So-net無料ブログ作成
検索選択

茶の湯のうつわ展 [美術]

出光美術館
(既に終了)

チラシ.jpg
この春から茶道具の展覧会が多いが、これもその一つ。東博のように国宝、重文がバンバンあるわけではないが、幅広い種類の佳品がそろった。
東博に比べるとこちらは茶碗に重点を置いている感じ。楽焼き、萩、唐津、織部、朝鮮からの唐物ももちろん、そして東博ではほとんどなかった京焼などの色絵のものも。バラエティに富んでいるという点ではこちらの方が楽しかった。東博はちょっと「侘び寂び」にこだわりすぎの感じもしたので。

2.jpg
萩茶碗 銘 雪獅子

1.jpg
仁清 色絵扇面散文茶碗

渋い萩焼と色絵の仁清。対照的だなあ。

また江戸時代の茶人として知られる松江藩松平不昧縁の「雲州蔵帳とその美」として、松江藩の所蔵品の調べ帳とそこに載っている器のいくつかも展示。大名茶人の好みも興味深かった。

後この展覧会では抹茶だけでなく煎茶の器や、懐石料理の器も取り上げられていて、それも目に楽しかった。

私自身はお茶はやりませんが、器を見るだけでも十分奥が深くて楽しい。まあ、まだまだ焼き物の良し悪しはさっぱりわかりませんが。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る