So-net無料ブログ作成
検索選択

鈴木其一展 [美術]

サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_4/index.html

江戸琳派を代表する酒井抱一の弟子であり、さらに開花させた其一(1796-1858)の回顧展。
これまで琳派展、抱一展の中で多く観てきたが、其一が主役の展覧会はそういえば初めてかも。
今までは実を言うと、抱一に比べるとやっぱり弟子よね~、なんて失礼なことを思っていたが、今回まとまって観ると、師を踏襲しながらももっとデザイン性に富んだ新たな江戸琳派の世界を開拓したのだと感じることができた。

1a.JPG
藤花図
こういうのを観ると抱一の系統だな、と思うが抱一はもう少し写実の中の優雅さ。其一は何というか「デザイン」の面白さ。

2a.JPG
水辺家鴨図屏風
普通屏風に描く鳥と言えば鶴とか鷺とか華やかなのが多いが、これは鴨。気取った様子もない鴨の群れを金箔地に描く不釣り合いの面白さ可笑しさ。表情も剽軽で可愛い。

3a.JPG
朝顔図屏風
これはもう見事に光琳の燕子花図の本歌取り。金箔に紺と緑のみの潔さ。幾何学的とさえ思える光琳の花の並べ方に比べると、ずっと自由で動的なのが違う。

早くから師に認められ、師の没後は一派を率いる立場となり、晩年まで存分に腕を振るった豊かな画業。
他の展覧会で見た絵も多く、初見は思ったより少なかったが十分に楽しめる。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

ぶんじん

私も観てきました。ユニークさとしゃれっ気、いいですね。師匠たちもすばらしいけど、鈴木其一さん、オリジナリティがあって。
by ぶんじん (2016-09-22 11:27) 

mami

ぶんじんさん、
素敵な絵ばかりでしたね!ほんと、洒落たセンスが素晴らしい。江戸琳派って格好いいなあ、と思いました。
by mami (2016-09-22 21:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る