So-net無料ブログ作成
検索選択

團菊祭五月大歌舞伎昼の部 [舞台]

歌舞伎座

一、梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり )
鶴ヶ岡八幡社頭の場
梶原平三   亀三郎改め彦三郎
俣野五郎   亀寿改め坂東亀蔵
剣菱呑助   松緑
奴菊平    菊之助
山口十郎   巳之助
川島八平   廣松
岡崎将監   男寅
森村兵衛   橘太郎
梢       尾上右近
六郎太夫   團蔵
大庭三郎   彦三郎改め楽善

昼の襲名披露狂言。
新彦三郎は梶原でも朗々たる美声を惜しげもなく聞かせる。爽やかで実のある武士。派手さはないが手堅くきっちりやっていて好ましい。台詞に関しては本当にいい声で聞き惚れるが、これからは緩急とか強弱とかメリハリがつくともっと良くなるかと。ずっと同じ声色ではいい声でも飽きる。美声と名調子は違う。ここが彦三郎さんの今後の課題の一つだろう。
楽善の大庭が大名らしい貫禄の中に、嫌みさをにじませる。
亀蔵の俣野が軽薄な若者らしい勢い。

團蔵が情のある老父、娘への愛情と,気概を見せる。
右近の梢が可憐。

菊之助と松緑がごちそう。特に松緑は普通は酒尽くしのところを襲名に因んだ内容で心温まる。
全体にバランスの取れたいい舞台だった。
おまけ、菊十郎さんが牢役人で元気な姿を見せてくれたのもうれしかった。
     
義経千本桜
二、吉野山(よしのやま)
佐藤忠信実は源九郎狐  海老蔵
逸見藤太   男女蔵
静御前   菊之助

全編竹本。舞台装置も普通と違っていて、竹本の前奏が終わると背景が割れて奥から静が出てくる。以前玉三郎がやったのと同じような感じか。でも玉様がやはり竹本だけでやったときは、本行通り女雛男雛がなかったが今回はあったりと全部同じではないようだった。

菊之助の静は綺麗だけれど、いまいち色気が不足。まさかに女武者を強調しているわけではないだろうが、白拍子の色気や、義経を慕う恋心などがあまり感じられなかった。
海老蔵の忠信は,颯爽として男前。でも狐の本性の見せ方が可愛くなかった。これは愛嬌で見せてほしいところ。
男女蔵の藤太はきっちり。もうちょっとはじけてもいいんじゃない、くらい。
菊海老は美しくて絵になる。でもなんかそれだけだったな、な吉野山。う~ん、未来の團菊がこれでは困る。

新皿屋舗月雨暈
三、魚屋宗五郎 ( さかなやそうごろう )
魚屋宗五郎   菊五郎
女房おはま   時蔵
磯部主計之助   松緑
召使おなぎ   梅枝
酒屋丁稚与吉   初お目見得寺嶋眞秀
岩上典蔵    市蔵
小奴三吉    権十郎
菊茶屋女房おみつ   萬次郎
父太兵衛    團蔵
浦戸十左衛門  左團次

近頃菊五郎の文七元結やこの魚屋宗五郎なんかを見ると、無性に泣ける。なんだかほんとにしみじみしてしまうんだよね。可笑しくて悲しくて愛おしくて、ほろっとくる。サラサラと流れるようで、ところどころにぐっとくる。上手いってこういうこと。まさに超一級芸術品。
時蔵のおはまも、菊五郎の息を心得てピタリと寄り添う女房振りが心地良い。やっぱりこのお二人はゴールデンコンビ。
権十郎の三吉も軽さと情があっていい案配。
梅枝のおなぎが行儀良く程がいい。
團蔵の太兵衛も手堅い。今月は石切梶原の六郎太夫と親父役二つで良い味だが、ちょっとついてしまった感はありもったいない。

眞秀ちゃんの丁稚は、一人で花道を出てきてまた引っ込んでいく大役。しっかり台詞も大きな声で言えていた。ただ月初より月末の方が台詞にちょっと癖がついてしまっていたのが気になった。誰か直してあげてほしいけど。

今年の團菊祭は、襲名だの初お目見えだの何のかんのあってもやっぱり菊五郎健在を印象づけた。親父様あっての音羽屋。まだまだ若手には譲りませんぜ、と言う自信みなぎる舞台。菊五郎万歳。

IMG_20170526_004648.jpg
今月の祝幕。派手さはないが品が良くて良いデザイン。坂東ご一家に似つかわしい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る