So-net無料ブログ作成

オットー・ネーベル展 [美術]

Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_nebel/#point
ドイツ生まれの画家オットー・ネーベル(1892-1973)。寡聞にして名前も聞いた覚えがなかった。
カンディンスキーやクレーとの交流を通じて影響を受けながら自分の画風を追求していったというネーベルの、日本初の展覧会。
正直なところチラシを見た限りでは、カンディンスキーやクレーの亜流のようにも見えてしまい、あまり期待せず、と言うかむしろ一緒に展示されてるカンディンスキー目当てに見に行ったのだが、意外にもと言っては失礼だがなかなか見応えがあった。

pic4.jpg
オットー・ネーベル《アスコーナ・ロンコ》1927年、水彩、グアッシュ
初期に憧れたのはシャガールだという。

pic1.jpg
オットー・ネーベル《避難民》1935年
一目でああクレーっぽい。と思う。矢印とか。でも一面の点描のようなモザイク画法は偏執的とも思えるほどで、あと色使いの繊細さは生涯にわたってネーベルの特長。
クレーとは、戦争中に共にスイスのベルンに移住して知り合い、クレーが亡くなるまで交流が続いたという。

pic9.jpg
オットー・ネーベル《地中海から(南国)》1935年
こちらは水彩。画家になる前、ネーベルは建築を学んでいた。そのせいか、都市の建築物の構造を抽象化した作品も多い。

pic13.jpg
オットー・ネーベル《叙情的な答え》1940年、テンペラ・紙
これはもうカンディンスキーの影響がくっきり。なんだけど、モティーフの一つ一つがなんだか可愛かったり、これもやっぱり色が素敵だったり、惹かれるものが。
カンディンスキーはグッゲンハイム財団にネーベルを推薦して、財団がネーベルの作品を買い上げて支援した。

確かにどれも誰かの絵に似ていて、影響を受けつつ独自に絵を確立することの難しさを感じる。でもその一方で、どの絵も亜流と切り捨てるには魅力があって、デザイン性と、特に色使いは私はとても好み。もっと知られても良い画家だと思う。

シャガール、クレー、カンディンスキーらの作品も展示されていて、楽しかった。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パリグラフィック展-ロートレックとアートになった版画・ポスター展 [美術]

三菱一号館美術館

19世紀末のパリで飛躍的に発展した版画、ポスターなどのグラフィック・アートに着目した展覧会。

版画自体はレンブラントやデューラーを出すまでもなく、昔から絵画芸術の一端にあった。だが思えばそれはモノクロで、こういった多色刷りの版画が大量に作られるようになったのはこの頃。(それを思うと、日本の錦絵って凄いと改めて思う)
大量生産できる版画の普及でアートはポスターとして町中のあらゆるところに張り出され、また一方では好事家のコレクターアイテムとしての限定作品が作られ、今までのいわば「一品物」の絵画とは一線を画す市場が誕生した。
そういった時代に中心的役割を果たしたのがロートレック。

010.jpg
ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ/ロートレック(1891)
ロートレックの出世作。猥雑な雰囲気に客のざわめき、酒や煙草の臭いまでしてきそうな。

008.jpg
ジャヌ・アヴリル(ジャルダン・ド・パリ)/ロートレック(1893)
アヴリルが有名になるきっかけとされる1枚。手前に大きくバスのネックを配した構図は浮世絵の影響とも。

ロートレックだけでなく、ポスト印象派のドニやボナールらも意欲的にグラフィックアートに取り組んだ。

004.jpg
『ラ・ルヴュ・ブランシュ』誌のためのポスター/ピエール・ボナール(1894)
ボナールやドニの絵は、油絵でもどこか版画的な色使いが感じられる。

ドニ.jpg
モーリス・ドニ 《『アムール(愛)』表紙》 1898年
なんとなくアール・ヌーボーの雰囲気も漂う。

ヴァロットン.jpg
フェリックス・ヴァロットン《お金(アンティミテ Ⅴ)》1898年 木版
ヴァロットンもナビ派。
思えば、印象派には版画作品はあまりない。ナビ派を始めとするポスト印象派がグラフィックに関心が強かったのは、画風からなのか、技術がちょうど発達したからなのか。ヴァロットンなどは、前の展覧会で油絵作品も見たが、正直言って版画の方が特徴が出て面白く感じた。

ポスターなどとして張り出されるだけでなく、シリアルナンバーのついた限定作品としての版画は人気を呼んだそう。
肉筆油絵を購入できる層は限られていただろうが、版画なら買える中産階級の心を惹いたのかも。

ロートレックの作品などは、何度も見たことがあるので新鮮味はないかと思ったが、別刷りの色が違うものや、ステートの違うものなども展示されて興味深かった。

IMG_20171110_191448.jpg
会場の中には撮影可のコーナーも。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち [美術]

汐留パナソニックミュージアム
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/171017/

カンディンスキーとルオーに交流があったとは知らなかった。生きた時代はほぼ重なるが、主にドイツで活躍したカンディンスキーとフランスのルオー。だが、パリのサロン・ドートンヌにカンディンスキーが出品し、カンディンスキーの率いるミュンヘン新芸術家協会の展覧会にルオーが出品するという時期がありそれぞれがフォーヴィスムとドイツ表現主義の拠点となった展覧会で、互いの運動への関心を深めていたこともうかがえる。
この展覧会は、この二人とクレーを加え、、また二人を取り巻く画家達の作品で、特に色彩表現の変遷を観て行く。

1.jpg
ヴァシリー・カンディンスキー
《商人たちの到着》
1905年 
カンディンスキーと言えば後年の抽象絵画が有名だけど、若いときはこういう具象画も描いていて、これが結構好み。これなんか、ロシアの民話の世界みたい。この、枠を黒い線ではっきり描いた感じがそういえばルオーのステンドグラス風の絵と似ているかも。

2.jpg
ガブリエーレ・ミュンター《抽象的コンポジション》1917年
ミュンターはカンディンスキーのパートナーでもあった女流画家。ただし、これが描かれた年は既に破局の後。でも影響は一目瞭然。

3.jpg
パウル・クレー《橋の傍らの三軒の家》
具象画から抽象画への過渡期を感じる。クレーも色使いが素敵な画家だ。

4.jpg
ヴァシリー・カンディンスキー
《活気ある安定》
1937年
上の絵から30数年でこの変化。
でもカンディンスキーの色彩感は好きだ。私の場合、具象でも抽象でも色使いが綺麗だとそれでいいと思っちゃうところがある。逆に言えば、具象画でも色が暗かったり汚かったりする絵は嫌い。

5.jpg
ジョルジュ・ルオー 《ヒンデンブルグ》
正直なところ、ルオーとカンディンスキーらがどの程度影響を与え合ったのかはよくわからなかった。ルオーとマティスのような親密な交流があったわけでもなさそうだし。でもそれぞれの若い頃からの変遷を色彩表現の変化に着目してみるというのも面白かった。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

北斎とジャポニスム展 [美術]

国立西洋美術館
http://hokusai-japonisme.jp/index.html

tirasi.jpg
北斎の絵が印象派など19世紀末の西洋の画家に与えた影響を、北斎の絵と並べて展示することでわかりやすく見せる。
構図、北斎漫画などに見られる人物のポーズなど、元の北斎の絵と西洋画が並ぶと、ほほ~なるほど、と思う物から、中にはちょっとこじつけじゃない?と思う物までその影響度(と言うのか)はいろいろ。でも、モネやドガ、セザンヌなどそうそうたる画家達が北斎の真似(と言うと言葉が悪いが)をしたと思うと、やっぱり楽しい。

im_2017hokusai01.jpg
葛飾北斎
《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》

im_2017hokusai02.jpg
クロード・モネ
《陽を浴びるポプラ並木》

モネの絵だけを見てたときはなんとも思わなかったけど、並べて見るとなるほどね~。こういう木の見せ方って西洋にはなかったかも。

4.jpg
北斎《北斎漫画》
3.jpg
メアリー・カサット《青い肘掛け椅子に座る少女》
北斎が知られる以前は女の子は行儀良い姿勢で描かれていた、っていうんだけど、まあ似たポーズと言えばそうだけど、どうなんですかねこれは(笑)

6.jpg
北斎《おしをくりはとうつうせんのづ》
5.jpg
ジョルジュ・スーラ《尖ったオック岬、グランカン》
これなんかは、おお、こう来たか。スーラ凄い。って思ったけど。

いちばん、北斎の絵を咀嚼して自分流に取り入れてるな、と思ったのはアンリ・リヴィエールの版画集《エッフェル塔三十六景》。
7.jpg
『エッフェル塔三十六景』より《XIX.アベス通りより》
富嶽三十六景のように、エッフェル塔を描きながら周りの風景が主だったりするのがとても北斎っぽかった。

絵だけでなく、陶器の図柄にも取り入れられたり、思った以上に北斎の絵が与えた影響は大きかったよう。北斎が知ったら喜んだだろうな。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

皇室の彩展 [美術]

東京藝大美術館
https://www.nhk-p.co.jp/event/detail.php?id=779

ちらし.jpg
東京藝術大学創立130周年記念特別展
「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」
大正から昭和初期にかけて、皇室のご即位やご成婚などの機会に当代選りすぐりの美術工芸家たちが技術の粋を尽くして献上品を制作した。個人の作品はもちろん、多数の工芸家がかかわったプロジェクトのような品もあった。
その多くは東京藝大の教授や卒業生であり、この展覧会は皇室に献上された後公開されることが少なかった品々を見せると共に、藝大の歴史を見せるものでもある。


2.jpg
高村光雲《松樹鷹置物》大正13年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵
生きているような鷹。これも良いけど、猿の彫刻も素晴らしかった。

1.jpg
横山大観《日出処日本》昭和15年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵
大観は富士の絵をたくさん描いている。これはとても大きくて、幅が3メートルくらいあったのでは。

3.jpg
《御飾棚》鳳凰菊文様蒔絵(昭和天皇へ献上)昭和3年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵
ご即位を祝う献上品。対になったもう一つは皇后への献上品。描かれた図柄が違う。がどちらも当時最高の技術で蒔絵、螺鈿などが施された。おそらく今では再現不可能な品。

4.jpg
《二曲御屏風》(腰彫菊花文様)のうち右隻 昭和3年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵
こちらも一つの屏風にいろんな人の作品を並べたもの。それも、絵や陶板、彫銀など様々な作品が一つに収められた。

こういった品々を作るのに芸大がプロジェクトを指導する役割を果たしていたのも興味深い。
現代の皇室にもこう言う物を献上することはあるのだろうか。時代が違っているからないのかな。こういった品を作ることで伝統技術が維持される面もあるのだろうから、廃れるには惜しい気もするが。。。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

鈴木春信展 [美術]

千葉市美術館

ボストン美術館所蔵の鈴木春信の浮世絵展。
春信は初期の色数の少なかった浮世絵が多色刷りの錦絵と発展する時期に活躍した。

chapter04_01.jpg
《桃の小枝を折り取る男女》中判錦絵2枚続 明和3年(1766)頃

春信の絵には、浮世絵でよくある吉原の花魁などを描いたものもあるが、目につくのは市井に生きる人たちの日常や、若い恋人達のの初々しい様子などだ。

chapter05_02.jpg
《子どもの獅子舞》中判錦絵 明和4-5年(1767-68)頃

chapter03_01.jpg
《見立玉虫 屋島の合戦》
中判錦絵2枚続のうち左 明和3-4年(1766-67)頃
2枚続きの右には弓矢を持った若者で那須与一の見立て。
見立てを読み解くには見る方も教養がないといけない。知的な遊び。昔の人は物知りだったんだな、と思うことがよくある。

遊びと言えば、錦絵の誕生には絵暦が深く関わっていた。春信も多く描いていた。

chapter02_01.jpg
《夕立》 中判錦絵 明和2年
洗濯物の中にこの年の大の月を示す数字が書かれている。こういうので大の月小の月がわかるなんて、粋というかお洒落というか。

錦絵と言っても春信の頃はまだ色数もそう多くなく、幕末の北斎や国芳のような極彩色とはずいぶん違う。でもそれがかえって品が良いというか、題材共々清楚な感じを受けて好ましい。

今回のはすべてボストンからの里帰りで、保存状態も良くてうっとり。なんか、浮世絵の展覧会ってこう言う里帰り物が多いんだよね。ちょっと複雑。

千葉美のは終わってしまったけど、名古屋に巡回中。http://harunobu.exhn.jp/index.html#header
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

狩野元信展 [美術]

サントリー美術館
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_5/index.html

狩野元信(1477?~1559)は狩野派二代目にして、狩野派を天下の画家集団にした礎を築いたと言える画家。でもその実態はあまり知られておらず、あの永徳のお祖父さんと言った方がわかりやすい。
一門で工房制作をしやすくするために中国絵画の技法を整理して「真・行・草」体とし、さらに父の正信から学んだ漢画に加えて、やまと絵の技法も取り入れて幅を広げた。画家としての才能はもちろん、総合プロデューサーの能力に長けた人だったのだろう。

1.jpg
重要文化財 四季花鳥図 狩野元信筆 八幅のうち四幅 室町時代 16世紀 京都・大仙院
華麗な花鳥と、岩などの力強い描写は江戸時代まで続く狩野派の特長の一つ。既に元信の時に確立されていたんだな。

2.jpg
重要文化財 酒伝童子絵巻 画/狩野元信
こちらはガラッと違うやまと絵風の絵巻。色彩豊かな世界も自分の物にしている、いわば両刀使いの凄腕。

motonobu08-L.jpg
白衣観音像 狩野元信
ボストン美術館から里帰りした今回の目玉の一つ。襞の線描の美しさ、目を引く衣の白さだけでなく、頭部の飾りの色使いも繊細で美しい。

元信本人の作品だけでなく、手本とした南宋などの中国絵画もあり、また障壁画などの大作から扇面などの小品まで、サイズも種類も豊富に元信の全貌に迫る。永徳や探幽らに比べて正直言って知名度は劣るが、さすがは一派の祖とも呼ばれるだけのことはある。見応え十分な展覧会。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

驚異の超絶技巧展 [美術]

三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

0097-620.jpg
3年前、明治の超絶技巧を集めた展覧会をやった三井記念だが、今回は明治だけでなく、現代のアーティストの作品も取り上げて、超絶技巧の継承にも目を向けた。

明治の方は、前回も並んだ作家が多い。七宝の並河靖之に濤川惣助、漆工の柴田是真。牙彫の安藤緑山。明珍の自在、陶器の宮川香山ももちろん。どれもあらためて観ても、どうやって作ったんだろう、と呆れるような凄い技術。

1.jpg
並河靖之 蝶に花の丸唐草文花瓶
虫眼鏡が必要なくらいの細かい柄。これを、それも有線の七宝で。呆れてため息がでる。

2.jpg
柴田是真 古墨型印籠
どう見たって墨でしょう、これ。ところが漆工なんだと言うから驚き。是真はこう言うだまし絵的な作品が得意でどれもしゃれていて楽しい。

現代作家も負けていない。現代なんだから、コンピューターとか使って作っちゃうのかな、と思ったがとんでもない。どれも気が遠くなるような手作業なのは明治と一緒。ただ使う材料などはやはり今風なのもあったけど。著作権もあると思うのでここには写真は上げませんが、三井の公式サイトをぜひ見てみて下さい。びっくりですよ。

IMG_20171003_151643 (2).jpg
高橋賢悟 「origin as human」
これは撮影可能だったもの。生花を型取りしてアルミニウムで鋳造するのだという。それは細かい。気が遠くなりそう。

ただ、ふと思ったのは、明治の作品は多くが花瓶なり、香炉なり、そもそもは実用目的で作られていたが、現代のこう言う作品はいわばオブジェでほとんど使い道はない。そこになんとなく先行きの見えない感じがあり、そう「売れる」ものじゃないんじゃないのかな、と余計な心配をしてしまった。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

江戸の琳派芸術展 [美術]

出光美術館
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/present/
4.jpg
尾形光琳と、光琳に私淑した酒井抱一とその弟子の鈴木其一の展覧会。

抱一は光琳に直接師事したわけではない。だが光琳の作品に傾倒し、光琳に憧れて光琳に倣った作品を描き続けた。

1.jpg
風神雷神図屏風 酒井抱一
光琳、宗達が描いた風神雷神図を抱一も描いた。ほとんど同じだけど少しずつ違う。

2.jpg
八ツ橋図屏風 酒井抱一
根津美術館所蔵の光琳の燕子花図屏風は、橋を描かず燕子花だけを一面に置く。光琳に比べると抱一の方がバックの金箔も控えめで、全体の色もややソフト。保存状態の関係かもしれないけど。光琳の方がシャープな印象。

抱一は今のところ多分日本の画家ではいちばん好きなんじゃないかな、と言うくらい好きなので、どの作品もどの作品も素敵でため息。抱一の絵は光琳や宗達の京琳派をさらに風通し良くして粋にしたような洗練を感じる。

3.jpg
四季花木図屏風 鈴木其一
其一はなんとなくだが、光琳より宗達に親近感があったんじゃないかなあ、と思う絵が多い。師の抱一から受け継いだものをさらに写実よりもデザイン性の強い風にしていったように感じる。この屏風などは、全く違うんだけど、宗達の蔦の細道図を思い起こして観ていた。

個人的には、光琳と抱一の紅白梅図が並べて観られたのが最大のツボ。
屏風のような大きなものから掛け軸、扇面のような小品までどれも美しく、見応えのある展覧会。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

運慶展 [美術]

東京国立博物館

春には奈良で快慶展、秋は東京で運慶展。「運慶・快慶」となんとなくセットにされて覚えていたけれど、別にいつも一緒に共作していたわけではないんだな。

今回は奈良の興福寺中金堂再建記念の展覧会と言うことで、興福寺に縁の仏像を中心に、31体現存すると言われる運慶作の仏像のうち、22体が揃う。
父の康慶の作品に始まり、運慶が21才頃に作った最初期の仏像も。

1.jpg
八大童子立像のうち恵光童子・制多伽童子
鎌倉時代・建久8年(1197)頃
和歌山・金剛峯寺蔵
八体のうち六体が運慶作だそうで、今回その六体とも展示。
どれも童子らしい幼さの残る、しかし力強い表情が魅力的。

2.jpg
無著菩薩立像・世親菩薩立像(むじゃくぼさつりゅうぞう・せしんぼさつりゅうぞう)
運慶作
鎌倉時代・建暦2年(1212)頃
奈良・興福寺蔵
美術の教科書にも載ってたなあ、と思いながら実物の意外な大きさにも驚く。2メートル近い。リアルに刻まれた表情は力強い世親、慈愛深い無著と対照的。
今回は特にこの両像を取り巻くように四天王立像を配置。これは最近の調査で運慶作ではないかと言う可能性が出てきたとのこと。そう思って見るとさらに興味深い。

3.jpg
興福寺南円堂四天王の一つ、多聞天立像
確かに運慶作と言ってもいい力強さと、衣装の細かい装飾まで見事に表現された技。

後半では、運慶の息子らと周辺の仏師達の作品が並ぶ。
中で、十二神将立像が42年ぶりに一堂に揃うのが見もの。これも運慶作の可能性があるらしいが未確認とのこと。

4.jpg
十二神将立像(じゅうにしんしょうりゅうぞう)のうち 亥神
京都・浄瑠璃寺伝来
鎌倉時代・13世紀
格好いいなあ、十二神将。仏像の中でいちばん見ててアガル。それぞれ身につけてるものが違うのも楽しい。頭に付いてる干支もチャーミング。

だがこう言う格好いい仏像の中にあって、ユーモラスさでダントツなのはこちら。
5.jpg
天燈鬼立像・龍燈鬼立像(てんとうきりゅうぞう・りゅうとうきりゅうぞう)
康弁作(龍燈鬼立像)
鎌倉時代・建保3年(1215)
奈良・興福寺蔵
いや、これあかんやろ。可愛すぎるわ。何なのこの顔。この体型。これほんとに灯籠として使ったのかしら。康弁は運慶の息子の一人。

父の康慶から息子、弟子達までの「慶派」の流れを間近に見られる。個人的には、快慶の作品の方にたおやかさを感じて好きだけど。(と言うほど詳しくもないが)

今回に限らず、東博の展示は照明が凝っていて、会場全体は暗めにして像にスポットライトが当たるような感じで仏像が浮かび上がる。賛否両論あるようだが、ドラマティックな感じはする。
なんにしろ、普段所蔵されてるお寺に行ってもそう近くまでは寄れないが、触れそうなくらい近くで、しかも360度観られるのはありがたい。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る