So-net無料ブログ作成
検索選択

秀山祭九月大歌舞伎・昼の部 [舞台]

9月25日(日) 歌舞伎座

1609b1.JPG

千穐楽。昼の部は今月二回目。
初代吉右衛門の芸を継承するために始まった秀山祭も回を重ねて10回目。早いものだなあ。

一、碁盤忠信(ごばんただのぶ)
佐藤忠信  染五郎
塩梅よしのお勘実は呉羽の内侍  菊之助
右平太   歌昇
左源次   萬太郎
三郎吾   隼人
小車の霊   児太郎
横川覚範   松緑
小柴入道浄雲    歌六

荒唐無稽で筋があってなきがごとき芝居は歌舞伎にはたくさんあるから驚きはしないが、これはほんとにわけがわからないというか。最初のだんまりの場面なんて後に全く繋がらないし、必要ないんじゃない?
染五郎は珍しい隈を取った顔が凛々しく立ち回りも颯爽。だが、まあ見所と言えばそれだけ。
珍しく三枚目がかった敵役の歌六も不発気味。菊之助共々無駄使い。
児太郎の幽霊がすうーっと出てきて消える感じがよく似合う。
松緑が押し戻し的に付き合う。

二、太刀盗人(たちぬすびと)
すっぱの九郎兵衛   又五郎
田舎者万兵衛   錦之助
従者藤内    種之助
目代丁字左衛門   彌十郎

すっかり九郎兵衛が持ち役になった又五郎。悪人だけど滑稽で可笑しさの溢れる様子がぴったり。そしてもちろん踊りは上手い。わざと下手そうな感じに踊ってるけど、あれは高等技術。又五郎さんの踊りは気持ちいい。
錦之助の万兵衛も田舎者のちょっと抜けた感じが上手い。こちらは踊りは楷書の趣で行儀良くきっちり。二人の対称が出て良い。
彌十郎の目代がとぼけた感じで良い味。
種之助の従者も柔らかみがあってきちんとしてるのに可愛い。

三、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
檜垣
奥殿
三代目中村吉之丞襲名披露
一條大蔵長成  吉右衛門
吉岡鬼次郎   菊之助
お京    梅枝
八剣勘解由   吉之助改め吉之丞
鳴瀬   京妙
茶亭与一   橘三郎
常盤御前  魁春

また大蔵卿、と思ったけど、秀山祭でやるのはそういえば初めてだったのね。
吉右衛門の大蔵卿は、檜垣での阿呆の可愛らしさにいっそうの磨きが掛かって、天然というか、実にフリーダム。癒されるわ~。
奥庭での本性を見せてからは、前回までは作り阿呆として生きる悲しみが強く出ていたが、今回はもっと自由というか、源氏の再興は願っているけど、そうなったからと言って今の阿呆の生活の方が楽でいいじゃん、って思ってないか?と言う節を50%くらいは感じた。「ただ楽しみは狂言舞」が嬉しそうで。
忠義一途に凝り固まった鬼次郎を励ましつつも、自分はもうそういう生き方はできないな、と思っているような。。。諦めとは違う、もっと柔らかい、しなやかさとしたたかさを感じた今月の大蔵卿だった。

魁春の常磐御前も確かな位取りの高さと、悲劇の女性の悲しみ苦しみを見せながら、凛とした強さ気高さがあってとても素敵だった。

菊之助の鬼次郎は、ひたすら源氏に忠義を尽くすがゆえに常磐が許せないと言う、やや直情径行な男の真っ直ぐさがある。常磐と大蔵卿の真の姿を知ってからのひれ伏す様子との落差がよく出た。「ははぁっ!」とかの返事の声がいつになく力が入ってたのは、舅との共演が嬉しいのかな、なんて思ったりして微笑ましい。

梅枝のお京も行儀良く、こちらも武士の妻らしい意志の強さを感じさせた。菊之助との相性も良い。

勘解由は吉之丞を襲名した吉之助。もうちょっと図太い悪人面を出してほしい気もしたが、きっちり手堅く。
京妙が鳴瀬で、しっかり者の奥女中らしい様子。昔は先代吉之丞の持ち役だったなあ、と思い出してしんみり。

鈴木其一展 [美術]

サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_4/index.html

江戸琳派を代表する酒井抱一の弟子であり、さらに開花させた其一(1796-1858)の回顧展。
これまで琳派展、抱一展の中で多く観てきたが、其一が主役の展覧会はそういえば初めてかも。
今までは実を言うと、抱一に比べるとやっぱり弟子よね~、なんて失礼なことを思っていたが、今回まとまって観ると、師を踏襲しながらももっとデザイン性に富んだ新たな江戸琳派の世界を開拓したのだと感じることができた。

1a.JPG
藤花図
こういうのを観ると抱一の系統だな、と思うが抱一はもう少し写実の中の優雅さ。其一は何というか「デザイン」の面白さ。

2a.JPG
水辺家鴨図屏風
普通屏風に描く鳥と言えば鶴とか鷺とか華やかなのが多いが、これは鴨。気取った様子もない鴨の群れを金箔地に描く不釣り合いの面白さ可笑しさ。表情も剽軽で可愛い。

3a.JPG
朝顔図屏風
これはもう見事に光琳の燕子花図の本歌取り。金箔に紺と緑のみの潔さ。幾何学的とさえ思える光琳の花の並べ方に比べると、ずっと自由で動的なのが違う。

早くから師に認められ、師の没後は一派を率いる立場となり、晩年まで存分に腕を振るった豊かな画業。
他の展覧会で見た絵も多く、初見は思ったより少なかったが十分に楽しめる。

東洋・日本陶磁の至宝展 [舞台]

出光美術館
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

index_ph005.jpg

このところちょっと焼き物付いている。この日は出光美術館へ。
開館50周年記念展の一環で、コレクションの中から陶磁器の名品を集めている。

まず入り口入ってすぐにど~んと置かれた仁清と中国の壺に目を見張る(チラシの2点など)。仁清の色絵の鮮やかさ、中国の青花の品格ある堂々とした美しさ。
突端にいちばん良いのを持ってきて度肝を抜く。やるな出光。

その後はカテゴリー毎に順番に。東洋と言いながら朝鮮が少ないのはコレクターの趣味だろうか。朝鮮陶磁好きな私としては、ちょっと物足りない。

中国陶磁では唐三彩から景徳鎮の名品など。一口で言っても2万年以上(!)という中国陶磁の歴史を少ない展示で見るのは無理があるが、唐三彩のユニークさ、景徳鎮の官窯らしい権威を感じる立派さ、と様々。

1a.JPG
青花紅彩龍文瓶 一対
景徳鎮窯
中国 清「大清乾隆年製」銘
宮廷を飾るに相応しい豪華さ。技術の緻密さ、柄の華やかさ美しさ。堂々たる王朝の官窯の自負が感じられるようで圧巻。

たいして日本は繊細。鍋島のような藩窯はあるが、献上品より茶の湯に用いられたような逸品ものが美しい。ここでも古九谷から古唐津、乾山らの京焼、志野、織部。。。そしてもちろん伊万里。伊万里は輸出用も多く作られて、日本には珍しい金襴手が豪華。

2a.JPG
色絵菊文大皿
古九谷 江戸時代前期
直径50センチ近い大皿。九谷らしい色使いが美しく、これだけの大皿ながら品が良い。

茶道具の章にも名品がずらり。
私には井戸茶碗や三島のようなものの良さはまだよくわからない。名品って言うんだから良いんだろうな、くらい(苦笑)。同じく楽茶碗もわからないが、わからないなりに楽は良いなと思う。特に黒の底光りするようなのは。

3a.JPG
黒楽茶碗 銘 此花
道入(ノンコウ)
江戸時代前期
楽家三代ノンコウの作。中央の釉薬を掛け残して白く浮いたところを梅の花に見立てた銘。黒いのに、何故か清らかさを感じる。

そして展示の最後は明治から昭和にかけて活躍した板谷波山。以前はじめて波山の器を出光で見た時は驚いた。こんな焼き物があるのか、と。ほぼ同時期の河井寛次郎らとは対称的とも思える技巧を凝らした作品。

こういう名品を次々に見ると、わからないなりに器って良いなあ、としみじみ思う。そしてその一方で、こういうののコレクターは始めたら引き返せないんだろうなあ、とも思う。無縁でよかった、なんてね。

焼き物好きには必見。興味ない人も一度観ておいて損はない。

河井寬次郎と棟方志功展 [美術]

千葉市立美術館

最終日に駆け込みで。

柳宗悦の民藝運動に大きく寄与した二人を取り上げた展覧会。
ものすごく正直に言うと、民藝運動というのはあまりピンと来ないというか、関心ないというか。日本民芸館にも行ったことはない。なので、民藝運動とは切り離して、作品だけを素直に見ていった。

寛次郎の陶器は前にも展覧会で見ている。とてもたくさんの、いろんなタイプのものを作っているのが面白い。こういうところが代々の作風を受け継がなければならない陶芸の家の人にはできないところかも。

0706_5.jpg
河井寛次郎《鉛釉象嵌大皿》
1930(昭和5)年

0706_2.jpg
河井寛次郎《三色打薬扁壷》
1963(昭和38)年
30年隔たってるとは言え、同じ人の作とは思えない。

一方、棟方志功の作品は、一見してそうだとすぐわかる。若い頃から晩年まで何か一貫したものが感じられる。
0706_8.jpg
棟方志功《大和し美し 下巻》より「倭建命(やまとたけるのみこと)」 
1936(昭和11)年

0706_9.jpg
棟方志功《鬼門譜板畫譜》より「眞黒童女」 
1937(昭和12)年 
二点とも連作の中の1枚。実際の展示ではずらっと一緒に張り出してみられるので圧巻。特に「大和し美し」は詞章も絵と一体になっていて、全然違うけどまるで光悦と宗達の和歌の書みたいな。
志功の描く人物は皆純粋さを感じさせる。それが鬼のような「悪者」であっても、どこか愛すべきものに見える。それが高ずると、仏様たちは皆どれも美しくてさらにエロスさえ感じさせる。

今度は志功の作品をもっとたっぷり見たいな。

「朝鮮時代の水滴」展 [美術]

大阪市立東洋陶磁美術館
http://www.moco.or.jp/exhibition/current/?e=378
a.JPG

こちらも夏休み中に。
常設展示も素晴らしいところだが、時間が無くて特別展示だけ駆け足で見てきた。
朝鮮時代の水滴。水滴とは硯に水を注ぐ道具だが、朝鮮では特に18世紀から19世紀にかけて文人趣味の流行と共に、水滴も趣味のものとして様々な意匠のものが作られるようになった。

5a.JPG
青花草花文長方形水滴
シンプルな長方形にあっさりとした草花が描かれた品の良い品。

1a.JPG
鉄砂草葉文宝珠形水滴
似たような形のものがいくつかあった。青花も綺麗だが鉄砂も味があって良い。

3a.JPG
青花虎形水滴
これは可愛い。口が注ぎ口になってるみたい。

2a.JPG
総辰砂柿形水滴
柿を模した色形に葉がぺたりと付いている。

4a.JPG
青花透彫神獣文水滴
見事な透かし彫りの逸品。とても実用品とは思えない。

机の上に置くものだから、数センチからせいぜい10数センチの大きさ。中にはどこから水を出し入れするのだろうと思うようなものも。そんな手のひらに乗るものに宿る小宇宙の美しさを愛でる気持ちが尊い。
もっと時間を掛けてじっくり見たかったな~。
メッセージを送る