So-net無料ブログ作成
検索選択

ランス美術館展 [美術]

損保ジャパン日本興亜美術館
http://www.sjnk-museum.org/program/4652.html
20170422_poster-190x269.jpg
フランス北東部シャンパーニュ地方にある、ランス美術館のコレクションを紹介する展覧会。ランスと言われても全くピンとこないのだが、歴代のフランス国王が戴冠式を行った大聖堂があると言うことで、由緒あることなのだろう。
今回の展覧会では、17世紀から20世紀までのフランス絵画を出品。有名作家の作品もかなりあって見応えがあった。
20170422_art01.jpg
ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)
《マラーの死》
ナポレオンに重用されたダヴィッドの歴史画の一枚。なんか教科書か本で見たことあるような。リアルな描写、明暗に浮かび上がるドラマチックな状況。迫力ある絵。

クールベ.jpg
クールベ 《彫刻家マルチェロ(カスティリオーネ=コロンナ公爵夫人)》
意志の強そうな女性の肖像。当時は珍しかった女性の彫刻家。

20170422_art04.jpg
ゴーギャン 《バラと彫像》(1889)
ゴーギャンにしては(?)落ち着いた色合いの静物画。でもテーブルの上の彫像はタヒチのもの?

この他、ドラクロワ、コローや、モネやピサロ、ドニなどフランス絵画の優品が並ぶ。
だが、この展覧会の見所はそれだけではなくて、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品、中でも彼がランスの教会のために描いた装飾画の素描などが見られること。
フジタはランスと関わりが深く、この地で洗礼を受け、シャペル・フジタを作り、今はそこに夫人とともに眠っている。

フジタ.jpg
レオナール・フジタ
「平和の聖母礼拝堂」フレスコ画のための素描
《死せるキリストを嘆く人々 十字架降下》

3.jpg
レオナール・フジタ
《奇跡の聖母》

フジタの絵って昔はあんまり好きじゃなかったけど、この頃ちょっと惹かれる、と言うか気になる。
チラシの絵は《マドンナ》だが、聖母も周りの天使も黒人。この不思議さ。

あまり話題になっていないような気がする展覧会だけど、なかなかの充実。おすすめ。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る