっかり大きくなって、美少女に成長。汐汲みという恋する女性の踊りに挑戦。精一杯背伸びしてがんばってた。

長唄舞踊「助六」、端正で、すっきりとして見事。もちろん素踊り。小道具は傘だけの逃げの効かない踊りに真っ正面から取り組む姿勢にも感心した。

鷹之資君は今高2。後数年もしたら襲名の話も出てくるだろう。それを見据えて真面目にしっかり精進しているのが感じられて嬉しかった。もう声変わりは終わったのかしら。少しずつ歌舞伎の舞台の出演も増えてきているみたい。がんばってほしい。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 2

TaekoLovesParis

昔、富十郎さんの矢車会には行っていました。歌舞伎の舞台とは違う家族的な雰囲気で、お客様と舞台が一体になる感じでした。
愛子ちゃんも大きくなったのですね。鷹之資くんの成長も楽しみですね。
by TaekoLovesParis (2016-08-19 21:10) 

mami

Taekoさん、
矢車会は最後の一回しか拝見できませんでしたが、富十郎さんの弁慶にまだ小さかった鷹之資君の義経で勧進帳を見られたのは幸せでした。
幼くして父親を亡くして大変だろうと思いますが、鷹之資君がしっかり成長しているのが頼もしいです。先が楽しみですね。
by mami (2016-08-20 21:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る