So-net無料ブログ作成

日本画の教科書 京都編展 [美術]

山種美術館
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/nihonga.html

日本画、特に明治以降の作家のコレクションで知られる山種の所蔵品の中から選りすぐりのものを、京都画壇と東京画壇に分けて見せる展覧会の、まずは京都編。教科書と謳うだけあって、京都画壇を代表する画家たちの名品がずらりと並ぶ。

hanbyou.jpg
竹内栖鳳「班猫」
毛並みのリアルさもさることながら、目に引き込まれそう。妖しい光を放つ魔性の猫の瞳。栖鳳はほかにも数点あり、生物の絵はどれも写実を超えて生き生きとしている。

img161210-02.jpg
上村松園「牡丹雪」
松園の女性はどれも清らかで美しい。現実にはいそうでいない理想の女性という感じがする。

A0229-062_b.jpg
福田平八郎「筍」
この展覧会、平八郎も多く見られたのが個人的にはうれしかった。日本画の感覚とモダンデザインが見事に融合した平八郎の絵が好きだ。この「筍」も写実的に描かれた筍と地面に散った葉の幾何学模様に近い背景のコントラストが端正で美しい。

この他、村上華岳《裸婦図》、土田麦僊《大原女》といった名作が並ぶ。京都画壇と東京画壇の違いは、東京のを観ないとわからないが、そんなことはともかくどれも見ごたえがあって、美しく、楽しい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る