So-net無料ブログ作成

諏訪内晶子&マリオ・ブルネロ& ボリス・ベレゾフスキー特別公演 [音楽]

5月31日(水) 紀尾井ホール

出演
諏訪内晶子(Vn),マリオ・ブルネロ(Vc),ボリス・ベレゾフスキー(Pf)

曲目
グリーグ:ノルウェー舞曲 op.35 (ソロ・ピアノのための)
コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50「偉大な芸術家の思い出」

アンコール
ブラームス:ピアノ三重奏曲第2番ハ長調 作品87より第2楽章

チェロのブルネロ目当てで行った演奏会。諏訪内晶子は前に聴いたことあったっけ。ベレゾフスキーは初めて。

1曲目、ベレゾフスキーのソロ、音が鳴った途端にその音量にびっくり。でか!ガンガン引きまくる。うわ、こういうピアノ初めて聴いたかも。なんか呆気にとられてしまった。でももちろんテクニックは完璧。

2曲目のコダーイのデュオの豊かでスリリングな音楽に引き込まれる。難曲コダーイがこんなに面白いなんて!ブルネロの音の豊潤さは相変わらず素晴らしく満たされる思い。

後半、チャイコフスキーの偉大な芸術家の思い出。これが息をのむような素晴らしさ。それぞれがヴィルトゥオーゾとして屹立しながら息を合わせて見事な調和。あのいささか長ったらしい曲を最後まで引きつける名演。面白かった。楽しかった!多分本人たちも楽しんでた。

一曲目のベレゾフスキーの爆音聞いたときは、この人アンサンブルできんのかなと不安になったけど、流石やるときはやるのねえ。(^o^;

そしてブルネロのチェロやっぱり好きだわ~。朗々として温かい血の通った音。音そのものが歌ってる。一音聴いただけで、うっとりする。また聴きたい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る