So-net無料ブログ作成

二月大歌舞伎夜の部 [舞台]

s-1902歌舞伎座1.jpg

歌舞伎座。
2月公演は初世辰之助の追善で昼夜とも縁の出演者と演目が出た。

一谷嫩軍記
一、熊谷陣屋(くまがいじんや)
熊谷直実   吉右衛門
藤の方    雀右衛門
源義経    菊之助
亀井六郎   歌昇
片岡八郎   種之助
伊勢三郎   菊市郎
駿河次郎   菊史郎
梶原平次景高  吉之丞
堤軍次    又五郎
白毫弥陀六  歌六
相模     魁春

また熊谷か、と思わないでもなかったが、と言っても杮落とし以来だから約6年ぶりである。
吉右衛門の熊谷、前回杮落とし、その前のさよならいずれとも違う感じがするが細かいところはわからない。ただとにかく今回はさらに息子への情を深く深く胸にしまい込んだ様子が見えて悲しみが滲む。

最初の花道の出からじっと胸に全てをしまい込んで、悲しみも空しさも抑え込んで、でも溢れてしまう辛さや息子への愛情が、その後の戦物語の時も首実検の時も、熊谷からにじみ出ていた。
朗々たる声の物語の明快さに隠れる真実の痛ましさを知って観ている観客は、熊谷の心の内の血の涙を見る思い。

昔とやってることは変わらないのになぜこう印象が違うんだろう。いや変わってないわけじゃない。特に相模に首を渡す時。歌舞伎座さよならの時は相模を睨むように「わかってるな、余計なことは言うなよ」と言ってるような厳しさがあったような気がするが、今回は「わかってくれ、他にどうすることもできなかったんだよ」と心の中でわびているように見えた。

前回までの方が、熊谷から感じられる圧は凄かった。今月はむしろ淡々としているようでいて、とにかく深い。前回までが武士としての熊谷の苦悩を見せていたとすれば、今回はもっと普遍的な人間として子を自ら手にかけたものの苦悩を表していたと言えようか。
台詞だけでなく、表情だけでなく、仕草だけでなく、播磨屋の存在そのものが熊谷の渦巻く感情を体現しているようで、目も耳も一時も播磨屋から離れられなかった。

揚げ幕の近くの席で見た日、播磨屋の熊谷が出てきても、拍手できる感じじゃないわけですよ。纏ってる空気がもう、役者が出てきたんじゃなくて、息子を手にかけた男が出てきたそのもので、そんな人に拍手とか大向こうとか、とんでもない感じで。客席全体がのまれたように静まりかえっていた。

周りも素晴らしかった。
魁春の相模が本当に素敵だった。私的には先代の京屋さんに匹敵するレベル。熊谷が義経に首を見せている間小刻みに震える背中に泣ける。控えめな妻ながら息子を失った母の悲しみに暮れる口説きが切々。
雀右衛門の藤の方が品があり昔は院の愛妾の面影を残す。この二人はどっちがどっちでもいけるんだな。
菊之助の義経台詞がはっきりして御大将の気品と位取りで温情も。

そしてさらに凄かったのが歌六の弥陀六。元は武士としての気骨があり、過去への悔いや、平家一門への申し訳なさなどが十二分に見える。義経に呼び止められて、花道で顔を上げた瞬間石屋から武士の顔に戻ってる迫力に圧倒された。

竹本の葵大夫の絶唱も含めて、隅々まで隙のない大舞台。義太夫狂言の今望みうる最上の舞台を見た思い。

二、當年祝春駒(あたるとしいわうはるこま)
工藤祐経   梅玉
曽我五郎   左近
大磯の虎   米吉
化粧坂少将  梅丸
曽我十郎   錦之助
小林朝比奈  又五郎

今月は初世尾上辰之助三十三回忌追善公演。孫の左近も出演。
左近はキビキビとした行儀の良い踊りを見せ、筋の良さを感じさせる。声変わり中で台詞はこれからだが、何より視線の真っ直ぐな強さが頼もしい。将来性十分。
周りも若い左近をもり立てる。
梅玉の工藤が包容力のある様子。
錦之助の十郎が若々しく、左近と兄弟の違和感がないのは恐れ入る。
又五郎の小林もさすがに踊りが上手く、豪胆な様子もあってみせる。
米吉と梅丸が可憐。


三、名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)
縮屋新助   松緑
芸者美代吉   玉三郎
魚惣     歌六
船頭長吉   松江
魚惣女房お竹   梅花
美代吉母およし  歌女之丞
藤岡慶十郎   梅玉
船頭三次   仁左衛門

夜の部の追善狂言。
松緑の新助は、初演と違い大御所に引っ張られて格段の出来。やはり共演者って大事よね。正直者でうぶな田舎者が、高嶺の花と思っていた女のために破滅していく姿を直球で演じた。裏切られた後の号泣、幕切れの殺しの後の高笑いに胸が締め付けられるよう。

玉三郎の美代吉、悪女ではないが、見栄っ張りでその場その場で口に出す言葉の軽さがやりきれない。いい女なんだろうが、絶対に同性に好かれないタイプ。
仁左衛門の三次もキング・オブ・クズ男で、金にだらしなく女にたかるだけの男。まあしかし、にざ様に抱きつかれて「姐は~ん」って甘えられたら、抵抗できる女はいませんな。
梅玉の藤岡の殿様が最高。鷹揚で、金の使い方も、女の切れ離れも綺麗で、まあ現実にはいそうにないが、梅玉さんがやるとピタリとはまる。

歌六の魚惣が江戸っ子らしい面倒見の良さと気の短さを見せて秀逸。
梅花、歌女之丞、京蔵がそれぞれ役にあった雰囲気を出して上々。さすがベテランの味。

ただ惜しむらくは最後の演出がなあ。音だけうるさい雷と雨、ピカピカ雷光、雨粒はミスト。ほとんど濡れない二人。土砂降りの中びしょ濡れになって地面を這いずり回りながらの殺しだからこそ陰惨さが際立つのでは?無人の舞台に満月が映える素晴らしい幕切れも床が濡れてないから月が反射しない。ガッカリ。
季節柄、濡れて風邪をひいてはということかもしれないが、そんなこと心配するんなら2月にこの演目をやらなければいい。本来夏芝居なんだから。辰之助縁の演目など他にもあったろう。そこまでの芝居が良かっただけに余計に残念だった。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

壽 初春大歌舞伎・夜の部 [舞台]

歌舞伎座
s-1901歌舞伎座.jpg

この頃毎年のことながら、大坂の松竹座も含めて五座で歌舞伎の公演が行われる1月。盛況なのはめでたいが、各座がやや手薄に感じられてしまうのも事実。そろそろなんとか考えた方が良いんじゃないのかしらね、と思う。

一、絵本太功記(えほんたいこうき)
尼ヶ崎閑居の場
武智光秀  吉右衛門
操     雀右衛門
武智十次郎  幸四郎
初菊   米吉
佐藤正清  又五郎
真柴久吉  歌六
皐月   東蔵

吉右衛門の光秀は、信念に生きる武将の剛と、その信念故に母と息子を同時に失う男の悲痛を重厚に描き出す。竹藪からぬっと現れた姿の古怪な不気味さは錦絵のよう。團蔵型の出(笠を上でなく下に下げる型)がよく似合う。十次郎への「おお、ててじゃ、ててじゃ」に厳しくも父の愛情がのぞく。二人の落入の後の扇子に隠した泣き顔。一分の隙もない。
自分は絶対に間違ったことはしていない、なのになぜこんな思いをしなければならないのか、という悲憤が青い焔のように全身から立ち上って舞台を覆い尽くす。哀しみも憎しみも深く大きく観る者を揺さぶる。このスケールの桁違いな大きさよ。

十次郎の幸四郎が儚くも美しい若武者姿。まだまだ息子には譲りません!てか。叔父との父子役、泣けるわ~。
米吉の初菊も可憐で一途な様子で、幸四郎相手に健闘。
雀右衛門の操が控えめな妻女でよく似合う。
歌六の知将ぶり、又五郎の勇猛さと周りも揃う。
皐月は本役が東蔵で、数日休演した時の代役は秀太郎だった。個人的には秀太郎の方が義太夫狂言のコクと、皐月の息子を許さない厳しさがあってニンだったと思う。
ともあれ、時代物義太夫狂言の濃厚な一幕を堪能。チーム播磨屋の盤石さを改めて思い知る。

二、勢獅子(きおいじし)

鳶頭   梅玉
鳶頭   芝翫
鳶の者  福之助
鳶の者  鷹之資
鳶の者  玉太郎
鳶の者  歌之助
芸者   雀右衛門
芸者   魁春

勢獅子は、ぱあっと気分を変えて明るく賑やかで楽しい舞台。
梅玉も芝翫も踊りの名手というわけではないが、鳶頭らしい粋な様子に見せているのはさすが。
踊りに関しては鷹之資始め若手の方が活きの良いところを見せて気持ちよい。
雀右衛門と魁春が艶っぽい。
お弟子さんらによる鳶と手古舞の踊りも楽しく、正月にはぴったり。

三、松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)
吉祥院お土砂の場
四ツ木戸火の見櫓の場
浄瑠璃「伊達娘恋緋鹿子」
紅屋長兵衛  猿之助
八百屋お七  七之助
母おたけ   門之助
長沼六郎   松江
若党十内   廣太郎
同宿了念   福之助
釜屋武兵衛   吉之丞
友達娘おしも  宗之助
月和上人   由次郎
下女お杉   梅花(竹三郎代役) 
小姓吉三郎  幸四郎

湯島掛額は、芸達者な猿之助が上手く笑いを誘い、松江もお笑い担当。ハズキルーペのCMのパロディとかDA PUMPのUSAとか色々ぶっ込んでた。
幸四郎が前髪の若衆が無理なく似合い、七之助のお七と美男美女のカップル。吉三がお七を介抱する場面は猿之助が様々にちょっかいを出して爆笑。
ちょっと久しぶりな由次郎が元気だったのが嬉しい。
お土砂のとこ、キッチーは最後幕を自分でひいてた気がするが違うやり方だった。まあ馬鹿馬鹿しい話だが理屈抜きで楽しめた。

最後の火の見櫓の場は七之助の人形振りが見どころ。腕だけじゃなく指の動きも人形。ビスクドールのような顔が美しくもちょっと怖い。その前のお杉とのやりとりがふにゃふにゃしてるだけに余計に動きの激しさが際立つ。
梅花のお杉がさすがに手堅く上手い。
月初に観た日は竹三郎も元気そうだったのに後半休演。お年だけに心配。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

松竹座7月大歌舞伎夜の部 [舞台]

元禄忠臣蔵
一、御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)
徳川綱豊卿    片岡 仁左衛門
富森助右衛門   市川 中車
中臈お喜世    中村 壱太郎
小谷甚内     片岡 松之助
上臈浦尾     上村 吉弥
御祐筆江島    中村 扇雀
新井勘解由    中村 歌六

何年前だったか、中車の襲名披露の南座公演でやるはずだったのが仁左衛門休演で梅玉に変わった演目。やっと中車と仁左衛門の共演が実現した。

仁左衛門の綱豊卿は当たり役。ちょっと皮肉っぽい物言いや、喜世への優しげな様子、助右衛門の心底を探ろうとあの手この手で問い詰める、余裕たっぷりな様子から、思わぬ反撃を受けての一瞬見せる激昂まで様々な表情を見事な台詞回しと、目の動きで見せていく。その的確さに舌を巻く。

中車ははじめは綱豊の手のひらで踊らされる猿のように追い詰められながら必死にかわそうとする。汗だくの熱演。その必死さが、なんとか仁左衛門に対応しようとする中車自身の姿とオーバーラップして感動してしまった。こういう書き物なら中車も十分歌舞伎役者としてみられるようになった。凄いと思う。

扇雀の江島が良い。いかにも頭の良い御右筆という才女で、サバサバした様子もあって扇雀に似合いの役。
壱太郎のお喜世は可憐で初々しい。初演の時はキャンキャンうるさい感じがしたが、しっとりと落ち着いた。
そして歌六の勘解由が落ち着きと威厳ある様子で舞台を締める。
吉弥が浦尾なのはちょっともったいない気も。
     
二・口上

s-1807松竹座油地獄.jpg
三、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)
河内屋与兵衛   染五郎改め松本 幸四郎
七左衛門女房お吉  市川 猿之助
山本森右衛門   市川 中車
芸者小菊    市川 高麗蔵
小栗八弥   中村 歌昇
妹おかち   中村 壱太郎
刷毛の弥五郎   大谷 廣太郎
口入小兵衛   片岡 松之助
白稲荷法印   嵐 橘三郎
皆朱の善兵衛   澤村 宗之助
母おさわ    坂東 竹三郎
豊嶋屋七左衛門  中村 鴈治郎
兄太兵衛     中村 又五郎
河内屋徳兵衛   中村 歌六 

与兵衛を当たり役とした仁左衛門の指導を受けて新幸四郎が与兵衛を上方の地で演じる。高麗屋の芸だけでなく、松嶋屋の芸も受け継ごうという幸四郎の意欲が表れた演目選定。
既に何演目か、しっかり自分のものにしている印象の幸四郎の与兵衛。子供のようにくるくる変わる表情、自分を制御できない幼さ、わがままさ、あかん奴と思っていても親や兄弟やお吉が面倒を見てしまう「ほっとけない子」が上手く出ている。

だが今回、これまでと違ったのは、今まで女殺油地獄を見て、徳兵衛おさわの為に泣いたことはあっても与兵衛の為に泣いたことはなかった。でも今夜の幸四郎与兵衛には泣けた。甘えたで乱暴者で救いのないアホだけど、でもこんなことになるなんて自分がいちばん驚いているような、どこでどう掛け違ってしまったのか、観ていて苦しかった。
何度も何度も引き返すチャンスはあったのに。勘当されて家を出たときの寂しげで切ない表情。今詫びを入れて心を入れ替えたら、と本人も思ったはずのあの顔。お吉に借金を頼む、親に迷惑かけたくないという真情がお吉にちゃんと届いていたら。そこに脇差しがなかったら。絶望して刀にふと目をやった瞬間、スイッチが入ってしまった。自分でももう止められない、ブレーキのない気持ちの暴走の。切なくて苦しくて、お吉の「死にとうない」が恐ろしくて悲しくて、耳をふさぎたくなった。
ただ可哀想とか哀れとかいう同情ではない、仁左衛門が見せたような狂気でもない、そこら辺にいるあんちゃんが闇に落ちていくのを目の当たりにしているような怖さ、誰か止めて止めて、と思う苦しさを感じた。

猿之助お吉は、ちょっと年増の色気もある、面倒見の良い堅気の女房の雰囲気がちゃんとあって素敵だった。前にやった吃又のおとくも良かった。こういう役ももっと観たい。

歌六の徳兵衛が、ちょっと気の弱い、継子故に与兵衛に厳しく当たれない優しさと切なさが溢れる。
竹三郎のおさわも徳兵衛に遠慮しながらも与兵衛を見捨てきれない母の情の悲しさを見せる。

回りも揃って、襲名にふさわしい大舞台となった。
弁慶と与兵衛という全く違う二役を見せた幸四郎の華がますます大きく開いたように感じた。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

松竹座7月大歌舞伎昼の部 [舞台]

高麗屋襲名披露公演の松竹座。今月は染五郎は出演せず、白鸚と幸四郎の二人。

一、廓三番叟(くるわさんばそう)
傾城千歳太夫 片岡 孝太郎
新造松ヶ枝  中村 壱太郎
太鼓持藤中  中村 歌昇

なぜこの暑い盛りに正月の郭が舞台の演目を出すのか、わけがわからないけど、そこに目をつむればたおやかで押し出しも良くなった孝太郎の傾城がしっとりとしてよく、壱太郎の新造も愛らしい。こういう柔らかい役はどうかと思った歌昇もやや顔芸気味なのを除けばまずまず軽さもあって悪くない。短いが華やかな幕開け。

菅原伝授手習鑑
二、車引(くるまびき)
松王丸   中村 又五郎
桜丸    中村 扇雀
杉王丸   中村 種之助
金棒引藤内   中村 寿治郎
藤原時平公   坂東 彌十郎
梅王丸   中村 鴈治郎

又五郎に扇雀、鴈治郞という中堅での三兄弟。実力の割に役に恵まれない印象のあるこの年代のこれからを占う一幕でもあった。
鴈治郞の梅王丸はなんといっても見た目が、フィギュア下さい、と言いたくなる。コロンコロンしていて可愛い。力感もあってまずまず。
扇雀の桜丸はもう少し柔らかみがほしいが、すっきりと品が良い。
そして又五郎の松王丸が力強く堂々として立派。
ほんとにこの世代の人たちにもっと頑張ってもらわないと、10年後といわず数年後の歌舞伎界が危ないんだから、もっともっと機会を与えてあげてほしいと思う。
彌十郎の時平もしっかりして立派だが、古怪さがほしいところ。

三、河内山(こうちやま)
松江邸広間より玄関先まで
河内山宗俊  幸四郎改め松本 白鸚
高木小左衛門  坂東 彌十郎
宮崎数馬   市川 高麗蔵
腰元浪路   中村 壱太郎
北村大膳   松本 錦吾
松江出雲守   中村 歌六

今月の白鸚の襲名披露狂言。
白鸚独特の台詞回しは苦手だが、この人らしい愛嬌とおかしみのある河内山。
歌六の松江候とは意外な配役だが、さすがに何でもこなす。とは言え、やはりニンではないようで、馬鹿殿には見えずちょっと苦しい。
彌十郎以下回りも手堅く揃うが、襲名披露としては物足りない気がしないでもなかった。

s-1807松竹座勧進帳.jpg
四、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
武蔵坊弁慶  染五郎改め松本 幸四郎
源義経    片岡 孝太郎
亀井六郎   市川 高麗蔵
片岡八郎   中村 歌昇
駿河次郎   中村 種之助
常陸坊海尊   松本 錦吾
富樫左衛門   片岡 仁左衛門

1月の襲名公演でも出した勧進帳の弁慶。幸四郎は1月より力みが減って、でも力強く忍耐強く、そして人一倍情のある弁慶。スーパーマンじゃないけど皆がついて行きたいスーパーリーダー。1月より山伏問答がきっちりとして良くなった。延年の舞は前も良かったけどさらに余裕が出来て素敵。最後の六方までゆるみなく引き締まって、豪快。父や叔父とも違う十代目幸四郎の弁慶が見えてきたのかもしれない。

さらにまたニザ様の富樫の素敵なこと!端正で涼やかで、しかし職務遂行能力半端ないのに人情味が篤い。こんな上司がほしいナンバーワン、みたいな。吉右衛門の重厚な富樫とはまた違う、いかにも切れ者の、鋭く冷静沈着な能吏らしい富樫。

意外と言っては失礼だが孝太郎の義経も良かった。個人的には女形の義経は好きじゃないんだけど、品があって悲劇の貴公子の影と御大将の威厳もさらりとうかがわせたあたり上出来。

襲名披露らしいいい舞台だった。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

六月大歌舞伎 夜の部 [舞台]

歌舞伎座

一、夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)
鳥居前
三婦内
長町裏

団七九郎兵衛  吉右衛門
お辰      雀右衛門
一寸徳兵衛   錦之助
お梶      菊之助
下剃三吉    松江
玉島磯之丞   種之助
傾城琴浦    米吉
団七伜市松   寺嶋和史
大鳥佐賀右衛門  吉之丞
三河屋義平次  橘三郎
堤藤内     桂三
釣船三婦    歌六
おつぎ     東蔵

なんで今また団七をやるんだ。孫と一緒に舞台に出たいだけだろ~(笑)なんてみんな言ってて、私も演目聞いたときは、は~(?)、と思ったけど。
はじめの鳥居前は錦之助との立ち回りもあるが、やっぱり最後の和史君が出てきてからのデレデレぶりが微笑ましく、(ほとんど素でやってるだろ!)ってつっこみたくなる。いや、可愛いんですけどね。

だが長町裏で全てが変わる。
舅義平次に追い詰められる苦悩の深さ、思いがけず手にかけてしまってからの覚悟を決めての壮絶な立ち回り、とどめを刺してから、刀や体を洗い、浴衣をやっと着て、犯した罪におののきながら花道を足下もおぼつかないように入っていく姿を覆う深い真っ暗な闇。うなされるように「わっしょい、わっしょい」と口ずさみながら。
歌舞伎という芝居は、得てして人が簡単に殺されてしまうものだけれど、これほどただ一人の殺人が重く苦しく描かれることは少ないのではないか。それも死ぬ方の哀れさではなく、殺した方の悲痛を見せられたことはない。こんなに悲しい長町裏の場は初めて見た。

徳兵衛の錦之助は前回に比べると押し出しも良くなって、吉右衛門の団七と釣り合うとまでは行かないものの、しっかりついて行っていた。
菊之助の女房お梶もすっかり吉右衛門とも馴染んできて、いい世話女房ぶり。
和史君は、まだ上手いも何も、と言う段階だが、とにかくよく頑張りました。

歌六の三婦が出色。年は取ってもまだまだ若い者に引けは取らない血気盛んな、面倒見の良い侠客で、まあ格好いいのなんの。ちゃんと団七や徳兵衛が駆け出しに見える貫禄もあり立派。

雀右衛門のお辰は、月初に見たときはあまりニンじゃないのかな、と思ったが楽日には女侠客らしい粋であだっぽい色気もあるいい女になっていた。
橘三郎の義平次も嫌らしい薄汚い爺で団七でなくても嫌悪感を感じるような男を熱演。吉右衛門に一歩も譲らない、殺しの場の熱闘とでもいおうか、が素晴らしかった。

種之助の磯之丞、アホぼんのふわふわした感じを懸命に出していた。この頃女形もやってる経験が生きてたのかも。
米吉の琴浦は可愛げとはんなりした色気もあってまずまず。三婦内で磯之丞に焼き餅を焼くところには気の強そうな面も見えて良かった。
東蔵のおつぎは、もう少し侠客の女房らしいちゃきちゃきした感じがほしいか。なんか普通の堅気のおかみさんみたいだった。

宇野信夫 作
二、巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)
深川黒江町寺門前虎鰒の太十宅の場より
深川丸太橋の場まで
龍達   芝翫
虎鰒の太十  松緑
おとら  児太郎
おとま  梅花
薬売勝蔵  橘太郎
徳兵衛   松江
おいち   雀右衛門

十七世勘三郎がしばしば龍達を手がけた芝居だそうで、久しぶりの上演。私も生では初めて見た。
怪談なのだが、前半は芝翫と松緑、雀右衛門のやりとりが掛け合い漫才みたいになって笑わせる。
思うに芝翫の気質が明るくて龍達のドロドロした闇や金銭への執着に怖さがあまり感じられず、殺された後の幽霊でさえ笑いを誘ってしまうのではないか。それも一つのやり方かもしれないが。

松緑はこういう世話物のやくざものはすっかりお手の物で、その日暮らしの遊び人の浅はかさや、根っからの悪人ではないが情の薄い、そのくせ女にはもてる太十を好演。
雀右衛門のおいちも、普段あまりやらない役だが、底辺で暮らす女の疎ましさ、余裕のなさから来る酷薄さなどを見せて、新しい顔を見た気分。
児太郎のおとらがただただ哀れ。
梅花の隣家の女房が世話好きで、でもどこか投げやりな長屋の女房。
橘太郎の薬売りが怪演。よいよいで体の利かない様子がリアルで、本人は全く悪人ではないのに、どこか不気味で、可笑しいのにちょっと怖い。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

四月大歌舞伎・昼の部 [舞台]

歌舞伎座

昼の部は音羽屋中心。
幕開きは明治維新150年記念とやらの一幕。

s-1804歌舞伎座昼西郷.jpg
真山青果作「江戸城総攻」より
松竹芸文室 改訂
大場正昭 演出
一、西郷と勝(さいごうとかつ)
西郷隆盛   松緑
山岡鉄太郎  彦三郎
中村半次郎  坂東亀蔵
村田新八   松江
勝海舟    錦之助

西郷と勝の会談による江戸城無血開城にいたる場面。まあ、とにかく西郷の台詞が多い。全体の七割くらいは松緑西郷がしゃべってる感じ。
初日も見たが、初日から松緑はその長台詞をよくこなし、西郷の豪放な性格を見せると共に、楽日間近では台詞に心情を上手く乗せることができるようになっていた。「戦争ほど残酷なものはない」という台詞に悲痛な魂の叫びが聞こえ、胸を打つ。客席からも大きな拍手が来ていた。

錦之助の勝というのはちょっとお行儀良すぎる感じもあってイメージとは違うけど、私利私欲のない真っ直ぐな好漢ぶり。
彦三郎の山岡も熱血漢。いつもながら良い声。「将軍江戸を去る」の山岡も見てみたい。

s-1804歌舞伎座昼先代萩.jpg
通し狂言
梅照葉錦伊達織
二、裏表先代萩(うらおもてせんだいはぎ)
下男小助/仁木弾正  菊五郎
乳人政岡       時蔵
細川勝元       錦之助
下女お竹/沖の井   孝太郎
倉橋弥十郎      松緑
荒獅子男之助     彦三郎
渡辺民部       坂東亀蔵
鶴千代        亀三郎
松島         吉弥
大場宗益       権十郎
横井角左衛門     齊入
栄御前        萬次郎
八汐         彌十郎
大場道益       團蔵
渡辺外記左衛門    東蔵

以前、十八代目勘三郎が小助、弾正、政岡をやったのを見たことがある。それ以来。菊五郎はさすがに政岡はやらず、小助と弾正のみ。それでも偉いと思うけど。
小助では、手慣れた世話物の小悪党の風情が上手い。はじめはいかにも気の利く下男といった様子が、一瞬でがらりと顔つきを変えて殺人も犯す。後半の裁きの場でも善人らしい様子から、証拠を突きつけられての開き直りぶりが鮮やか。
一方の弾正では、床下からの引っ込みが悠然として不気味。かなりゆっくり時間を掛けての引っ込みで間を持たせるのがさすがベテランの芸。
刃傷の場ではさすがに動きがキレキレとは行かないが凄味と殺気溢れる様子。

時蔵の政岡。ずっと見てみたいと思っていた。片外しの似合うのでは当代いちばんの女形だし。キャリアウーマンのようなキリッとした様子と、母としての情がほどよいブレンド具合。今回は飯炊きもない短縮版。次はぜひ竹の間からやってほしい。

彦三郎の男之助は見た目は細めだが声がよく出て大きく見えて立派。
孝太郎が健気な下女のおたけと、沖ノ井の二役。全く違う二役できっちり存在感を出した。

対決は伽羅先代萩だと弾正対勝元だが、裏では小助対弥十郞。
松緑がここでも弁舌爽やかに小助を追い詰める。いやしかし、西郷といい、松緑が台詞劇でこれだけやれるようになるなんて、、、。嬉しい。

團蔵がいかにも強欲で女好きなゲスなやつ。
彌十郎の八汐はちょっと憎々しさが足りない気も。

まあ、伽羅先代萩に比べるとさすがに話のこくがないというか薄い感じはしてしまうが、それにしても裏表とはいえ音羽屋の仁木弾正が見られるとは思ってなかったので感激。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

四月大歌舞伎・夜の部 [舞台]

歌舞伎座
s-1804歌舞伎座夜.jpg

4月の歌舞伎座は、昼は菊五郎、夜は仁左衛門がそれぞれ悪の二役を演じる。
特に夜は仁左衛門が一世一代と銘打っての通し狂言。

通し狂言
絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)
立場の太平次

左枝大学之助/立場の太平次  仁左衛門
田代屋与兵衛   錦之助
田代屋娘お亀   孝太郎
孫七       坂東亀蔵
太平次女房お道  吉弥
お米       梅丸
番頭伝三     松之助
升法印      由次郎
関口多九郎    権十郎
田代屋後家おりよ  萬次郎
高橋瀬左衛門/高橋弥十郎   彌十郎
佐五右衛門   團蔵
うんざりお松/弥十郎妻皐月  時蔵

にざ様は同じ悪でも、武士で冷酷非道で血も涙もない背筋の凍りそうな悪人の大学と、無頼で同じく極悪人だが剽軽さもある太平次を見事に演じわけ。人を殺すことに快感を覚えていそうな大学と、蚊の命も人の命も同じ重さの太平次と。同じ真っ黒黒でもどこか色合いが違う。大学の方はいかにも暴君で自分の暴虐さを隠そうともせず、女ならずとも近寄りたくない。だが太平次は女房もお松も惚れているように、一見ヘラヘラと愛想よさげで可愛げある様子に見せておきながら、実は残虐。こっちの方が実は怖いんじゃないか。だがその笑顔が恐ろしくも魅力的。そこがさすが仁左衛門。

時蔵のお松が熟れた女の崩れた感じがありながら、嫌らしくならないのがこの人らしく上手い。
孝太郎のお亀も可愛げがあり与平衛大事の一途さがある。二人ともずっとこの役をやっているだけあって、手に入った様子で安定。

にざ様は別として、錦之助がいわば準主役として魅せる。優男のクズをやらせたら右に出る者はいない。錦ちゃんといえばクズ、クズといえば錦ちゃん様。

彌十郎が高橋瀬左衛門と弥十郞の兄弟二役。どうやらこの二役は同じ役者が務める慣例らしいがその必要あるのかな、と言う気も。いや、彌十郎は正義感ある瀬左衛門とその仇を討とうとする弟と誠実に務めていて不足はないが。

しかし、にざ様は確かに格好いいが、出る人出る人後でみんな死んじゃうのね~と思いながら見るのはいささか辛い。特に、亀蔵と梅丸夫婦のただ殺される(または殺させる)ためだけに特に必要もないのに出てきました、感は凄い。てか、盆が回って元に戻ったらまだ太平次の家にいて「アホか、さっさと逃げろや」と(怒)となったなど。

それにしてもにざ様ほとんど出ずっぱりだ。体力的にきついのはわかる。そんなそぶりも見せないけど。これが最後と仰るのも仕方ないか、とは思った。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

柿葺落四月大歌舞伎・夜の部 [舞台]

御園座

一、梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり )
鶴ヶ岡八幡社頭の場
梶原平三  中村 吉右衛門
六郎太夫  中村 歌六
梢     中村 雀右衛門
山口十郎  中村 歌昇
川島八平  中村 種之助
岡崎将監  中村 米吉
森村兵衛  中村 吉之丞
剣菱呑助  嵐 橘三郎
飛脚早助  澤村 宗之助
俣野五郎  中村 又五郎
大庭三郎  市川 左團次

演目が発表になったときは正直「え、また石切梶原」。。。って思った。でも見終わるとやっぱり良いものは何度見ても良いんだなあ。

播磨屋の石切梶原はなんであんなに面白いのかね。泣ける話でもないし、感動的でもない。ただただ吉右衛門梶原の台詞の面白さと愛嬌だけ。でもそれで十分。歌舞伎の、それも義太夫もののエッセンスがギューッと詰まった一幕。冒頭花道での「しからば、ごめ~ん」だけでも痺れる。そしてあの刀の目利きをする時のキラーンと光る目の輝きのまるで少年のような愛おしさ!刀の柄に下げ緒を黙々と巻く手つきの美しさ。試し切りの前に指ならしで指をパキパキする面白さ。なんか、やることなすこと可愛い。さらに今回は今までより、六郎太夫や梢の台詞にうなずいたり微笑んだりと言った表情が細やかになっていたような気がする。

周りは揃って鉄板の布陣。
左團次の大庭が敵役の大名らしいふてぶてしさと貫禄。
又五郎の俣野がいかにも頭の足りなさそうな様子で上手い。
歌六の六郎太夫が滋味深く娘思いの父。反面、源氏に与する気概も見せる。
雀右衛門の梢はいじらしく可愛げたっぷり。
橘三郎の呑助は、ご当地ネタも盛り込んでサービス。

高麗屋襲名公演ではあったが、内容の充実という点ではこれがいちばんの演目だった。

二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
武蔵坊弁慶  幸四郎改め松本 白鸚
富樫左衛門  染五郎改め松本 幸四郎
亀井六郎   大谷 友右衛門
片岡八郎   市川 高麗蔵
駿河次郎   大谷 廣太郎
常陸坊海尊  松本 錦吾
源義経    中村 鴈治郎

1月は幸四郎が弁慶で勧進帳を出した。今回は父の弁慶に息子の富樫。
新白鸚の弁慶は個人的に感心しないので期待もしていなかったが今回も従来通り。
期待したのは幸四郎の富樫だったが、すっきりと行儀は良く姿も美しいが、気迫があまり感じられず型を追うに終わっていてがっかり。1月の叔父に比べるのは気の毒としても、どこを見てたんだ、とは思う。あんな手で押したら開きそうな関所じゃどうしようもない。

鴈治郞の義経というのはあまりニンではなさそうだが、さすがに1月の染五郎に比べると安心して見ていられて、伊達にキャリアを積んでるわけじゃないな、と妙に感心した。

三、夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう)
吉田屋
藤屋伊左衛門   染五郎改め松本 幸四郎
扇屋夕霧     中村 壱太郎
阿波の大尽    中村 寿治郎
吉田屋喜左衛門  中村 歌六
吉田屋女房おきさ 片岡 秀太郎

松嶋屋ではなく、紀伊國屋の藤十郎に習ったという。結構いろいろ違って面白かった。

幸四郎の伊左衛門はアホボンの魅力炸裂。可愛すぎ。あの可愛さは反則。あざといわ~。自分が可愛いこと知ってて、どうやったらなお可愛く見えるか、ってこれでもかと見せつけてくる。あー可愛い。アホやけど可愛い。たまらん。
もうすぐ夕霧が来そうとなって、どうして迎えようかと襖の陰に立ったり柱の横でポーズしたりのいろいろが面白おかしい。ほんと可愛いけどどうしようもなくアホ。あれに身請けされても幸せにはなれんな。勘当解けても藤屋潰れるわ(^_^;)

壱君の夕霧が儚げで、でも華があって綺麗。伊左衛門相手に姉さん女房みたいな感じ。数年前浅草でやったときから格段の進歩。最後の打ち掛けは山城屋着用の藤の柄。

松嶋屋のと違い、喜左衛門夫婦の出番が少ないのは物足りなかった。せっかく歌六さんひでりん出てるのにな。でも最後はひでりんの合図で大阪締め。
いつもの型のでおきさが「若旦那やと思うて声かけたら○○屋さんどしてん。まあまんざら知らん仲でもないし」とか言うところがぐだぐだしてて好き。特にひでりんのが。これがないとつまんないな。

冒頭の吉田屋の店のものに播磨屋のお弟子さん達が出ていたが、普段この演目にかかわることがないので、珍しい気がしてしまった。もしかしたらこれが最初で最後かも?

新しい御園座は座席も広めで、2階からも見やすく、音も悪くない。聞くところではチケットが売れてないとかで営業面は相変わらず上手くなさそうだが(切符代も高いし)、せっかくいい小屋ができたのだからうまく使ってほしいな。
     
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

柿葺落四月大歌舞伎・昼の部 [舞台]

御園座

改築のため閉館していた名古屋の御園座。新装なっての杮落とし公演は高麗屋の襲名披露。

一、寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)
工藤祐経  市川 左團次
曽我五郎  中村 又五郎
曽我十郎  中村 鴈治郎
大磯の虎  中村 壱太郎
化粧坂少将 中村 米吉
梶原平次  中村 吉之丞
梶原平三  中村 寿治郎
八幡三郎  中村 種之助
近江小藤太 中村 歌昇
小林妹舞鶴   市川 高麗蔵
鬼王新左衛門   大谷 友右衛門

新装オープンの幕開きにしてはやや地味な顔触れと思わないでもないが、演目としては華やかで祝祭感もあっていい。
又五郎の五郎は、数年前の自身の襲名の時もこの御園座で演じた役で、似合いの役でもあり、感慨もひとしお。
鴈治郞の十郎というのはちょっと意外な配役だが、上方和事の味はさすがにあっておっとりとした様子。
(とはいえ、福々しい兄弟だな)
左團次の工藤が、ちょっと悪役味があるが貫禄もありまずまず。
壱太郎と米吉が初々しくも綺麗で華を添える。
高麗蔵の舞鶴が堂々として立派。

 二代目松本白 鸚
二、十代目松本幸四郎 襲名披露 口上(こうじょう)

幸四郎改め松本 白鸚
染五郎改め松本 幸四郎
坂田 藤十郎
幹部俳優出演
今回も仕切りは藤十郎。
1月の歌舞伎座での口上よりは人数も少なくアットホームな雰囲気。左團次の口上も内容は1月と同じ。吉右衛門が身内とも親戚とも言わないのも同じ(苦笑)。今月は出演していない染五郎のことを歌六さんが「噂の美少年」といったりしたのが面白かった。

三世河竹新七 作
三、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)
序幕
大詰 吉原仲之町見染の場より
立花屋二階の場まで
佐野次郎左衛門  染五郎改め松本 幸四郎
兵庫屋八ツ橋   中村 雀右衛門
下男治六     中村 又五郎
兵庫屋九重    市川 高麗蔵
兵庫屋七越    澤村 宗之助
兵庫屋初菊    中村 米吉
若い者与助    大谷 廣太郎
絹商人丈助    中村 吉之丞
絹商人丹兵衛   嵐 橘三郎
釣鐘権八     松本 錦吾
繁山栄之丞    中村 歌六
立花屋女房おきつ   片岡 秀太郎
立花屋長兵衛   幸四郎改め松本 白鸚

叔父も父も持ち役にしてる演目だから不思議はないのだが、新幸四郎が佐野次郎をやると聞いたときは正直驚いた。二枚目の幸四郎がねえ。いや、父も二枚目だけど、とてもニンじゃなさそうで。

播磨屋の佐野次郎が分別盛りのいい大人が突然沼にはまった恐さとすれば、幸四郎のは男盛りの未熟な男の純愛が踏みにじられた痛々しさのようなものがあり、「惚れた」と言うより「恋に落ちた」みたいな青い苦さを感じて胸が痛い。ただ、次郎左衛門の容姿から来るコンプレックスなどのほの暗い心の闇はまだ感じられず、そのあたりは今後に期待。最後の殺しの場はキレッキレ。

一方、こちらも初役の雀右衛門八ツ橋も儚げで、縁切りの消え入りそうな姿の哀れさが透き通るようで、苦界に生きる女の悲しみが切々。間夫と上客の間で計算なんてできない優しい気立てが裏目に出た、というような。清新な八ツ橋。
不思議とお父さんより歌右衛門の台詞回しに似て聞こえるところがあった(ヴィデオでしか見たことないからいい加減だけど)。全体に受けるイメージは大成駒とは全然違うんだけどね。

歌六の栄之丞!白塗り二枚目のかっこいい~大人の色気。でも歌六さんだと何となく「身請けされた方がお前のためだよ」とか言ってくれそう(^_^;)

秀太郎の女将が絶品。商売人らしい計算高さがありながらも筋を通す花街の女将の粋さと情のこまやかさ。
又五郎、橘三郎ら回りはチーム播磨屋で鉄板。脇に支えられての幸四郎の佐野次郎初演。これから回を重ねて自分のものにしていくのだろう。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

四国こんぴら歌舞伎大芝居・夜の部 [舞台]

s-1804こんぴら.jpg

金丸座

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
鳥居前
佐藤忠信実は源九郎狐  国生改め中村 橋之助
静御前    中村 児太郎
武蔵坊弁慶  宗生改め中村 福之助
早見藤太   市村 橘太郎
源義経    尾上 松也

鳥居前は松也が気品と貫禄あり、御大将の風情が身についているのが嬉しい。
児太郎の静は楚々としてかつ色気もありぴったり。
橋之助の忠信は力任せなとこもあるけどキッパリとして力強くてなかなか良い。
橘太郎藤太が鉄板のおかしみでさすがに上手い。
福之助の弁慶も一生懸命。

二、鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
絹川村閑居の場
佐々木高綱   橋之助改め中村 芝翫
時姫      中村 魁春
富田六郎    市村 橘太郎
おくる     芝喜松改め中村 梅花
母長門     坂東 秀調
三浦之助義村  中村 梅玉

これが見たくてこんぴらまで来た、と言っていい個人的にメインの演目。時代ものの二枚目のお手本のような梅玉と同じく赤姫の見本の魁春、悪かろうはずもなく義太夫狂言にどっぷり。

期待通り、梅玉は憂いと気品のある貴公子。母への情と、武士として戦に臨む悲壮さがたっぷり。
魁春はこれぞ赤姫。おっとりと品があり、ひたすら三浦之助恋し。一方で藤三郎へのきっぱりとした態度には気位の高さも見せる。やっぱり魁春さんの時代物は良いわ。もっともっとやってほしい。
芝翫はもう少し古怪さが出るとなお良いが大きく見えて立派。
長門が秀調とはちょっと意外な配役だったが手堅い。
橘太郎の富田六郎が軽妙。
梅花のおくるが丁寧。

終盤、高綱が出てくる井戸が、普通の劇場だと舞台下手にしつらえてあるが、この劇場の花道際の空井戸を使っていたのが楽しかった。

それにしても、前の鳥居前と比べて出ている役者の平均年齢が40くらい高いんでは、と言うベテランばかりの舞台。それで若武者と姫の恋模様をやって全く違和感がない歌舞伎って凄いな。

三、石橋(しゃっきょう)
獅子の精  尾上 松也
獅子の精  国生改め中村 橋之助
獅子の精  宗生改め中村 福之助
     
両花道をうまく使い、舞台に白毛の鬘の松也、花道に赤毛の橋福が登場。からみも出て派手で面白い。後半紙吹雪の中で毛振り。盛り上がる盛り上がる!きっと後半にかけてもっと回すんだろうな。
紙吹雪は舞台上よりも客席の上からどんどん降ってきて、最後の方ではドバーッて落ちてきて笑えるくらい、お客さんも雪まみれ。楽しかった~。


  
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇