So-net無料ブログ作成

秀山祭九月大歌舞伎 昼の部 [舞台]

歌舞伎座

1709歌舞伎座a.jpg
10回目を迎えた秀山祭。播磨屋らしい演目が並んだ。

一、彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
毛谷村
毛谷村六助   染五郎
お園       菊之助
杣斧右衛門   吉之丞
お幸       吉弥
微塵弾正実は京極内匠   又五郎

発端の杉坂墓所の場はなく、いきなり六助と弾正の立ち会いから始まる形。
弾正は又五郎で、ふてぶてしい様子がうまい。

染五郎の六助は播磨屋に習った様子がよく見えるが、播磨屋よりさらに一段明るい。
もうちょっともっさりした感じもあってもいい気がするが、まさに気は優しくて腕は立つ、と言う六助の美徳がくっきり見えて気持ちいい。子供をあやす優しさが微笑ましい。態度が一変するお園に振り回される様子が可愛い。師の娘で許嫁とわかってからのいちいち照れた様子とか、ほんとに気のいい男なんだな、という感じ。弾正に騙されたとわかっての怒りに、一転して武人らしい凜々しさがあふれてお園でなくても惚れ惚れ。

菊之助のお園は女武芸者のキリリとした様子から、六助が親の決めた許嫁と知っての豹変ぶりがなんとも可愛くいじらしい。でも何故か姉さん女房っぽく見えちゃったのはどうしてだろうね。

吉弥のお幸が品のある後室で、登場の時のちょっと不思議なおばあさんの雰囲気も良く(切り餅の投げ合いがちゃんとあったのはうれしい)、上々の出来。まだ老け役にはもったいないが、今後増えるかもしれない。
子役も達者で、後味の良い舞台。

仮名手本忠臣蔵
二、道行旅路の嫁入(みちゆきたびじのよめいり)
戸無瀬   藤十郎
小浪    壱太郎
奴可内   隼人

藤十郎は、去年顔見世の時より体が動いてなくて少し心配。存在感はさすがにたっぷりだけれど。
壱太郎の小浪は可憐。
この二人で九段目をと思っていたが、もう無理かもしれないなあ。でも八段目だけでもやれて良かった。
隼人の奴は月初は腰が高くて踊れてなかったが、楽にはだいぶ良くなってキビキビした動きも良かった。まあ、手足が長くて奴向きの体型ではないけれど。

河竹黙阿弥 作
三、極付 幡随長兵衛(きわめつき ばんずいちょうべえ)
「公平法問諍」
幡随院長兵衛    吉右衛門
水野十郎左衛門   染五郎
近藤登之助     錦之助
子分極楽十三    松江
同 雷重五郎    亀鶴
同 神田弥吉    歌昇
同 小仏小平    種之助
御台柏の前     米吉
伊予守頼義     児太郎
坂田金左衛門    吉之丞
慢容上人      橘三郎
渡辺綱九郎     錦吾
坂田公平/出尻清兵衛   又五郎
唐犬権兵衛    歌六
長兵衛女房お時   魁春

吉右衛門の長兵衛は何度見てもかっこいい。貫禄十分で、村山座で水野の子分をやっつける姿の颯爽とした様子に惚れ惚れ。だが何より素晴らしいのは台詞の調子。村山座や水野邸での啖呵はもとより、水野の屋敷に行くと決めた後の述懐や女房子供に聞かせる遺言の言葉の一つ一つが際立って胸に響き深く心に届いて震える。声色、調子、間、どこにも隙がなく聞き惚れるとはこのことか。今までも素晴らしかったが、今回は特に名調子に深みが増し、磨きがかかり、酔いしれた。ひたすら男として人間として大きく、だが家庭人としての悲しみもしっかり見せて、存在のすべてに圧倒された。

女房お時は魁春、このコンビはちょっと久しぶりかも。好きな組み合わせなのでうれしかった。控えめながらしっかりと情を伝える世話女房。着替えを手伝いながら、口に出さずとも交わす夫婦の情愛の深さに涙。

水野は染五郎だが、いかんともしがたい貫禄不足。まあ卑怯卑劣な旗本としてはあれくらいで良いのかもしれないけど、やはり水野は長兵衛と同格くらいの役者がやってくれないと、見ていて気分が悪い。こんな奴に殺されるのかよ!とかなっちゃう(苦笑)。
錦之助も最近増えてきた悪役だが、幕切れ、なんとなく播磨屋を見る目が「兄さん、かっこいいなああ」と言ってるように見えた(笑)。

又五郎が「公平問答」の公平から出尻へ早替わりで二役。全然違う役だし、何より公平の赤っつらから出尻へよく間に合うな~、と感心。そしてどちらも味があってうまい。
歌六の唐犬が渋い。

劇中劇の児太郎が何年か前のリベンジを果たした。ほんっとに下手だったんだよあの頃。よくここまで成長したなあ、と妙に感動してしまった。

吉之丞が持ち役だった舞台番から水野の家来に昇格していた。
その舞台番は吉兵衛に受け継がれ。
児太郎の件共々時の流れを感じる。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

8月その他Ⅱ [美術]

8月は展覧会もけっこう行ったけど、記事にする時間がなく。

20170708_poster-190x269.jpg
吉田博展
昨年、千葉で見たがやっと東京に巡回してきたので再見。やっぱり好きだわ、この人の作品。

ベルギー奇想の系譜
Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_belgium/
ボスやブリューゲルから、20世紀のマルグリッドまで。
前半のボス、ブリューゲルとその後継者の当たりは、ちょっと前に見たブリューゲル展と重なる部分も多く、流してしまった。面白かったのは後半19世紀末以降の、クノップフからアンソール、マルグリッドなどの方。
それにしてもどうしてベルギー地方でこういう画家が輩出されたのか、不思議。

沢田教一写真展
ベトナムなどの戦場写真家として知られ、カンボジアで襲撃されなくなった沢田教一。ピューリッツァー賞受賞の写真や、若い頃の故郷青森で撮った写真など。
アメリカ兵にもベトナム市民(兵)にも公平な眼差しを送った沢田の写真は半世紀を経てなお胸に迫る。

深澤直人がデザインする生活の周囲展
https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/17/170708/
パナソニック汐留ミュージアム
深澤直人の名前は知らなくても、作品を見れば、あ、これ知ってる。と思うものがいっぱい。
家電、家具、食器、照明器具。。。生活を彩るスマートで出しゃばらないデザインが素敵。
こういうのばっかり家にあったら良いだろうなあ。。。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

8月その他 [舞台]

もう9月に入ってしまって、書き切れなかった8月の観劇記録。

1708音の会.jpg
8月11日(金)
音の会
国立劇場の歌舞伎音楽既成者研修発表会だが、目当ては最後の吉野山。梅乃さんの静と蔦之助さんの忠信。竹本だけの伴奏で、振りも見慣れたものと少し違ったような。

8月21日(月)
歌舞伎座納涼歌舞伎第三部
野田秀樹 作・演出
  野田版 桜の森の満開の下(さくらのもりのまんかいのした)

感想がまとまらず、書けなかった。
所々にぶっ込まれてる歌舞伎要素(勘九郎の毛振り(毛ないけど)とか、耳男と夜長姫が花道を走って入る時、二人の位置がくるっと変わって夜長姫が先に立つとこは曽根崎心中のパロだよなとか)がツボで、普通の歌舞伎公演で二人のこれらが見たいなあ。

勘九郎と猿弥の文字通り体を張った演技が凄い。特にほとんど出ずっぱりの兄。流され振り回され自分を見失う中での最後の覚醒。そして七之助は無邪気な童女のような笑みから鬼女の凄味まで、表情も声色も幅広く見せて圧倒的。二人に圧されてやや影の薄い染五郎は損したかも。

普段野田の芝居を見ないのでこれがどういう位置づけの演目なのかわからない。これを歌舞伎でやる意義も正直言ってわからない。題材的には歌舞伎向きなのかもしれないけど、それならもっと歌舞伎らしい演出というのもあっても良いのでは、と言う気もしないではない。でもそうしないのが野田流なんだろう。

1708研の會.jpg
8月28日(月)
研の會

一、神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)

娘お舟:尾上右近
新田義峯:尾上松也
傾城うてな:市川蔦之助
下男六蔵:澤村國矢
渡し守頓兵衛:片岡市蔵

二、上 羽根の禿(はねのかむろ) 
        禿梅野:尾上右近
  下 供奴(ともやっこ)
        奴菊平:尾上右近

尾上右近の自主公演、三回目。
カテコで「悔しさ一杯」と言うとおり、三回目にしていちばん壁に当たってる感じはした。というか意外に難しい役であり踊りだったな、と見えた。特に踊り。技術は素晴らしい。でも大真面目にやられると見る方は楽しくない。とはいえ、真摯に取り組む姿は清々しい。来年も楽しみだ。

1708巡業西.jpg
8月31日(木)
松竹大歌舞伎 巡業西コース

猩々は梅花の酒売りが品があって綺麗。巡業とは言えこういう役で梅花さんを見られるのが嬉しい。猩々は松緑と橋之助。ゆったりとした動きが美しい松緑とキビキビした橋之助の対比が楽しい。

芝翫型の熊谷も回を重ねてすっかり自分のものにした様子。単に珍しい型だからやるではなく、自分に合った型になったのだろう。相変わらずの熱演型なのはおいといて。梅玉の義経がさすがに気品と貫禄で魅せた。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ボストン美術館の至宝展 [美術]

東京都美術館
http://boston2017-18.jp/

一応章立てとして、古代エジプト、中国、日本、フランス、アメリカ、現代、、、などとなっているのだが、エジプトがあってギリシャやローマがない、とか、フランスといっても19世紀以降ばっかりとか、なんか妙に偏ってるな、と思ったら、作品を寄贈したコレクターごとの特集なのだという。こういう切り口は初めて聞いた。ふうん、なるほど。とはいえ、こちらはコレクターになぞ興味がないので、その辺の説明はさっと流す。

1.jpg
陳容
《九龍図巻》(部分)
中国美術から。巻物なのでそんなに大きくはないのにこのド迫力。この正面向いた顔、珍しい。
この展覧会でいちばん気に入った作品。

日本画のコーナーでは、曾我蕭白や、酒井抱一、喜多川歌麿など。
英一蝶の巨大な涅槃図が目玉。

フランス絵画は19世紀。ゴッホやモネ、セザンヌなど印象派、ポスト印象派が中心。

3.jpg
最大の売りはゴッホの「ルーラン夫妻」が揃って出品されていること。
背景も違うし、最初から対になった作品ではなさそう。ルーラン夫人の背景がゴッホらしくて素敵。

2.jpg
ジャン=フランソワ・ミレー
《編み物の稽古》
貧しいけれど温かな母子の情景。ミレーが農民に注ぐ眼差しが優しい、大好きな一枚。

もちろんご当地アメリカ絵画のコーナーも。オキーフ以外はあまり知らない名前が多かった。
むしろその後の版画、写真のコーナーでホーマー、ホッパー、アンセル・アダムスらが並んでいた。

4.jpg
エドワード・ホッパー
《機関車》

最後は現代作品。ウォーホール、ホックニーは当然として、並んで村上隆もあった。

ボストン美術館ほどの規模のコレクションから選ぶのだからどれを持ってくるかも決めるのは大変だろう。見る方も、あれが見たかったとか、またこれかとか、贅沢を言い出したらきりがない。
十分に素晴らしい作品が並んでいる。日本で見られるんだからありがたいと思わなくっちゃ。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた! [美術]

東京藝大美術館
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2017/collection17/index.html#top

藝大創立130周年記念の展覧会だとか。藝大が所有する美術品、卒業生や教授らの作品などを集めた、「大」コレクション。

第一部は名品として資料として集められた古美術が並ぶ。古くは奈良時代の仏像から江戸時代の絵画まで。

OgataKourin.jpg
尾形光琳 槇楓図屏風
よく見ると不思議な絵。一本だけ真っ直ぐな槇。構図的に均整が取れてなくてバラバラな感じもするけど、でも綺麗。(色がクリスマスっぽいとか思ってしまって、なんかすいません)

近代編では明治から昭和にかけての作品が並ぶ。
TakahashiYuichi.jpg
高橋由一 鮭
明治の洋画といえば真っ先に頭に浮かぶ一枚。ただし由一は藝大卒でも教えたこともなく、芸大とは縁がないそうだが、それでも明治の油絵の代表作としてここに展示とのことだった。

OguraYuki.jpg
小倉遊亀 径
これは前にもどこかで見たな。なんてことない光景だけど、見ているとうきうきしてくる。お母さんと子供、それに犬も歩調を合わせて行進しているような。

第二部はテーマ編としていくつかの特集展示。
ここには比較的新しい卒業生の作品などもあったが、やはり惹かれるのは昔のものの方なのは申し訳ないが仕方ない。

平櫛田中の作品もいくつかまとめて展示。

Katujinsen.jpg
平櫛田中 活人箭
明治41年にはじめ石膏で作ったものを昭和37年木彫で再制作したものだそう。凄い迫力。
どの作品だったか、下の台に「芸大がくれというからやる」みたいなことが書いてあって、面白い人だなあ。

卒業制作のコーナーでは、横山大観、山口蓬春、高山辰雄と言ったそうそうたる名前が並んで壮観。

また、現代作家の若き日の自画像では、千住博、村上隆、山口晃など現代の売れっ子作家の自画像がずらりと並んで楽しい。千住博の人物画なんて初めて見たし。

その他、岡倉天心や藤田嗣治に関する写真や資料などもあったり、まさに藝大の歩みを展示する展覧会。
まあ、そういうことに興味がなくても、コレクションの名品だけでも見に行く価値十分にあり。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート