So-net無料ブログ作成
検索選択

六月花形新派公演 黒蜥蜴 [舞台]

三越劇場
kurotokage.jpg

原作 江戸川乱歩
脚色・演出 齋藤雅文

明智小五郎 喜多村緑郎
黒蜥蜴 河合雪之丞
雨宮潤一 秋山真太郎 (劇団EXILE)
岩瀬早苗 春本由香
片桐刑事 永島敏行

元歌舞伎役者の市川月之助が 喜多村緑郎に、同じく市川春猿が河合雪之丞となって新派に移籍してから初めて舞台を見に行った。普段新派ってあまり関心が持てなくて、今までほとんど見ていなかったんだけど、これはなんだか面白そうと思って。

とにかく、主演の二人が素晴らしく役にはまっていた。
緑郎の明智はダンディでスマート、とにかく現実にはいなさそうなかっこよさ。見ていて思ったのは、歌舞伎の二枚目と言うより宝塚の男役。女から見た理想の男。そういう明智を緑郎が嫌みなくすっきりと演じてみせる。

一方の雪之丞の黒蜥蜴も、妖しさと艶やかさで舞台を支配し、時には冷酷に、時には素顔を覗かせて女のかわいさも見せ、役にぴったり。女形ならではの造形になっていたように思う。衣装も着物からドレスまでゴージャスでよくお似合い。

二人がお互いに挑発し合い、敵対しながら惹かれ合う、メロドラマとしても見られて、最後は切ない。

乱歩の耽美的で退廃的な世界の雰囲気も良く出ていて、一方で展開はスピーディで飽きさせない。派手なアクション・シーンもあり、筋を知らないせいもあって、次はどうなるのかとわくわくしながら見ることができた。また客席通路を役者が頻繁に通ったり、歌舞伎の見得やだんまりのような演出もあって楽しい。これも二人以外にも歌舞伎から移籍した役者さん達の影響かしら。

秋山真太郎という人は初めて見たけど、一見クールで、しかし黒蜥蜴を慕う一途な男を演じてこちらもかっこいい。
春本由香は歌舞伎の尾上松也の妹で去年新派から女優デビューしたばかりらしいが、富豪のお嬢さんのかわいさと小生意気な感じがあってなかなか。
テレビではおなじみの永島敏行の刑事も存在感。

会場の三越劇場にもクラシカルな雰囲気が良くマッチしていて、最後の場面などは劇場の内装がそのまま舞台のセットのようになっていて、観客がその場にいるような錯覚にもなる素敵な美術。

普段の新派の舞台とはもしかするとずいぶん雰囲気が違うのかも。少なくとも私がイメージしている新派の古くささは全くない、とてもスタイリッシュで、まるで小劇場の芝居のようなのりの良さ。新しい新派の財産になりそう。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る