So-net無料ブログ作成
検索選択

松竹座五月花形歌舞伎・昼の部 [舞台]

5月4日(木) 松竹座

日にちもたってしまったので、メモ程度に。

一、戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)
浪花の次郎作  中村 勘九郎
禿たより     中村 児太郎
吾妻の与四郎  中村 歌昇

踊り上手の勘九郎と一緒に踊るなんて、歌昇君大丈夫か、とちょっと心配したが,頑張って踊ってた。おばちゃん胸熱。もうちょっと柔らかさが出るとなお良いけど。
勘九郎はさすがにきっぱりと大きな動きで見栄えがする。
児太郎は膝を折って小さく見せて愛らしい。でもコタちゃんは意外と大人っぽいので禿より芸者なんかの方が似合うなあ。

二、金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)
大喜利所作事 双面道成寺(ふたおもてどうじょうじ)
市川猿之助宙乗り相勤め申し候
清姫
藤原忠文
白拍子花子実は清姫の霊    市川 猿之助
狂言師升六実は忠文の霊

北白川の安珍実は文珠丸頼光   中村 勘九郎
七綾姫     中村 七之助
田原藤太    中村 歌昇
能力白雲    市川 弘太郎
およし実は侍女桜木   市川 笑三郎
寂莫法印    市川 猿弥
如月尼     市川 門之助

今月の公演中に宙乗り1000回を達成した猿之助得意の演目。
女形の清姫、立ち役の忠文、どちらも嫉妬の念に取り憑かれた様が狂気にかられて恐ろしい。所作事の 双面道成寺ではその二人を軽々と行き来しつつ踊る妙技を堪能。

役の格から言うと勘九郎七之助がやるような役ではなさそうだが,頼光と七綾姫を二人が楽しそうに付き合う。。特に勘九郎のこういう貴公子みたいな役ってどちらかというと珍しいので面白かった。あら、意外と似合うじゃん、王子様風な役も。七之助の姫は文句なしに綺麗で楚々として、でもちょっとツンとしてるところがお似合い。
回りは澤瀉屋の面々が手堅く務める。笑三郎さんのこういうお役、好きだわ。
双面道成寺の押し戻しに歌昇。荒事大好きなのが体中からあふれてて微笑ましい。


夜の部は野崎村だけ幕見。

新版歌祭文
一、野崎村(のざきむら)
お光   中村 七之助
久松   中村 歌昇
お染    中村 児太郎
後家お常  坂東 竹三郎
百姓久作  坂東 彌十郎

七之助のお光は再演。婚礼を前にしてうきうきする様子から一転してお染の登場に焼き餅を焼く姿もかわいらしい。そして幕切れの尼になったお光のいじらしさ悲しさが切々として哀れ。
歌昇の久松、こういう役を見たことがなかったが、優柔不断で見ていてイラッとする男(の子と言うべきか)にちゃんとなっていて、ほうほうほう。うん、この手の二枚目似合うんじゃないかと思ってたんだよね。これからも挑戦してほしい。役の幅を広げるのは良いこと。
児太郎のお染も,いかにもお嬢様のおっとりともの知らずな様子で、でも久松が好きで好きでという感じが良く出ていた。児太郎にはお光もやってほしい。

本当は、猿之助にも中村屋兄弟にももっと古典をやってほしくて、この演目が発表になったときは不満だった。まあお互いに得意なものを大阪でも、ってことなんだろうな。次はちゃんと義太夫狂言も見せてほしい。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る