So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

二月大歌舞伎夜の部 [舞台]

s-1902歌舞伎座1.jpg

歌舞伎座。
2月公演は初世辰之助の追善で昼夜とも縁の出演者と演目が出た。

一谷嫩軍記
一、熊谷陣屋(くまがいじんや)
熊谷直実   吉右衛門
藤の方    雀右衛門
源義経    菊之助
亀井六郎   歌昇
片岡八郎   種之助
伊勢三郎   菊市郎
駿河次郎   菊史郎
梶原平次景高  吉之丞
堤軍次    又五郎
白毫弥陀六  歌六
相模     魁春

また熊谷か、と思わないでもなかったが、と言っても杮落とし以来だから約6年ぶりである。
吉右衛門の熊谷、前回杮落とし、その前のさよならいずれとも違う感じがするが細かいところはわからない。ただとにかく今回はさらに息子への情を深く深く胸にしまい込んだ様子が見えて悲しみが滲む。

最初の花道の出からじっと胸に全てをしまい込んで、悲しみも空しさも抑え込んで、でも溢れてしまう辛さや息子への愛情が、その後の戦物語の時も首実検の時も、熊谷からにじみ出ていた。
朗々たる声の物語の明快さに隠れる真実の痛ましさを知って観ている観客は、熊谷の心の内の血の涙を見る思い。

昔とやってることは変わらないのになぜこう印象が違うんだろう。いや変わってないわけじゃない。特に相模に首を渡す時。歌舞伎座さよならの時は相模を睨むように「わかってるな、余計なことは言うなよ」と言ってるような厳しさがあったような気がするが、今回は「わかってくれ、他にどうすることもできなかったんだよ」と心の中でわびているように見えた。

前回までの方が、熊谷から感じられる圧は凄かった。今月はむしろ淡々としているようでいて、とにかく深い。前回までが武士としての熊谷の苦悩を見せていたとすれば、今回はもっと普遍的な人間として子を自ら手にかけたものの苦悩を表していたと言えようか。
台詞だけでなく、表情だけでなく、仕草だけでなく、播磨屋の存在そのものが熊谷の渦巻く感情を体現しているようで、目も耳も一時も播磨屋から離れられなかった。

揚げ幕の近くの席で見た日、播磨屋の熊谷が出てきても、拍手できる感じじゃないわけですよ。纏ってる空気がもう、役者が出てきたんじゃなくて、息子を手にかけた男が出てきたそのもので、そんな人に拍手とか大向こうとか、とんでもない感じで。客席全体がのまれたように静まりかえっていた。

周りも素晴らしかった。
魁春の相模が本当に素敵だった。私的には先代の京屋さんに匹敵するレベル。熊谷が義経に首を見せている間小刻みに震える背中に泣ける。控えめな妻ながら息子を失った母の悲しみに暮れる口説きが切々。
雀右衛門の藤の方が品があり昔は院の愛妾の面影を残す。この二人はどっちがどっちでもいけるんだな。
菊之助の義経台詞がはっきりして御大将の気品と位取りで温情も。

そしてさらに凄かったのが歌六の弥陀六。元は武士としての気骨があり、過去への悔いや、平家一門への申し訳なさなどが十二分に見える。義経に呼び止められて、花道で顔を上げた瞬間石屋から武士の顔に戻ってる迫力に圧倒された。

竹本の葵大夫の絶唱も含めて、隅々まで隙のない大舞台。義太夫狂言の今望みうる最上の舞台を見た思い。

二、當年祝春駒(あたるとしいわうはるこま)
工藤祐経   梅玉
曽我五郎   左近
大磯の虎   米吉
化粧坂少将  梅丸
曽我十郎   錦之助
小林朝比奈  又五郎

今月は初世尾上辰之助三十三回忌追善公演。孫の左近も出演。
左近はキビキビとした行儀の良い踊りを見せ、筋の良さを感じさせる。声変わり中で台詞はこれからだが、何より視線の真っ直ぐな強さが頼もしい。将来性十分。
周りも若い左近をもり立てる。
梅玉の工藤が包容力のある様子。
錦之助の十郎が若々しく、左近と兄弟の違和感がないのは恐れ入る。
又五郎の小林もさすがに踊りが上手く、豪胆な様子もあってみせる。
米吉と梅丸が可憐。


三、名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)
縮屋新助   松緑
芸者美代吉   玉三郎
魚惣     歌六
船頭長吉   松江
魚惣女房お竹   梅花
美代吉母およし  歌女之丞
藤岡慶十郎   梅玉
船頭三次   仁左衛門

夜の部の追善狂言。
松緑の新助は、初演と違い大御所に引っ張られて格段の出来。やはり共演者って大事よね。正直者でうぶな田舎者が、高嶺の花と思っていた女のために破滅していく姿を直球で演じた。裏切られた後の号泣、幕切れの殺しの後の高笑いに胸が締め付けられるよう。

玉三郎の美代吉、悪女ではないが、見栄っ張りでその場その場で口に出す言葉の軽さがやりきれない。いい女なんだろうが、絶対に同性に好かれないタイプ。
仁左衛門の三次もキング・オブ・クズ男で、金にだらしなく女にたかるだけの男。まあしかし、にざ様に抱きつかれて「姐は~ん」って甘えられたら、抵抗できる女はいませんな。
梅玉の藤岡の殿様が最高。鷹揚で、金の使い方も、女の切れ離れも綺麗で、まあ現実にはいそうにないが、梅玉さんがやるとピタリとはまる。

歌六の魚惣が江戸っ子らしい面倒見の良さと気の短さを見せて秀逸。
梅花、歌女之丞、京蔵がそれぞれ役にあった雰囲気を出して上々。さすがベテランの味。

ただ惜しむらくは最後の演出がなあ。音だけうるさい雷と雨、ピカピカ雷光、雨粒はミスト。ほとんど濡れない二人。土砂降りの中びしょ濡れになって地面を這いずり回りながらの殺しだからこそ陰惨さが際立つのでは?無人の舞台に満月が映える素晴らしい幕切れも床が濡れてないから月が反射しない。ガッカリ。
季節柄、濡れて風邪をひいてはということかもしれないが、そんなこと心配するんなら2月にこの演目をやらなければいい。本来夏芝居なんだから。辰之助縁の演目など他にもあったろう。そこまでの芝居が良かっただけに余計に残念だった。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

小原古邨展 [美術]

太田記念美術館
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/ohara-koson
チラシ.jpg
小原古邨(1877~1945)は、明治末から大正、昭和にかけて活躍した花鳥画の絵師。とは言ってもほとんど忘れられていたらしい。この数年、渡辺省亭とか横山崋山とか、埋もれてしまった画家に光が当たるようになってきたのは嬉しい限り。

1.jpg
「鵞鳥」(個人蔵)

古邨の作品はほとんどが花鳥や動物画。描く対象の特徴をよくとらえているけど、例えば若冲のようなみっちり描き込んだのではなく、ふんわりとした筆致があたたかく優しげ。色合いも水彩画のようで色数も少ないものも多いが、そこが品がよくて素敵だった。鳥も動物もなんだかみんな可愛い。

2.jpg
「蓮に雀」

面白いのは昭和に入って渡邊庄三郎の元で版画を刊行するようになって、ガラッと絵の雰囲気が変わること。色数が多くなり、輪郭もはっきり。
と言うか渡邊庄三郎の刷る版画ってどれも似ている。吉田博も川瀬巴水も。古邨の版画も知らずに見たら巴水かと思うのがあった。原画より刷りの力が強いと言うことか。古邨自身はどう思っていたのか気になるところ。個人的には古邨は大正期の方が好き。

3.jpg
「紫陽花に蜂」

前後期で総入れ替え。後期も行かなきゃ。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ムーティ&シカゴ交響楽団 [音楽]

2月3日(日) 東京文化会館

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調op.64
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」op.35

3年ぶりの来日。
今回のプログラムは3種。ヴェルディのレクイエム、ブラームスの1,2番。
ヴェルディは曲が苦手なのでパス、ムーティでブラームスかチャイコかと考えるとこちらのプログラムが魅力的。と言うことでこの日を選択。

チャイ5がまるでオペラのように歌に溢れ、各パートがメロディを紡いでいく。こんなにエモーショナルでエロティックささえ感じさせるチャイコフスキーは聴いたことがない。

シェヘラザードではもちろんオケのコンマス始め菅パートソロの名人芸がこれでもかと言うほどに披露される。(延々とアルペジオを弾くチェロトップにも感心ww)この艶やかさ、華麗さ。シェヘラザードの妖艶な物語が目の前で展開されるよう。
立ち上る香気に包まれるようなオケの饗宴にただただうっとり心奪われた至福の時間。

前回のコンビで初来日の時は荒馬を乗りこなす感じだったのがすっかり蜜月。ムーティもここへ来て腕に見合った手兵を得た感じかな。

ムーティは77歳と言うが全く歳を感じさせず相変わらずの若々しさ。かくしゃくなんていう言葉は似合わない。熟練の芸がますます深まる様子に今後がまだまだ期待される。4月の来日も楽しみ。

アンコールがあるとは思わなかったがジョルダーノの「フェドーラ」より間奏曲。甘美で上質なデザート。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

壽 初春大歌舞伎・夜の部 [舞台]

歌舞伎座
s-1901歌舞伎座.jpg

この頃毎年のことながら、大坂の松竹座も含めて五座で歌舞伎の公演が行われる1月。盛況なのはめでたいが、各座がやや手薄に感じられてしまうのも事実。そろそろなんとか考えた方が良いんじゃないのかしらね、と思う。

一、絵本太功記(えほんたいこうき)
尼ヶ崎閑居の場
武智光秀  吉右衛門
操     雀右衛門
武智十次郎  幸四郎
初菊   米吉
佐藤正清  又五郎
真柴久吉  歌六
皐月   東蔵

吉右衛門の光秀は、信念に生きる武将の剛と、その信念故に母と息子を同時に失う男の悲痛を重厚に描き出す。竹藪からぬっと現れた姿の古怪な不気味さは錦絵のよう。團蔵型の出(笠を上でなく下に下げる型)がよく似合う。十次郎への「おお、ててじゃ、ててじゃ」に厳しくも父の愛情がのぞく。二人の落入の後の扇子に隠した泣き顔。一分の隙もない。
自分は絶対に間違ったことはしていない、なのになぜこんな思いをしなければならないのか、という悲憤が青い焔のように全身から立ち上って舞台を覆い尽くす。哀しみも憎しみも深く大きく観る者を揺さぶる。このスケールの桁違いな大きさよ。

十次郎の幸四郎が儚くも美しい若武者姿。まだまだ息子には譲りません!てか。叔父との父子役、泣けるわ~。
米吉の初菊も可憐で一途な様子で、幸四郎相手に健闘。
雀右衛門の操が控えめな妻女でよく似合う。
歌六の知将ぶり、又五郎の勇猛さと周りも揃う。
皐月は本役が東蔵で、数日休演した時の代役は秀太郎だった。個人的には秀太郎の方が義太夫狂言のコクと、皐月の息子を許さない厳しさがあってニンだったと思う。
ともあれ、時代物義太夫狂言の濃厚な一幕を堪能。チーム播磨屋の盤石さを改めて思い知る。

二、勢獅子(きおいじし)

鳶頭   梅玉
鳶頭   芝翫
鳶の者  福之助
鳶の者  鷹之資
鳶の者  玉太郎
鳶の者  歌之助
芸者   雀右衛門
芸者   魁春

勢獅子は、ぱあっと気分を変えて明るく賑やかで楽しい舞台。
梅玉も芝翫も踊りの名手というわけではないが、鳶頭らしい粋な様子に見せているのはさすが。
踊りに関しては鷹之資始め若手の方が活きの良いところを見せて気持ちよい。
雀右衛門と魁春が艶っぽい。
お弟子さんらによる鳶と手古舞の踊りも楽しく、正月にはぴったり。

三、松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)
吉祥院お土砂の場
四ツ木戸火の見櫓の場
浄瑠璃「伊達娘恋緋鹿子」
紅屋長兵衛  猿之助
八百屋お七  七之助
母おたけ   門之助
長沼六郎   松江
若党十内   廣太郎
同宿了念   福之助
釜屋武兵衛   吉之丞
友達娘おしも  宗之助
月和上人   由次郎
下女お杉   梅花(竹三郎代役) 
小姓吉三郎  幸四郎

湯島掛額は、芸達者な猿之助が上手く笑いを誘い、松江もお笑い担当。ハズキルーペのCMのパロディとかDA PUMPのUSAとか色々ぶっ込んでた。
幸四郎が前髪の若衆が無理なく似合い、七之助のお七と美男美女のカップル。吉三がお七を介抱する場面は猿之助が様々にちょっかいを出して爆笑。
ちょっと久しぶりな由次郎が元気だったのが嬉しい。
お土砂のとこ、キッチーは最後幕を自分でひいてた気がするが違うやり方だった。まあ馬鹿馬鹿しい話だが理屈抜きで楽しめた。

最後の火の見櫓の場は七之助の人形振りが見どころ。腕だけじゃなく指の動きも人形。ビスクドールのような顔が美しくもちょっと怖い。その前のお杉とのやりとりがふにゃふにゃしてるだけに余計に動きの激しさが際立つ。
梅花のお杉がさすがに手堅く上手い。
月初に観た日は竹三郎も元気そうだったのに後半休演。お年だけに心配。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

吉村芳生展 [美術]

東京ステーションギャラリー
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201811_yoshimura.html
s-チラシ.jpg

吉村芳生(1950~2013)の回顧展。
といっても私はこの展覧会で初めて名前を知った。
チラシを見た時は「新聞紙に自画像?なんで?」と思ったが、これが新聞紙の紙面から全部鉛筆一本で書き写したと知って驚愕。写真はもちろん広告も全ての文字も自筆なのだ。これ以外もほとんど全て鉛筆や色鉛筆で描いた作品。執念というか、頭おかしいんじゃないの?な世界。

s-ジーンズ.jpg
ジーンズ(1983)
写真に撮ったものを拡大しマス目を引いて、写真の濃淡に忠実に斜線をひたすら引いていく気の遠くなるような作業で描かれたもの。そう、描いてあるんですよ、写真じゃなく。一線一線手で。想像しただけでめまいがする。

こういったモノトーンの作品を(自画像含め)作り続けた後、出身地の山口に戻ってから今度は色彩溢れる花を描くようになる。ケシ、コスモス、藤。。。
「ジーンズ」のように写真をそっくり写すのではないが、色鉛筆を使って升を埋めていく作業に違いはない。例えば一眼レフで撮った写真のバックのぼやけたような感じまで描き出されている。

s-藤.jpg
無数の輝く生命に捧ぐ(2011-13)
横7メートルを超す大作。これも実際の藤棚を写真に撮ったものを元に描いているが、写真そのままではない。だが花びらから蔓、葉の一枚一枚まで精緻に描かれた絵には執念さえ感じる。
実はこれは東日本大震災のあとに描かれ、花の一つ一つが犠牲者を表すものだという。鎮魂ということだろう。

s-kosumosu.jpg
コスモス(2013)
絶筆となった作品。余白の部分にはマス目がひいたままになっていた。

最後まで描き続けた新聞と自画像シリーズも、対照的なこの花のシリーズも執念というかある種の妄執というかいっそ狂気というかさえ感じてしまうが、とにかく凄いとしか言い様がない。どの作品もけして小品ではない。どれほどの労力が要っただろう。

さらに「新聞と自画像 2009年」では、休刊日を除く364日、毎日毎日新聞紙(この時は新聞は自筆ではない)の上に自画像を描くという課題を自分に課してやり通した。毎日記事に反応して表情が変わる。これも圧巻。(ついつい、記事を読んでしまって、こんなこともあったな、と思いながら見てしまった)

惜しくも2013年に急逝。こんな根を詰める作業をしていたら命も縮めただろうなあ、などと思ってしまった。
とにかく必見の展覧会。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

新年のご挨拶 [その他]

明けましておめでとうございます。
というか、ご無沙汰しております。
ちょっとブログを書くのがしんどくなって、しばらくお休みしておりました。
ぼちぼち再開しようかなと思っておりますが、以前よりペースを落として、記録に残したいものだけ書いていこうと思います。
よろしければお付き合い下さいませ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

藤田嗣治展 [美術]

東京都美術館
http://foujita2018.jp/
s-tirasi.jpg
藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)の没後50年記念の回顧展。正直言うとあまり好きなタイプではない。(と言う割にはなんだかんだ展覧会は見ている気もするけど。)ただ今回は、ごく初期の作品や、あまり見たことのない風景画など多彩な展示作を観ることができたのはよかった。

本当に初期の絵では、師の黒田清輝の影響が感じられる絵や、写実的な父親の肖像画などもあって、へええ、と新鮮。まさしく、こんな時代もありました、的な。

s-img_hi_02.jpg
二人の少女 1918年 油彩・カンヴァス
これも、言われないとフジタの絵と思わないかも。ちょっと不気味な感じさえする。

フジタはモジリアーニと交流があったそうで、その頃の絵にはモジリアーニと雰囲気が似てる作品もあった。若い頃のいろいろな試行錯誤が見えて面白かった。

s-img_hi_04.jpg
エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像 1922年 油彩、銀箔・カンヴァス
背景の部分が銀箔。使い方が琳派の屏風絵のよう。そして、衣装やソファ、クッションなどの質感が素晴らしい。これまであまりフジタのそういう細かい描写に気をつけて見たことがなかったが、この作品以外でも布地に対する繊細な表現力が素晴らしい。

s-img_hi_05.jpg
タピスリーの裸婦 1923年 油彩・カンヴァス
フジタの代名詞「乳白色の裸婦」像の一枚。なめらかな肌もさることながら、この絵も背景の布やシーツの描写が素晴らしく美しい。

s-img_hi_12.jpg
私の夢 1947年 油彩・カンヴァス
フジタは猫もたくさん描いている。自画像に猫を抱いた姿もある。これは眠る裸婦の周りを擬人化された猫や狐、兎などが取り囲む不思議な絵。戦後最初に描かれた裸婦だそう。

戦後、戦争画(「作戦記録画」とこの展示では説明)などを巡って戦争責任論があったりして日本に嫌気がさしたフジタは再び渡仏。後にフランスに帰化、カトリックの洗礼も受け、二度と日本には帰らなかった。

s-img_hi_07.jpg
フルール河岸 ノートル=ダム大聖堂
1950年 油彩・カンヴァス
ちょっと見るとユトリロかと思うような。不自然にいびつな建物がそこはかとない不安感を誘う。

波乱の人生。日本を捨てたと言われ、日本に捨てられたと言い。作品からは日本への郷愁などは全くと言って良いほど感じられない。晩年はランスで教会の製作にも携わり、宗教画も多く手がけた。

s-img_hi_08.jpg
礼拝 1962-63年 油彩・カンヴァス
最晩年の作品。自らと夫人を描き込んでいる。伝統に則った聖母像のようでもあり、しかしどこか不穏な空気も感じてしまう。

好きか嫌いかと聞かれればどっちかというと嫌いなんだけど(なぜと聞かれても困る)、でも見ておいてよかった。

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

縄文展 [美術]

東京国立博物館
http://jomon-kodo.jp/
「縄文―1万年の美の鼓動」
今何やら縄文がブームらしい。1万3千年前(これも諸説あるらしい)から約1万年も続いた縄文時代の実態はまだ謎が多いようだ。そりゃあ、文字もなかった頃だし、残された遺物も多くはない。学術的な研究はまだまだ途上なんだろうけれど、アート好きとしては様々な土偶や土器などの造形を楽しむのみ。

何年か前、土偶展があって、その時もかなり出品されていたが、今回は土偶の他に土器や装飾品、道具類も展示されていて縄文時代の造形美を俯瞰できる。
s-1.jpg
国宝火焔型土器 縄文中期 前3000~前2000年頃
縄文土器を代表する、縄文と言ったらこれ!と言うくらい有名。一体これほどの装飾がなぜ必要だったのか。単なる器ではなく、呪術などに使われたのか、謎はつきないが、とにかく面白い。岡本太郎でなくても、「芸術は爆発だ!」と言いたくなる。

土偶はどれも個性的。一口に土偶と言ってもいろんな形や大きさがある(1万年という幅があるのだから当たり前だが)。

s-3.jpg
国宝 土偶縄文のビーナス
「縄文のビーナス」と呼ばれている、のかと思っていたら、一応これが正式名称らしい。ふくよかに張った体つきは多産の象徴か。

s-4.jpg
土偶 合掌土偶
口の周りに髭っぽい装飾。これは男性かしら。兵士のようでもある。

s-2.jpg
顔面把手
か、かわいい。なんなんだこれは。
今回面白かったのは、人型の土偶だけでなく、猪や茸などの形をしたものもあったこと。必ずしも呪術的な目的だけでなく、もしかしたら単なる楽しみに手慰みとして作られたのかも?

民藝運動家の柳宗悦とか、岡本太郎などの芸術家が縄文芸術に惹かれて所蔵したというのもなんとなくわかる気がする。綺麗とか芸術品とか言うより、なんとも言えないパワーが発せられているような気がするのだ。

縄文時代がどんな時代だったのかという考古学的なことはわからないが、ともかくどの作品も面白くて見飽きなかった。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

平塚運一展 [美術]

千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html

s-1E29-620.jpg
木版画家平塚運一の回顧展。
1895年生まれで、102才で亡くなるまで創作を続け「木版画の神様」と呼ばれたという。恥ずかしながら知らなかった。
従来の浮世絵などの木版画は絵師、彫り師、摺師がそれぞれいて別業だったが、平塚は全てを自分でやる「創作版画」にこだわり生涯それを貫いた。どちらにも良し悪しはあって、特に彩色版画だとっ専門家の卓越した腕が冴える分業の方が繊細な表現では勝る気がする。そのせいか知らないが、画業の後半ではほとんど彩色版画はなくなり、ほとんど墨一色で勝負する作品になっていく。

0714_1.jpg
《東京震災跡風景 浅草》 大正12年(1923)
関東大震災で失われた東京の風景を残す運動に参加。

s-1.jpg
《机上小禽》  昭和3年(1928)

s-2.jpg
《雲崗瑞雲、蒙疆》 昭和32年(1957)
何度も墨を足して刷りを重ねた黒と白の対比が鮮やか。棟方志功を教えたというのがわかるような。

驚くのは、60代半ばを過ぎて渡米、以後現地でも木版画を指導しながら創作活動し新しい境地を開いていること。

s-3.jpg
《鏡No.Ⅰ 波斯更紗》  昭和45年(1970)
渡米後の作品。一連の裸体画シリーズは健康的なエロスを感じさせて、70代に入っても衰えるどころかますます旺盛な制作意欲に感心する。

晩年帰国後も102才で没する直前まで制作を続けた、まさに木版画の神様。圧倒された。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

モネ それからの100年 [美術]

横浜美術館
https://monet2018yokohama.jp/

単純にモネ展と思って行くとちょっと肩すかしを食らうかも。
もちろんモネの作品もあるけれど、過半数はモネ以降の作家達の作品。タイトルにそれからの100年とあるとおり、モネの後に続くアーティストの直接間接にモネの影響を受けたであろう作品をモネと並べることで、現代に至るモネの革新性や影響力を見せるのが趣旨の展覧会。
s-exhibition_slider_1-1.jpg
モネ《ヴィレの風景》 1883年

s-exhibition_slider_1-4.jpg
中西夏之《G/Z 夏至・橋の上 To May VII》 1992年

直接的に似ているとか模倣とかではないだろう。ただ、空気中の光の反射を捕らえようとする作家の目に親近感がある。

s-exhibition_slider_2-3.jpg
モネ《霧の中の太陽》 1904年

s-exhibition_slider_2-4.jpg
ゲルハルト・リヒター《アブストラクト・ペインティング(CR845-8)》 1997年 
上の2枚が空気とすればこちらは水中の光だろうか。揺らぎ、輝き、手に取ることのできない光。

s-exhibition_slider_3-2.jpg
ルイ・カーヌ《睡蓮》 1993年
モネの睡蓮シリーズに触発されたという作品。微妙な筆致や色の違う絵を並べることで、モネの一連の睡蓮の反復と変容に迫る。

s-exhibition_slider_4-5.jpg
鈴木理策《水鏡 14, WM-77》(左)《水鏡 14, WM-79》(右) 2014年
これは写真だけれど、水面に映った空と、水面に浮かぶ蓮の葉が溶け合うように美しい。

s-exhibition_slider_4-2.jpg
サム・フランシス《Simplicity(SEP80-68)》1980年
オランジュリー美術館のモネの絵に魅了されたフランシスが描いた作品。そういわれてみれば、なるほどと思う。

この他、リキテンシュタイン、ウォーホール、ロスコなど有名作家もあり、絵画だけなく映像もあったり盛りだくさん。
モダンアートというと難しく構えてしまうが、モネを切り口にしてあるためか、少なくとも見た目に色も綺麗な作品が多くて、理解できずとも楽しめた。子供向けの解説もあってこれが親切で大人にも重宝。モネを足がかりにしたモダンアート入門の展覧会とも言えそう。
もちろん、モネだけでも25点あるので、モネが好きな方はお見逃しなく。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。