So-net無料ブログ作成

驚異の超絶技巧展 [美術]

三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

0097-620.jpg
3年前、明治の超絶技巧を集めた展覧会をやった三井記念だが、今回は明治だけでなく、現代のアーティストの作品も取り上げて、超絶技巧の継承にも目を向けた。

明治の方は、前回も並んだ作家が多い。七宝の並河靖之に濤川惣助、漆工の柴田是真。牙彫の安藤緑山。明珍の自在、陶器の宮川香山ももちろん。どれもあらためて観ても、どうやって作ったんだろう、と呆れるような凄い技術。

1.jpg
並河靖之 蝶に花の丸唐草文花瓶
虫眼鏡が必要なくらいの細かい柄。これを、それも有線の七宝で。呆れてため息がでる。

2.jpg
柴田是真 古墨型印籠
どう見たって墨でしょう、これ。ところが漆工なんだと言うから驚き。是真はこう言うだまし絵的な作品が得意でどれもしゃれていて楽しい。

現代作家も負けていない。現代なんだから、コンピューターとか使って作っちゃうのかな、と思ったがとんでもない。どれも気が遠くなるような手作業なのは明治と一緒。ただ使う材料などはやはり今風なのもあったけど。著作権もあると思うのでここには写真は上げませんが、三井の公式サイトをぜひ見てみて下さい。びっくりですよ。

IMG_20171003_151643 (2).jpg
高橋賢悟 「origin as human」
これは撮影可能だったもの。生花を型取りしてアルミニウムで鋳造するのだという。それは細かい。気が遠くなりそう。

ただ、ふと思ったのは、明治の作品は多くが花瓶なり、香炉なり、そもそもは実用目的で作られていたが、現代のこう言う作品はいわばオブジェでほとんど使い道はない。そこになんとなく先行きの見えない感じがあり、そう「売れる」ものじゃないんじゃないのかな、と余計な心配をしてしまった。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

江戸の琳派芸術展 [美術]

出光美術館
http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/present/
4.jpg
尾形光琳と、光琳に私淑した酒井抱一とその弟子の鈴木其一の展覧会。

抱一は光琳に直接師事したわけではない。だが光琳の作品に傾倒し、光琳に憧れて光琳に倣った作品を描き続けた。

1.jpg
風神雷神図屏風 酒井抱一
光琳、宗達が描いた風神雷神図を抱一も描いた。ほとんど同じだけど少しずつ違う。

2.jpg
八ツ橋図屏風 酒井抱一
根津美術館所蔵の光琳の燕子花図屏風は、橋を描かず燕子花だけを一面に置く。光琳に比べると抱一の方がバックの金箔も控えめで、全体の色もややソフト。保存状態の関係かもしれないけど。光琳の方がシャープな印象。

抱一は今のところ多分日本の画家ではいちばん好きなんじゃないかな、と言うくらい好きなので、どの作品もどの作品も素敵でため息。抱一の絵は光琳や宗達の京琳派をさらに風通し良くして粋にしたような洗練を感じる。

3.jpg
四季花木図屏風 鈴木其一
其一はなんとなくだが、光琳より宗達に親近感があったんじゃないかなあ、と思う絵が多い。師の抱一から受け継いだものをさらに写実よりもデザイン性の強い風にしていったように感じる。この屏風などは、全く違うんだけど、宗達の蔦の細道図を思い起こして観ていた。

個人的には、光琳と抱一の紅白梅図が並べて観られたのが最大のツボ。
屏風のような大きなものから掛け軸、扇面のような小品までどれも美しく、見応えのある展覧会。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

運慶展 [美術]

東京国立博物館

春には奈良で快慶展、秋は東京で運慶展。「運慶・快慶」となんとなくセットにされて覚えていたけれど、別にいつも一緒に共作していたわけではないんだな。

今回は奈良の興福寺中金堂再建記念の展覧会と言うことで、興福寺に縁の仏像を中心に、31体現存すると言われる運慶作の仏像のうち、22体が揃う。
父の康慶の作品に始まり、運慶が21才頃に作った最初期の仏像も。

1.jpg
八大童子立像のうち恵光童子・制多伽童子
鎌倉時代・建久8年(1197)頃
和歌山・金剛峯寺蔵
八体のうち六体が運慶作だそうで、今回その六体とも展示。
どれも童子らしい幼さの残る、しかし力強い表情が魅力的。

2.jpg
無著菩薩立像・世親菩薩立像(むじゃくぼさつりゅうぞう・せしんぼさつりゅうぞう)
運慶作
鎌倉時代・建暦2年(1212)頃
奈良・興福寺蔵
美術の教科書にも載ってたなあ、と思いながら実物の意外な大きさにも驚く。2メートル近い。リアルに刻まれた表情は力強い世親、慈愛深い無著と対照的。
今回は特にこの両像を取り巻くように四天王立像を配置。これは最近の調査で運慶作ではないかと言う可能性が出てきたとのこと。そう思って見るとさらに興味深い。

3.jpg
興福寺南円堂四天王の一つ、多聞天立像
確かに運慶作と言ってもいい力強さと、衣装の細かい装飾まで見事に表現された技。

後半では、運慶の息子らと周辺の仏師達の作品が並ぶ。
中で、十二神将立像が42年ぶりに一堂に揃うのが見もの。これも運慶作の可能性があるらしいが未確認とのこと。

4.jpg
十二神将立像(じゅうにしんしょうりゅうぞう)のうち 亥神
京都・浄瑠璃寺伝来
鎌倉時代・13世紀
格好いいなあ、十二神将。仏像の中でいちばん見ててアガル。それぞれ身につけてるものが違うのも楽しい。頭に付いてる干支もチャーミング。

だがこう言う格好いい仏像の中にあって、ユーモラスさでダントツなのはこちら。
5.jpg
天燈鬼立像・龍燈鬼立像(てんとうきりゅうぞう・りゅうとうきりゅうぞう)
康弁作(龍燈鬼立像)
鎌倉時代・建保3年(1215)
奈良・興福寺蔵
いや、これあかんやろ。可愛すぎるわ。何なのこの顔。この体型。これほんとに灯籠として使ったのかしら。康弁は運慶の息子の一人。

父の康慶から息子、弟子達までの「慶派」の流れを間近に見られる。個人的には、快慶の作品の方にたおやかさを感じて好きだけど。(と言うほど詳しくもないが)

今回に限らず、東博の展示は照明が凝っていて、会場全体は暗めにして像にスポットライトが当たるような感じで仏像が浮かび上がる。賛否両論あるようだが、ドラマティックな感じはする。
なんにしろ、普段所蔵されてるお寺に行ってもそう近くまでは寄れないが、触れそうなくらい近くで、しかも360度観られるのはありがたい。
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

上村松園―美人画の精華―展 [美術]

山種美術館
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2017/uemurashoen.html

館所蔵の松園作品全18点を一挙に展示、同時に浮世絵から昭和までの美人画の数々を並べる。

考えてみると不思議なことに、松園が描く女はほぼ江戸時代かそれ以前の女だ。着物を着て髷を結う。でも浮世絵の美人画とは全く違う。清楚で品があって美しい。松園ご本人が「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語っているとおりである。

170829-15.jpg
上村松園 《つれづれ》
本を読む若い女性。顔だけでなく、着物や髪飾りも松園の美学。

170829-03.jpg
上村松園 《砧》
能「砧」に基づく、夫の長期の留守の寂しさに耐える女。でも感情を露わにはしない。ひっそりと悲しみを押し殺しているような。

そう、松園の女達は感情をむき出しにはしない。笑顔すらそっと微笑む程度。
描かれているのはほとんどが歴史上の人物などではなく、市井の女性なのだが、町娘のような女でもどこか現実味がない、手の届かない、空想上の女に見える。その現実味のなさこそが、実在しない理想の女という風に見えて、見るものの心を惹きつけるのかもしれない。

3.jpg
上村松園《蛍》
これなんか、どこにでもいそうな女性のありふれた日常の一瞬を切り取っている。凄い美人でもないかもしれない。でもやっぱり理想化された絵という印象。

この展覧会では、松園以外の作家の作品も展示。浮世絵の春信や歌麿、近代の春草や清方、深水、現代の珠子や遊亀。。。技法や画風の違いはもちろん、「美人画」の捉え方の変化も感じられる展覧会。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

月岡芳年 月百姿展 [美術]

太田記念美術館

moon1.jpg

8月の妖怪画展に続いての芳年特集。今月は月をテーマにした「月百姿」全点を展示。
こちらは芳年最晩年の作品。芳年が達した芸境を見ることができる。

実在の人物、歴史上の人物、物語の一場面、、、月をモチーフにしながら、月が大きく描かれたものもあればほんの小さく見えるばかりのものもある。そういった月の取り上げ方もそれぞれ美しく、楽しい。

2.jpg
玉兎 孫悟空
これは月がいちばん大きく描かれた一枚。まん丸なお月様にうさぎと孫悟空の取り合わせが楽しい。


1.jpg
はかなしや波の下にも入ぬへしつきの都の人や見るとて 有子
これは水面に映る月。波に揺らぐ様子が繊細で美しい。

3.jpg
烟中月
火消しの背中を大きく描いて、炎の中に浮かぶ月はうっすら。粋な構図。

取り上げられている場面には、能や歌舞伎にも出てくる話があったり、源氏物語や源平の物語など有名なものもあれば知らないものもある。昔の人はこれらの絵を見て、あれね、ってわかったんだろうなあ。

妖怪図の方がインパクトは強いけど、じっくり見たい絵はこちらの方が多かった。
最終日に駆け込みで行ったけれど観られて良かった。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

8月その他Ⅱ [美術]

8月は展覧会もけっこう行ったけど、記事にする時間がなく。

20170708_poster-190x269.jpg
吉田博展
昨年、千葉で見たがやっと東京に巡回してきたので再見。やっぱり好きだわ、この人の作品。

ベルギー奇想の系譜
Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_belgium/
ボスやブリューゲルから、20世紀のマルグリッドまで。
前半のボス、ブリューゲルとその後継者の当たりは、ちょっと前に見たブリューゲル展と重なる部分も多く、流してしまった。面白かったのは後半19世紀末以降の、クノップフからアンソール、マルグリッドなどの方。
それにしてもどうしてベルギー地方でこういう画家が輩出されたのか、不思議。

沢田教一写真展
ベトナムなどの戦場写真家として知られ、カンボジアで襲撃されなくなった沢田教一。ピューリッツァー賞受賞の写真や、若い頃の故郷青森で撮った写真など。
アメリカ兵にもベトナム市民(兵)にも公平な眼差しを送った沢田の写真は半世紀を経てなお胸に迫る。

深澤直人がデザインする生活の周囲展
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170708/
パナソニック汐留ミュージアム
深澤直人の名前は知らなくても、作品を見れば、あ、これ知ってる。と思うものがいっぱい。
家電、家具、食器、照明器具。。。生活を彩るスマートで出しゃばらないデザインが素敵。
こういうのばっかり家にあったら良いだろうなあ。。。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ボストン美術館の至宝展 [美術]

東京都美術館
http://boston2017-18.jp/

一応章立てとして、古代エジプト、中国、日本、フランス、アメリカ、現代、、、などとなっているのだが、エジプトがあってギリシャやローマがない、とか、フランスといっても19世紀以降ばっかりとか、なんか妙に偏ってるな、と思ったら、作品を寄贈したコレクターごとの特集なのだという。こういう切り口は初めて聞いた。ふうん、なるほど。とはいえ、こちらはコレクターになぞ興味がないので、その辺の説明はさっと流す。

1.jpg
陳容
《九龍図巻》(部分)
中国美術から。巻物なのでそんなに大きくはないのにこのド迫力。この正面向いた顔、珍しい。
この展覧会でいちばん気に入った作品。

日本画のコーナーでは、曾我蕭白や、酒井抱一、喜多川歌麿など。
英一蝶の巨大な涅槃図が目玉。

フランス絵画は19世紀。ゴッホやモネ、セザンヌなど印象派、ポスト印象派が中心。

3.jpg
最大の売りはゴッホの「ルーラン夫妻」が揃って出品されていること。
背景も違うし、最初から対になった作品ではなさそう。ルーラン夫人の背景がゴッホらしくて素敵。

2.jpg
ジャン=フランソワ・ミレー
《編み物の稽古》
貧しいけれど温かな母子の情景。ミレーが農民に注ぐ眼差しが優しい、大好きな一枚。

もちろんご当地アメリカ絵画のコーナーも。オキーフ以外はあまり知らない名前が多かった。
むしろその後の版画、写真のコーナーでホーマー、ホッパー、アンセル・アダムスらが並んでいた。

4.jpg
エドワード・ホッパー
《機関車》

最後は現代作品。ウォーホール、ホックニーは当然として、並んで村上隆もあった。

ボストン美術館ほどの規模のコレクションから選ぶのだからどれを持ってくるかも決めるのは大変だろう。見る方も、あれが見たかったとか、またこれかとか、贅沢を言い出したらきりがない。
十分に素晴らしい作品が並んでいる。日本で見られるんだからありがたいと思わなくっちゃ。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた! [美術]

東京藝大美術館
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2017/collection17/index.html#top

藝大創立130周年記念の展覧会だとか。藝大が所有する美術品、卒業生や教授らの作品などを集めた、「大」コレクション。

第一部は名品として資料として集められた古美術が並ぶ。古くは奈良時代の仏像から江戸時代の絵画まで。

OgataKourin.jpg
尾形光琳 槇楓図屏風
よく見ると不思議な絵。一本だけ真っ直ぐな槇。構図的に均整が取れてなくてバラバラな感じもするけど、でも綺麗。(色がクリスマスっぽいとか思ってしまって、なんかすいません)

近代編では明治から昭和にかけての作品が並ぶ。
TakahashiYuichi.jpg
高橋由一 鮭
明治の洋画といえば真っ先に頭に浮かぶ一枚。ただし由一は藝大卒でも教えたこともなく、芸大とは縁がないそうだが、それでも明治の油絵の代表作としてここに展示とのことだった。

OguraYuki.jpg
小倉遊亀 径
これは前にもどこかで見たな。なんてことない光景だけど、見ているとうきうきしてくる。お母さんと子供、それに犬も歩調を合わせて行進しているような。

第二部はテーマ編としていくつかの特集展示。
ここには比較的新しい卒業生の作品などもあったが、やはり惹かれるのは昔のものの方なのは申し訳ないが仕方ない。

平櫛田中の作品もいくつかまとめて展示。

Katujinsen.jpg
平櫛田中 活人箭
明治41年にはじめ石膏で作ったものを昭和37年木彫で再制作したものだそう。凄い迫力。
どの作品だったか、下の台に「芸大がくれというからやる」みたいなことが書いてあって、面白い人だなあ。

卒業制作のコーナーでは、横山大観、山口蓬春、高山辰雄と言ったそうそうたる名前が並んで壮観。

また、現代作家の若き日の自画像では、千住博、村上隆、山口晃など現代の売れっ子作家の自画像がずらりと並んで楽しい。千住博の人物画なんて初めて見たし。

その他、岡倉天心や藤田嗣治に関する写真や資料などもあったり、まさに藝大の歩みを展示する展覧会。
まあ、そういうことに興味がなくても、コレクションの名品だけでも見に行く価値十分にあり。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

佳人礼讃展 [美術]

ホテルオークラ
チラシ.jpg
毎年夏にホテルオークラで開かれるチャリティー展覧会。今年のテーマは「佳人礼讃」。古今東西の女性を描いた絵を集めて展示。

第一章は肖像画。
と言っても、特に有名な人をモデルにした絵ばかりではない。モディリアーニ、キスリングなどの個性的な美女も並ぶ。
d5118-827-353781-3.jpg
岡田三郎助《支那絹の前》
画家の妻をモデルにした作品。着物も豪華。この着物と、背景の裂も高島屋資料館に保存されているというのも驚き。

第二章は美人画。
佳人というんだから当然美人画が中心。チラシは松園の「うつろふ春」。
d5118-827-404027-5.jpg
上村松園《三美人之図》
三人といっても三人目はほとんど見えないんだけど。姉妹なのか綺麗に着飾った女性達が優美。三つの傘が画面に動きを出して面白い。

1.jpg
鏑木清方《さじき》(1945)
これ、歌舞伎座所有の絵なんですよね。以前公演の筋書きの表紙にもなってた。桟敷席で感激する母子。うきうきした様子が伝わってくる。

2.jpg
伊東深水《楽屋》(1959)
同じ劇場が舞台でもこちらは出演者の方。女優なのか芸者なのか。玄人らしい艶な雰囲気が。

第三章は人物画の魅力。
いや、ここまでだって人物画なんだけど。と思わないでもなかったけど、物語性のある絵というくくりのような。
挿絵ではないが清方の「金色夜叉」や「雨月物語」などが並んで面白い。
このコーナーは西洋画も多かった。シャガールとかローランサンとかの夢の中の物語のような絵。

3.jpg
ミレイ「聖テレジアの少女時代」(1893)
佳人というには幼い少女だが弟を連れて荒野に行こうとする聖女テレジア。ラファエル前派らしい繊細な描写が美しい。

ここでは多田北鳥による昭和20年代のキリンビールのポスター数点もあり、面白かった。

この展覧会、会期がいつも短くて油断してると行き損なう。今年ももう終わっちゃった。あまり宣伝してないのかな、いつ行っても空いててゆっくり見られるのは良いけど、もったいない気も。
図録的な冊子がたったの300円とか、太っ腹すぎる展覧会です。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

不染鉄展 [美術]

東京ステーションギャラリー
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201707_fusentetsu.html

00088566.jpg
不染鉄(ふせん てつ)(1891年 - 1976年)。初めて聞いた名前。没後40年記念の展覧会だが、回顧展は21年前の一回きりで幻の画家と言われているらしい。と言うのも中央画壇から離れて活動していたからだとか。経歴もかなり変わっていて、20代の初め写生旅行に行った伊豆大島に住み着いて3年漁師をしたかと思うと、戻ってから京都絵専(現・芸大)に入学、帝展に入選するなど才能を高く評価されながら、戦後は奈良に住み着いて校長先生をやっていたそう。
「芸術はすべて心である。芸術修行とは心をみがく事である」とし、「いヽ人になりたい」と願ったという。
なんだかちょっと仙人のような人柄を想像してしまう。

初期の画風は、文人画のような南画のような、暖かみのある風景画が多い。
20170701-fusentetsu05.jpg
《林間》大正8(1919)年頃
これは彩色だけど、水墨画にいい味わいの絵がたくさんあった。
また絵日記風の絵巻には字がびっしり書き込まれ、その文章もまた飄々として面白い。
絵の中の家々にはほとんどが人が描かれて生活が匂う。その眼差しが温かい。

20170701-fusentetsu.jpg
《山海図絵(伊豆の追憶)》大正14(1925)年
鉄の代表作とみなされる一枚。よく見ると遠近感とか比率がおかしい。手前に伊豆の海、富士を越して遙か日本海まで描かれるという奇抜さ。だが細部はあくまで写実。奇想と言うべきか。

1952年に校長の職を辞した後は画業に専念。この時代には、漁師をしていた頃への郷愁か、海の絵をたくさん描いているという。

20170701-fusentetsu02.jpg
《南海之図》昭和30(1955)年頃
海の絵と言ってもそんじょそこらの海とは違う。一体どういう視点から描いているのか。まるで爆発しているような島に押し寄せる果てしない波。見ていると海の底に引きずり込まれそうな感覚になる。

晩年は奈良の景色や、日常や思い出を絵と文で綴った絵はがきも多く描いた。ほっこりとするユーモアと、ひたすら芸術を追究する純粋な人柄が重なり合う。

20170701-fusentetsu03.jpg
《落葉浄土》 昭和49(1974)
田舎びた風景の中に立つ寺。よく見ると中にも外にも仏像が小さくもしっかり描き込まれて、周りの人家とともにひっそりと、しかし山村の暮らしに溶け込んだ信仰が見えるよう。

好みから言うと、若い頃の山水画がいちばん好きだったけど、他の絵もとてもインパクトが強くて、しかしどこか清々しさも感じる。こんな画家がいたんだ、と驚き。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る