So-net無料ブログ作成

ファッションとアート 麗しき東西交流展  [美術]

横浜美術館

明治以降、急速に日本に入ってきた洋装文化。反対に、西洋には日本の着物や工芸品が伝わり、ジャポニスムとしてブームともなり、洋服のデザインに取り入れられるようになった。
このようなファッションにおける和洋のデザインの交流に注目する展覧会。衣服だけでなく、アクセサリーや食器といった工芸品、さらに洋装の婦人を描いた絵画などもあって、多岐にわたる展示はどれも美しく楽しい。

明治の洋装と言えば鹿鳴館。というように洋装は上流階級から取り入れられた。特に皇室は正装が洋装に規定されて、皇后以下急速に洋装化した。

chapter02_01.jpg
「昭憲皇太后着用大礼服」1910年頃(明治末期)
大礼服だからいちばん正式なドレス。このマントの豪華さときたら、目を見張るもので、デザインと言い刺繍の細やかさといいため息もの。

chapter02_02.jpg
月岡芳年「風俗三十二相 遊歩がしたさう 明治年間 妻君之風俗」1888(明治21)年
こちらは庶民が洋装を始めた頃の絵だろうか。背景や技法は浮世絵そのままなのに風俗が洋風なのが楽しい。

chapter03_01.jpg
シャネル「イヴニング・コート」1927年頃 
こちらは反対に日本の着物にインスピレーションを受けてシャネルがデザインしたもの。色合いや、蒔絵のような織りが繊細で素敵。

chapter03_02.jpg
ルネ・ラリック「チョーカーヘッド《菊》」1900年頃
ジャポニスムの影響が見えるラリックの作品。そういえば西洋美術ではあまり菊って見ないかも。

このように、一方的に日本が西洋から輸入したのではなく、日本のモチーフや技術が西洋のファッションにも影響を与えたんだなあ、と感心。
まあそれにしてもああいうドレスは一体お値段はどれくらいだったのかしら、などと下世話なこともつい考えてしまった。刺繍とかビーズとか手の込んだ逸品もの、庶民には手が届かなかっただろうなあ。

DCrWOsjVoAAlWid.jpg large.jpg
この一画のみ撮影可能でした。奥のドレスが好きだったな。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る