So-net無料ブログ作成
検索選択

二月花形歌舞伎 昼の部 [舞台]

2月21日(火) 松竹座
1702松竹座.jpg

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
渡海屋
大物浦
渡海屋銀平実は新中納言知盛   松也
女房お柳実は典侍の局     壱太郎
入江丹蔵    右近
相模五郎    種之助
源義経     新悟
武蔵坊弁慶   歌昇

松也大健闘の知盛。うん、しかし難しい役だな知盛って、と改めて。松也は銀平は颯爽としてまずまず。最難関は知盛と改まっての出。位取りが難しい。見た目は美しいが、能掛かりにも苦心。手負いとなってからはとにかく必死。それはわかる。でもその必死が生々しく、義太夫狂言の芝居でない。
でも去年の浅草以来松也にはずっともやもやしていたけど、それを払拭する知盛ではあった。課題も見えたと思うので頑張ってほしいな。

壱太郎はおりうより典侍局の方が良かった。世話女房のおりうって実は結構難しいのかも。もちろん、仕方話などきちんとやっていたけど、なんというか、女房らしい生活感のようなものがもう少し出てほしい。一方、局としては位の高さ、幼い帝への愛情をしっかり見せて立派。宮中にいたころの華やかな生活をしのばせるあでやかさも。こと切れる前、帝の顔を愛おしそうに見守り見守り息絶えたのが印象的だった。あの局は知盛とできてないな。死ぬ前にほとんど知盛を見なかった。

新悟の義経が、凛々しく、御大将の落ち着きと、同じ武将として知盛への敬意も見せて上々。新悟ちゃんは声が良いから、立ち役でもあまり線の細さを感じない。幕切れ、知盛への悼みと安徳帝へのいたわりの表情が静謐さの中に感じられて胸を打つ。

種之助の相模五郎、渡海屋では目一杯背伸びして悪役面してるのが、悪いけどかわいくて,ニコニコしてしまう。放り出されてからの魚尽くしがコミカルで楽しい。右近君との息もぴったり。御注進は小さい体を思いっきり大きく使ってきびきびと。力強くて颯爽。

右近の入江も渡海屋では剽軽な味を見せ、二度目の出では注進と立ち回りを颯爽と見せながら壮絶な最期を遂げる。そういえば今月は立ち役ばかり。女形も見たいなあ。

歌昇君弁慶は、貫禄不足は否めない。夜は抑えめだった顔芸が。。。あはは。ほら貝、ほとんど音が出ず。もうちょっと練習してね。

二、三人形(みつにんぎょう)
若衆   梅枝
奴    種之助
傾城   新悟

スッキリ男前な梅枝君、ほっそりしとやかな新悟君、コロコロ元気いっぱいな種ちゃん、とそれぞれ役に似合って華やかな舞台。三人とも特長が出て楽しい。でもやっぱり種ちゃんの踊りが一番!タップみたいな足拍子やぎばなど見せ場たっぷりで、客席も沸いていた。何より、本人がそれは楽しそうに踊っていてそれがこちらにも伝わってくる。見ていて幸せな気分にしてくれる。梅枝君新悟ちゃんも美しくてほんとに良い打出し。

三人形と連獅子は東京だったら幕見に通うな~。もっと見たかったわ。

今月の松竹座やおととしの南座の花形に比べると、この頃の正月の浅草はぬるく感じる。あんまり必死でやってる感じがなくて、そうでなくても客が入ってるし、っていう。去年も今年も、もう来年の浅草は見ないでいいかな、と思ったくらいだった。だから今月のような、アウェイでの公演は貴重。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る