So-net無料ブログ作成
検索選択

新橋演舞場 壽新春大歌舞伎 夜の部 [舞台]

1月16日(月) 
この日は通しで。今月は興行が多くて日程のやりくりが大変。

一、源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)
義賢最期木曽先生義賢   海老蔵
矢走兵内    猿弥
小万     笑三郎
待宵姫    米吉
九郎助    市蔵
葵御前    右之助
下部折平実は多田蔵人   中車

通しの疲れか、前半爆睡。いや、疲れもあるけど、何故か海老蔵の台詞を聞いてると睡魔に襲われることが多い。α波でも出てるのか。。。?後半は豪快な立ち回り。と言いたいところだが、ううん?確かに派手に動いているのだが、キレが良くない。なんだろうなあ。特に見せ場の仏倒れがね、躊躇がある感じで。台詞がダメな海老蔵が動きで見せなかったら、何が残るんだよ。

笑三郎の小万がしっかり者で情に篤い様子が素敵。えみさぶさんの女房役って好きだわ。
中車の折平が、義太夫味がしっかり増してきていて感心。
市蔵の九郎助がいかにも正直者の田舎の百姓という感じ。
米吉は可愛いお姫様。折平とのいちゃいちゃも、ツンデレで可愛い。


二、三代目市川右團次襲名披露 口上(こうじょう) 右近改め右團次
幹部俳優出演
仕切りは梅玉さん。猿之助襲名もずっと梅玉さんだったが、考えてみるとなぜなんだろう。普段は共演も少ないのに。
右近ちゃんも立派にご挨拶。最後の「よろしくお~願い申しあ~げます~」が芝居がかっていてかわいかった。
 
河竹黙阿弥 作
松岡 亮 補綴
三、錣引(しころびき)
摂州摩耶山の場
順礼七兵衛実は悪七兵衛景清   右近改め右團次
三位中将重衡   友右衛門
伏屋姫    米 吉
木鼠次段太  九團次
平経盛    寿 猿
天上寺住持  家 橘
虚無僧次郎蔵実は三保谷四郎  梅 玉

ストーリーはあるようなないような、まあどうでもいい。というか、はっきり言ってよくわからなかった(苦笑)。巡礼と虚無僧が出会うが、実は二人とも、、、という歌舞伎ではよくある設定。
でもその出会いの前に寺の山門の上でほかの登場人物が出てくるのがかえって複雑だった。まあ、米吉がかわいかったからいいか、というくらい。
右團次は豪胆な様子を見せる。でも昼の部ほど大暴れするわけではないので、ちょっと物足りない。ま、昼も夜も大立ち回りはしんどいよね。
梅玉がはじめ巡礼、あとは義経みたいな鎧姿に。颯爽とした武者ぶりはさすが。でも見どころ少なくてもったいない。梅玉さんの無駄遣い感は否めない。

四、猿翁十種の内 黒塚(くろづか)
老女岩手実は安達原の鬼女  猿之助
山伏大和坊   門之助
強力太郎吾   猿 弥
山伏讃岐坊   中 車
阿闍梨祐慶   右近改め右團次

夜の部はこれを見に行ったといっても過言ではない。
猿之助の岩手はもはや代表作ともいえる。
第一幕でのわびしさと不気味さ。身の上話の悲しさは深々と外の寒さ以上に胸に冷たいものを注ぎ込む。だが圧巻は第二幕、月に照らされて一人踊るところ。老いの体で、しかし心の浮き浮きが足取りに表れ、こんな自分も救われるという希望に文字通り舞い上がる気持ちで月の光と戯れ踊る。その童女のような愛らしさ。それがやはり裏切られたと知って鬼になる。その怒りの激しさと裏腹の虚しさとに一番苛まれるのは他ならぬ岩手本人だ。怒りが激しければ激しいだけ、心の闇が深くなる。最後に阿闍梨たちに祈り伏せられて岩手は、いや鬼女は無念と思ったか、やっと死ねると思ったか。

猿之助の踊りはもちろん技術的にも素晴らしく、身体能力のすごさを見せつける。でもそれだけでなく岩手の心の動きが体の動きとシンクロして、伝わってくる。特に面白いのは鬼女の禍々しさがたとえ陽気に踊っているところでも決して消えないことで、これはほかの誰にもまねできない。ただずっと息を詰めてみてしまう。
最後はとにかく凄いものを観た、という感想しか出てこない。でもその凄さは歌舞伎舞踊の範疇を超えているような気がする。例えば富十郎さんや三津五郎さんの素晴らしい踊りを見た後の感動とは種類が違うように感じるのだ。そこに凄いけど好きか嫌いかと言われると、1割くらい嫌い、な感情が交じる所以。

猿弥の強力がコミカルさと、軽薄さを見せる。動きの素早さと切れの良さ。あの体形でよくああ踊れるなあ、などと思わず失礼なことを考えてしまう。本当に達者な人だ。

右團次の阿闍梨が落ち着きと深い思慮を感じさせる。錣引よりこちらのほうが襲名らしくて良かった。
門之助は手に入った役。
中車が健闘。昼のお公家さんと云い、あまり台詞の多くない役でそれらしく、歌舞伎役者として舞台にいておかしくない立ち居振る舞いが身についてきた。 
            

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る