So-net無料ブログ作成
検索選択

雪村展 [美術]

東京藝大美術館
http://sesson2017.jp/index.html

雪村は15世紀末に常陸国で生まれ、東国で生きた戦国時代の画家。実力の割に知名度が低いのは関東にいたからで、当時の中央だった京などにいればもっと高い評価を得ていただろうとのこと。私などは無知で、雪舟の弟子とか子孫とかなのかと思ってたくらい。すみません。
知名度が低いと言ったけど、それは一般の話で、あの尾形光琳なども雪村の絵を模写したり、インスピレーションを得た絵を描いていたり、明治以降でも橋本雅邦や、狩野芳崖なども模写をするなど、後世まで影響を与えている。
若冲、蕭白などいわゆる「奇想の画家」の元祖のようにも言われているらしい。

1a.jpg
呂洞賓図(りょどうひんず)
チラシ、ポスターにもなっているこれなど「奇想」と呼ばれる所以か。波風渦巻く中に龍の頭の上に立つ仙人。異様なポーズ、表情。なんともインパクトの強い絵だ。なぜか手指の毛まで描き込まれてある。雷鳴と龍の鳴き声が聞こえてきそう。足下の波の描写も不思議。

でもこういう「変な」絵ばかりでなく、伝統に則った風景画山水画もある。

3.jpg
金山寺図屏風
茫洋とした背景と、精緻に描き込まれた寺の建物。よく見るとどういう地形なのかよくわからない。この建物のそこかしこに人物が描き込まれているのが楽しい。
他の山水画でもほとんどに人がいる。荷を負って歩いていたり、釣りをしていたり、人と語らっていたり。そういう人物が絵に生命力を吹き込むように見える。

そう、雪村の絵は、まなざしが温かい。人間にしろ、動物にしろ、雪村の優しさを感じる。

2.jpg
猿猴図
猿がカニを捕らえようとしている。後ろでは猿の仲間達が声援を送っている。いわば猿蟹合戦。なんともユーモラスで楽しい。

どの絵も確かな技術と、柔軟な心で描かれたのが感じられる。とてもすがすがしく、面白く楽しい。

雪村の絵以外にも、影響を受けた光琳や、明治の画家の模写や作品も展示されて、脈々と受け継がれた雪村スピリットのようなものが見えて、それも楽しい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る