So-net無料ブログ作成

ムーティ&シカゴ交響楽団 [音楽]

2月3日(日) 東京文化会館

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調op.64
リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」op.35

3年ぶりの来日。
今回のプログラムは3種。ヴェルディのレクイエム、ブラームスの1,2番。
ヴェルディは曲が苦手なのでパス、ムーティでブラームスかチャイコかと考えるとこちらのプログラムが魅力的。と言うことでこの日を選択。

チャイ5がまるでオペラのように歌に溢れ、各パートがメロディを紡いでいく。こんなにエモーショナルでエロティックささえ感じさせるチャイコフスキーは聴いたことがない。

シェヘラザードではもちろんオケのコンマス始め菅パートソロの名人芸がこれでもかと言うほどに披露される。(延々とアルペジオを弾くチェロトップにも感心ww)この艶やかさ、華麗さ。シェヘラザードの妖艶な物語が目の前で展開されるよう。
立ち上る香気に包まれるようなオケの饗宴にただただうっとり心奪われた至福の時間。

前回のコンビで初来日の時は荒馬を乗りこなす感じだったのがすっかり蜜月。ムーティもここへ来て腕に見合った手兵を得た感じかな。

ムーティは77歳と言うが全く歳を感じさせず相変わらずの若々しさ。かくしゃくなんていう言葉は似合わない。熟練の芸がますます深まる様子に今後がまだまだ期待される。4月の来日も楽しみ。

アンコールがあるとは思わなかったがジョルダーノの「フェドーラ」より間奏曲。甘美で上質なデザート。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。